このエントリーをはてなブックマークに追加

試してみるなら今! 期間限定で キャンペーンを実施/ファイントラック「スキンメッシュ T」

YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR
道具・装備 2019年07月26日

advertorial

『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年8月号で紹介したのは、ファイントラックの原点とも言えるドライレイヤーシリーズの「スキンメッシュ T」。近年、レイヤリングの定番として広く認知されたこの製品の特徴を改めて紹介しよう。

文=山と溪谷編集部
写真=山田 薫

 

 

「遊び手が創り手」をスローガンに、常識に捉われない製品開発に挑み続けるファイントラック。その原点といえる製品が、ドライレイヤーシリーズの「スキンメッシュ」だ。

スキンメッシュとは、雨による濡れや汗を肌面から引き離し、ベースレイヤーへと移行させる薄手のアンダーウェアのこと。メッシュ状の生地全体に施された撥水加工により、雨や汗は肌面に戻ることなく、肌は常にドライに保たれる。

特に大量の汗をかくシーンで、スキンメッシュは真価を発揮する。夏山でも森林限界を越えれば風雨をさえぎるものはなく、濡れた体は瞬時に冷やされ、体温低下を引き起こす。こうした山のリスクを、スキンメッシュなら軽減できる。加えて、汗による衣類のベタつきや臭いを抑える効果もあり、夏には欠かせない。

近年、レイヤリングの定番として認知されてはいるが、自分に合うかわからないと、ためらってきた人もいるだろう。そんな人に向けて、その名も「返品OKキャンペーン」を実施中だ。2019年6月20日~8月20日の期間中、実施店店頭で購入したスキンメッシュにかぎり、効果を実感できなかった場合は、購入後30日以内なら返品を受け付けるというもの。

まだ試したことのない人は、この機会にぜひ手に取ってほしい。

 

キャンペーンの対象アイテムは男女合わせて16種(一人につき最大3点まで返品可。レシート必須)。詳細はウェブサイトを参照

 

ファイントラック スキンメッシュ T

価格
4,200円(税別)
サイズ
S、M、L、XL、XXL(XXLはブラックのみ)
重量
約46g
カラー
ブラック、オリーブドラブ、ペイルグレー

詳細を見る

 

アンダーウェア
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年8月号の特集は「南アルプス」。何度歩いても飽きない、ベテラン好みの南アルプスへ。大山脈の魅力を余すところなく編集しました。

⇒ 山と溪谷8月号はこちら

同じテーマの記事
レースのノウハウを投入! 軽量テクニカルパックが アップデート/マックパック「フィヨルド40」
マックパックから発売の「フィヨルド40」。ファストパッキングに適した軽量で高耐久な軽量パックの魅力を紹介。
advertorial
縦走、岩稜、テント泊、 つまり日本の山に最適な登山靴/ラ・スポルティバ「トランゴタワーGTX」
ラ・スポルティバから発売の「トランゴタワーGTX(Menʼs)」。軽量でグリップ性の高いアウトソールと強靭なアウター素材が特徴で、岩稜歩きや縦走、テント泊などで力を発揮する一足だ。
advertorial
日本人の足にジャストフィットする軽量堅牢ブーツ/シリオ「P.F.431/P.F.441」
シリオから発売の「P.F.431/P.F.441」。イタリア製高級レザーと高強度ナイロンにゴアテックスを組み合わせ、日本人の足に合いやすい足幅を採用した軽量堅牢ブーツの魅力を紹介。
advertorial
驚異の柔軟性をもつ異次元のアルパインブーツ/ラ・スポルティバ「トランゴ テック GTX」
『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年6月号で紹介したのは、ラ・スポルティバから発売の「トランゴ テック GTX(Menʼs)」。従来の常識を覆すしなやかさと安定感を併せ持つ、まったく新しいアルパインブーツだ。その魅力を紹介しよう。
advertorial
記事一覧 ≫