山道具詳細

参考になった 0
キトラパック 30 モンベル(mont-bell )
お気に入り度
カテゴリー
ザック

記録したユーザー

K-TAN さん
購入年 2018年
購入価格 21,384円
重量 1,310g (グラム)
スペック メーカーページ
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1123961
お気に入りの点
荷室が2つに分けられ、ザックを開かなくても、荷物が出し入れできる。
スキー等も装着が可能
背に袋が付いているので、レインコートや、上着などを脱いでさっと入れて置ける。チャチャパックにしなかったのはこの点が使い勝手かよいと感じたから。
トップリッドはウェストバックにもなるので、山小屋泊時に貴重品をもって、散策できる。
背中が蒸れない構造になっているのもいい。

もうひとつの点
そもそも、日帰り用で一番いいのを探した結果なので、もう一つの点は見当たらない。
しいて言うなら、テント伯には容量が小さい。
使い込んで気が付いた点があればアップします。
モノがたり
日帰り縦走用は現在25Lを使用しているが、年々持ち物が増えて、きつくなってきたので、30Lを検討。いろんなザックを試着してみたが、モンベルのキトラパックが機能的に良かった。
参考になった 0

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんのキトラパック 30についてコメントする

キトラパック 30のほかの人のレビュー

もっと見る

K-TANさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年4月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」のモニターを5名募集します!
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
NEW カリマー「リッジ」の進化をモニターが体感!
カリマー「リッジ」の進化をモニターが体感! 初代「リッジ」の愛用者でもあるba@さんが冬山登山とカメラ装備のハイキングで実際に使ったレポートを掲載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!