このエントリーをはてなブックマークに追加

驚異の柔軟性をもつ異次元のアルパインブーツ/ラ・スポルティバ「トランゴ テック GTX」

YAMAKEI HEADLINE PICK UP GEAR
道具・装備 2019年05月24日

advertorial

『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年6月号で紹介したのは、ラ・スポルティバから発売の「トランゴ テック GTX(Menʼs)」。従来の常識を覆すしなやかさと安定感を併せ持つ、まったく新しいアルパインブーツだ。その魅力を紹介しよう。

文=山と溪谷編集部
写真=中村英史

 

 

これが本当にアルパインブーツなのか、その歩きやすさに衝撃を受けた。アルパインブーツといえば、岩場の小さなステップなど、足元の悪い所にも対処するため、爪先に体重を預けられる硬いソールが常識だ。しかし、「トランゴ テック GTX」は、従来の常識を覆すしなやかさをもっている。

足首の可動域が広いので、足運びがラクで長時間の歩行でも疲れにくい。だからといって、安定感に欠けるということはなく、アルパインブーツに求められる高いグリップ性能と剛性は損なっていない。ホールド感の強いブーツに慣れていない人でも違和感が少なく、軽快に歩きたい登山者にとっても理想的な、まったく新しいアルパインブーツなのだ。

この最先端のブーツは、ドロミテ山麓にあるイタリア工場を中心に、技術提携している各国の鍛錬した靴職人によって一足ずつ仕立てられる。高性能なファブリックと先鋭的なデザインに加えて、優れた技術をもつ職人たちの手作業から生まれる〝究極の履き心地〟が、ラ・スポルティバの特徴だ。1~2泊の稜線歩きや縦走など、歩きやすさと安定感を求める登山で、この新感覚を体感してほしい。

 

タンからミニゲイターまで一体構造の足首まわりが、絶妙なフィット感を生み出す。

 

ラ・スポルティバ トランゴ テック GTX(Menʼs)

価格
39,000円(税別)
サイズ
EU38~48(約24.3~約30.3cm)
重量
595g(EU42、片足実測)
カラー
ブラック×イエロー

詳細を見る

 

登山靴
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年6月号の特集は「エリアとテーマで選ぶ! 私が愛するテント山行 ベストコース30」。

衣食住のすべてを背負って山を歩き、大地に体を休めるテント山行。山の大きさや厳しさ、美しさをダイレクトに感じられるのがその魅力です。
全国の山のエキスパートたちが、それぞれの山域がもつ魅力をテーマとして設定。各テーマに沿って、こよなく愛するテント山行コースを紹介します。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
マグネット式の専用ケーブルで簡単充電!シンプル&利便性を追求した最新モデル/レッドレンザー「MH5」
レッドレンザーから発売の「MH5」は、最大光量400ルーメンの実用性と、付属する専用充電池で繰り返し利用できる手軽さが魅力のヘッドランプだ。USB給電が可能な環境なら、山小屋でも車での移動中でも場所を選ばず充電できる。
さまざまなシューズづくりの技術と経験を駆使して生まれたライトハイクブーツの決定版/ラ・スポルティバ「TX5 GTX」
ラ・スポルティバから発売の「TX5 GTX」は、アプローチシューズとして開発され「歩く」ことに特化したモデルだが、荷物の少ない近郊ハイキングや、行動時間の長い日帰り登山などにも対応するライトハイクブーツだ。
山でも街でもボーダーレス! よりスタイリッシュに、動きやすくなって登場/マムート「トレッカーズ2.0パンツAF Men」
マムートから発売の「トレッカーズ2.0パンツAF Men」は、機能性とデザイン性を兼備した3シーズンパンツだ。里山から岩稜歩き、春から晩秋まで対応し、山から街までボーダーレスに使える。
革新的なライトアルパインブーツのヌバックレザーモデル/ラ・スポルティバ「トランゴ テック レザー GTX」
ラ・スポルティバ「トランゴ テック GTX」に、ヌバックレザーのアッパーを採用した「トランゴ テック レザー GTX」が加わった。足首まわりのホールド感やブーツ全体の剛性をより高め、峻険な岩場での歩行性能を高めたモデルだ。
advertorial
記事一覧 ≫