このエントリーをはてなブックマークに追加

体の動きに追従し疲れにくい新開発の背面システムを搭載!/マムート「トリオン スパイン50」

YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR
道具・装備 2019年05月23日

advertorial

『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年6月号で紹介したのは、マムートから発売の「トリオンスパイン50」。歩行時の肩と腰の動きに追従し快適な背負い心地やエナジーセーブをもたらす独自開発の背面機構を搭載している。その魅力を紹介しよう。

文=佐藤慶典
写真=山田 薫

 

 

マムートから、これまでにない背面システムをもつザック「トリオンスパイン50」がリリースされた(容量は35リットル、75リットルもあり。女性用は35リットルと50リットルの2サイズ)。

背面に搭載されている「アクティブスパインテクノロジー」は、快適な背負い心地やエナジーセーブをもたらす画期的なシステムだ。ショルダーハーネスとヒップベルトがスイングし、歩行時の肩と腰の動きに追従するようになっている。

ハーネスとベルトはグラスファイバーの支柱でつながれており、極端な角度にはスイングしないよう制御されている。これにより、歩行中の肩と腰への荷重分散が最適に保たれ、また、体が左右に振られるのを抑制できる。加えて、一般的なザックに比べ、肩と腰の可動域が広く、ストレスなく腕や脚を動かせるメリットも。テント泊や縦走、クライミングなどでは、疲労軽減や広い可動域をもつこの背面システムが大きなアドバンテージとなる。

外観はシンプルだが、使い勝手はいい。フロントパネルは、逆U字の大きなジッパーを備え、行動時にはサイドアクセスとして、パッキング時にはフルオープンして荷物を出し入れできる。

メイン生地には420D、ボトムには840Dのナイロンを採用。耐久性が高く、長く、安心して使えるのも特長だ。

 

背面長調節は驚くほど簡単! 背面上部にある「PULL」のタブを引っ張りながら、上下にスライドするだけ。調節幅は3段階だ。

 

マムート トリオン スパイン50

価格
42,000円(税別)
サイズ
1サイズのみ(背面長調節3段階)
容量
50リットル
重量
2,200g(男性用)
カラー
オリーブ×ブラック、ブラックの2色

詳細を見る

「トリオンスパイン」には、ほかに35リットル、75リットルのモデルも揃う。
女性用は「トレア スパイン」で、35と50の2モデルがラインナップされている。

 

ザック
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年7月号の特集は「槍ヶ岳と穂高岳」。何度歩いても飽きない、あたらしい発見のあるヤリホの魅力を余すところなく編集しました。

⇒ 山と溪谷7月号はこちら

同じテーマの記事
驚異の柔軟性をもつ異次元のアルパインブーツ/ラ・スポルティバ「トランゴ テック GTX」
『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年6月号で紹介したのは、ラ・スポルティバから発売の「トランゴ テック GTX(Menʼs)」。従来の常識を覆すしなやかさと安定感を併せ持つ、まったく新しいアルパインブーツだ。その魅力を紹介しよう。
advertorial
特許取得の背面機構でブレない自然な歩行をサポート/マムート「トリオンスパイン35」
月刊誌『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年5月号で紹介したのは、マムートから発売の「トリオンスパイン35」。独自開発の背面機構で肩・腰の動きに追随する画期的な機構を備えている。その魅力を紹介する。
advertorial
記事一覧 ≫