西丹沢ビジターセンターの山岳情報

西丹沢ビジターセンターの2012年の情報一覧

≫2009年 ≫2010年 ≫2011年 ≫2012年 ≫2013年 ≫2014年 ≫2015年 ≫2016年 ≫2017年 ≫2018年 ≫2019年 ≫2020年

12年12月28日(金) 標高の高いところでは積雪や霧氷の情報があります。ぬかるみや凍結もあり軽アイゼンは必携です。
12年12月21日(金) 檜洞丸山頂の積雪5mm。凍結やぬかるみがあり、軽アイゼン必携。落葉し冬鳥がよく見えます。
12年12月14日(金) 沢水の凍結するところあり。足元には充分注意しましょう。12月は日没が一番早い月です。
12年12月07日(金) 今朝の気温0℃、檜洞丸山頂-7℃。檜洞丸は標高1450mくらいから積雪2cm程度。要アイゼンです。
12年11月30日(金) 滑る落ち葉や木橋、霜柱が融けたぬかるみ、日陰の凍結と足元に注意が必要。軽アイゼンの携行を。
12年11月22日(木) 沢沿いの紅葉も見頃となりました。風雨により登山道に落ち葉が大量に積もっています。転倒、道迷いに注意。
12年11月15日(木) 犬路越で雪が舞ったそうです。檜洞丸方面の紅葉は標高800mあたりが見頃です。軽アイゼンの用意を。
12年11月04日(日) 15時下山の計画で!16時には薄暗くなります。紅葉は山頂から下ってきています。
12年10月25日(木) 日暮れが早くなり、16時には薄暗くなります。15時に下山しましょう。寒くもなって、朝は夜露で足元が滑ります
12年10月11日(木) 秋の花が麓で見られるようになりました。桜の葉が紅葉し始め。10/14は談話室と展示室は使えません。
12年10月04日(木) 台風で沢が増水し渡渉困難や、橋を流失したところもあります。無理な計画は禁物です。
12年09月28日(金) 秋風となり登山者の服装も秋冬物となりました。畦ヶ丸方面でクマ目撃情報あり注意して下さい。
12年09月17日(月) 周辺でトンボを数多く見かけるようになりました。西沢沿いの登山道でホトトギスが開花。雷注意。
12年08月26日(日) 大棚の頭の分岐点から東海自然歩道を菰釣山へ約200m行ったところで道崩れあり通行注意
12年08月17日(金) 紫色のコバギボウシが咲き始めました。紫色の花が増えてくると秋が近いなと感じます
12年08月09日(木) ツクツクボウシが鳴き始めました。今年初鳴きです。
12年07月26日(木) 一週間ほど前からヒグラシが鳴き始めました。登山道は先の大雨で一部で荒廃しましたが、今は安全に歩けます
12年07月18日(水) 7/14未明の豪雨で西丹沢の山々に被害が出ています。沢水は平常に戻りましたが注意が必要です。
12年07月11日(水) 台風の被害補修作業は進んでいます。周辺でホタルブクロが咲き始めました。
12年07月05日(木) 台風の被害補修作業が進んでいますが、しばらくの間は慎重な登山計画を
12年06月27日(水) 台風被害の補修に入っていますが、まだ橋が落ちて徒渉が必要なかところもあり慎重な対応を
12年06月20日(水) 台風4号の影響がいたるところで出ています。慎重な登山計画をお願いします。
12年06月09日(土) 檜洞丸山頂のトウゴクミツバツツジが見頃です。 梅雨入りして、雨が降ると沢沿いの道は増水するので注意
12年05月31日(木) 檜洞丸山頂でも、シロヤシオが咲き始めました。暖かいからか、野鳥たちが元気に飛び回っています
12年05月25日(金) シロヤシオがツツジ新道の標高1450m付近で見頃。西丹沢は、ツツジ系の花が山を彩っています。
12年05月16日(水) シロヤシオの開花情報が入って来ました。西丹沢は間もなくシロヤシオの季節です
12年05月09日(水) 西丹沢自然教室の屋根裏では、テンが元気に駆け回っています。顔はすっかり夏毛になっていました
12年04月30日(月) 連休は混みあい、4/29は駐車場がいっぱいになりました。ツツジ新道の展望園地ではミツバツツジ、ヤマザクラがキレイ
12年04月26日(木) 新緑の緑と桜のピンク色のコントラストが美しい季節。クロツグミやミソサザイなどの野鳥のさえずりが心地良いです
12年04月19日(木) 土曜日に山頂では雪が降りましたが、周辺の登山道上には、もう雪はほとんどなく、あってもアイゼンは必要ありません
12年04月08日(日) 土曜日は午後に雪が降り、檜洞丸山頂付近では2cmの積雪。自然教室周辺では、多くの花が咲き出しています
12年03月30日(金) 近くでタチツボスミレが咲き始めました。つつじ新道で檜洞丸を往復するなら、雪を踏まずに行けるようになりました
12年03月22日(木) 雨と気温上昇で、雪は随分融けました。それでも、吹き溜まりではまだ80cm程度の積雪が残っています
12年03月14日(水) 土曜日にまとまった雪が降り、畦ヶ丸では腰までの深さの積雪でした。今は西丹沢は最も積雪の多い時期です
12年03月01日(木) 昨日の雪は自然教室周辺で20cm、山では新たに40cmの積雪。重い雪なので、ラッセルは覚悟が必要
12年02月22日(水) 春のような陽気の天気が続きました。ただし、登山道は踏み固められて凍結している箇所が残っています
12年02月15日(水) 雪は減りましたが、まだ残っています。檜洞丸山頂で30~40cm、登山道は10cm程度の積雪で凍結しています
12年02月07日(火) この時期にしては、かなりの大雨が降り、雪はだいぶ融けました。その後の寒気で登山道は凍結するでしょう
12年01月29日(日) 無雪期の西丹沢とは比較できないコンディション。踏み跡は付き始めましたが、場所によっては積雪が多く危険な状況
12年01月24日(火) 降雪が続き、西丹沢は多いところでは100cm以上の積雪。吹き溜まりは腰の深さ、稜線では雪庇もできています
12年01月18日(水) 週末から何回か降雪がありましたが量は少なめ。ただし、標高1000m以上の北向き斜面には雪が残っています
12年01月09日(月) 晴天続きで乾燥しています。この時期の楽しみの1つが凍った滝ですが、本棚の滝も凍り始めています
12年01月04日(水) 年末年始は雪は降らずに登山道に積雪はありません。冷え込み厳しく、今朝は大室山に霧氷が着きました

西丹沢ビジターセンターの2012年の写真  ※ クリックすると拡大します

西丹沢ビジターセンター WEB SITE
営業期間 休館日は、月曜日、祝日の翌日、年末年始 、1月から3月の第2木曜日は閉館(土日祝日などは除く)。 開館時間は8時30分から16時30分(12月から3月は16時まで)
連絡先 0465-78-3940
現地連絡先
関連山域 丹沢山 畦ヶ丸山 鍋割山 蛭ヶ岳 檜洞丸 塔ノ岳
≫ 過去の情報を見る ≫ 関連ツアーを探す

西丹沢ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...