山道具詳細

参考になった 0
ライトトレールタイツMen's モンベル(mont-bell )
お気に入り度
カテゴリー
アンダーウェア

記録したユーザー

ミックブルースパワー さん
購入年 2018年
購入価格 3,110円
重量 122g (グラム)
スペック 【素材】ポリエステル93%+ポリウレタン7%
【平均重量】122g
【カラー】ブラック×インディゴ(BK/ID)、ブラウン×オレンジ(BN/OG)
【サイズ】S、M、L、XL
【特長】スパイラル スランテック®カフ/コンシール®ジッパーの前開き付き
お気に入りの点
 まずは何といっても値段が安い。この手のアンダータイツにしては破格でしょう。それに、春から秋の3シーズン用と謳っているが、冬の2000m級の山までなら十分使用に耐えます。「コンシール®ジッパー」の前開きも◎。上に履くパンツとの干渉も無く、ストレスを感じません。モンベル製品の中ではかなり完成度が高いと思います。スキーする際も、ズボンの下にこいつを履くだけで十分です。
もうひとつの点
 デザインがこれ一色ってのがなぁ。スキー滑って温泉に入る際、脱衣所でこのシマシマタイツ見られるのがチト恥ずかしい。
モノがたり
 冬用のアンダータイツを探していたところ、ウェブ・アウトレットにて発見。冬山用ではないがこれで十分。サポートタイツではないが、わたくしの体型では十分に締め付けられますのでこれでおっけい。
参考になった 0

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ミックブルースパワーさんのライトトレールタイツMen'sについてコメントする

ミックブルースパワーさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年1月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?