このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州の老舗が提案するベーシックなシェルジャケット。ショッフェル「ジャケット パドン M」

Yamakei Online Special Contents
道具・装備 2020年10月26日

advertorial

 

創業200年以上の歴史をもつショッフェル。1804年、ドイツでニット製品の製造からスタートし、現在ではヨーロッパで人気のアウトドアブランドにまで成長した。日本へ上陸したのは2015年。「Ich bin raus.(外に出よう、自然の中へ)」というブランドメッセージに基づき、本格的なアウトドアウェアはもちろんのこと、都市生活の中でリラックスできるウェアを提案している。

ジャケットパドンMは同社のスタイルが反映された一品。表地にはなめらかなゴアテックス素材を採用し、袖部分の裏地にナイロン、背面にメッシュを配置。長時間の活動でも快適に過ごせるつくりになっている。肌あたりが優しい首回りのマイクロフリースや、手の甲が隠れるラウンドカット、雪がつきにくい袖口の面ファスナーなど、配慮が細部まで行き届いている。秋から冬のハイキングやスノーシューハイク、ゲレンデスキーなど、オールラウンドに使える一着だ。

 

Detail

フードには2つのコードがついていて、入り口の大きさと頭回りのフィット感を調整できる。ファスナーとスナップボタンで着脱可能なのもポイント。


脇下のベンチレーションを開放すれば通気性は抜群。ウェア正面のダブルジッパーでも湿気を放出できる。


右胸の内側にセイフティーポケットがある。鍵や小銭入れ、スマホなどの収納に便利。左胸の外側には止水ファスナーのポケットも。

 

ショッフェル

ジャケット パドン M
JACKET PADON M

●価格:39,000円(税別)
●サイズ:M、L、XL
●重量:614g(XLサイズ)
●カラー:3色

オフィシャルサイトで見る

 

■お問合せ先
ショッフェル中目黒店
https://www.sskstores.jp/schoffel/

防寒具 雪山・冬山
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年12月号の特集は「レベル別 本格雪山ベストルート」。
ピッケルとアイゼンを使って登る、本格雪山。そこには一面の銀世界が待っています。初級、中級、上級のレベル別のガイドで、自分の技量に合った山、目標となる雪山を見つけましょう。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら