このエントリーをはてなブックマークに追加

驚異の柔軟性をもつ異次元のアルパインブーツ/ラ・スポルティバ「トランゴ テック GTX」

YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR
道具・装備 2019年05月24日

advertorial

『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年6月号で紹介したのは、ラ・スポルティバから発売の「トランゴ テック GTX(Menʼs)」。従来の常識を覆すしなやかさと安定感を併せ持つ、まったく新しいアルパインブーツだ。その魅力を紹介しよう。

文=山と溪谷編集部
写真=中村英史

 

 

これが本当にアルパインブーツなのか、その歩きやすさに衝撃を受けた。アルパインブーツといえば、岩場の小さなステップなど、足元の悪い所にも対処するため、爪先に体重を預けられる硬いソールが常識だ。しかし、「トランゴ テック GTX」は、従来の常識を覆すしなやかさをもっている。

足首の可動域が広いので、足運びがラクで長時間の歩行でも疲れにくい。だからといって、安定感に欠けるということはなく、アルパインブーツに求められる高いグリップ性能と剛性は損なっていない。ホールド感の強いブーツに慣れていない人でも違和感が少なく、軽快に歩きたい登山者にとっても理想的な、まったく新しいアルパインブーツなのだ。

この最先端のブーツは、ドロミテ山麓にあるイタリア工場を中心に、技術提携している各国の鍛錬した靴職人によって一足ずつ仕立てられる。高性能なファブリックと先鋭的なデザインに加えて、優れた技術をもつ職人たちの手作業から生まれる〝究極の履き心地〟が、ラ・スポルティバの特徴だ。1~2泊の稜線歩きや縦走など、歩きやすさと安定感を求める登山で、この新感覚を体感してほしい。

 

タンからミニゲイターまで一体構造の足首まわりが、絶妙なフィット感を生み出す。

 

ラ・スポルティバ トランゴ テック GTX(Menʼs)

価格
39,000円(税別)
サイズ
EU38~48(約24.3~約30.3cm)
重量
595g(EU42、片足実測)
カラー
ブラック×イエロー

詳細を見る

 

登山靴
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年7月号の特集は「槍ヶ岳と穂高岳」。何度歩いても飽きない、あたらしい発見のあるヤリホの魅力を余すところなく編集しました。

⇒ 山と溪谷7月号はこちら

同じテーマの記事
日本人の足にジャストフィットする軽量堅牢ブーツ/シリオ「P.F.431/P.F.441」
シリオから発売の「P.F.431/P.F.441」。イタリア製高級レザーと高強度ナイロンにゴアテックスを組み合わせ、日本人の足に合いやすい足幅を採用した軽量堅牢ブーツの魅力を紹介。
advertorial
体の動きに追従し疲れにくい新開発の背面システムを搭載!/マムート「トリオン スパイン50」
『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年6月号で紹介したのは、マムートから発売の「トリオンスパイン50」。歩行時の肩と腰の動きに追従し快適な背負い心地やエナジーセーブをもたらす独自開発の背面機構を搭載している。その魅力を紹介しよう。
advertorial
特許取得の背面機構でブレない自然な歩行をサポート/マムート「トリオンスパイン35」
月刊誌『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年5月号で紹介したのは、マムートから発売の「トリオンスパイン35」。独自開発の背面機構で肩・腰の動きに追随する画期的な機構を備えている。その魅力を紹介する。
advertorial
記事一覧 ≫