このエントリーをはてなブックマークに追加

冬季登山靴の定番、「ネパール エボ GTX」がより快適にアップデート/ラ・スポルティバ

YAMAKEI HEADLINE PICK UP GEAR
道具・装備 2019年12月23日

advertorial

『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI HEADLINE PICK UP GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2020年1月号で紹介したのは、ラ・スポルティバから発売の「ネパール エボ GTX」。冬季登山に挑む多くのユーザーを支えてきた名作中の名作といえる一足が、細かなアップデートにより完成度をさらに高めたという。その詳細に迫ってみよう。

文=編集部
製品写真=中村英史
工場写真=スポルティバジャパン

 

 

発売以来、冬季登山に挑む多くのユーザーを支えてきた「ネパール エボ GTX」がリニューアルを遂げた。冬季登山靴に求められる堅牢さと保温性、そして履き心地を左右するフィット感を高い次元で実現したネパール エボ GTXは、オーソドックスにして名作中の名作といえる一足だ。

なぜ、スポルティバの登山靴はフィット感に優れているのか。その秘訣は1928年の創業以来変わらぬ製造工程にある。スポルティバの登山靴やクライミングシューズは、北イタリアのドロミテ山麓にある工場を中心に、熟練した職人によって縫製・成形される。その日の気温や湿度といった細かなコンディションを考慮した職人の手作業によって、究極のフィット感が生み出されるのだ。

厳冬期対応とはいえ、片足で約1000ɡという重量は決して軽くはない。しかし、足になじむようなフィット感は、快適な歩行を実現し、重さを感じさせない。

加えて、機能面でも妥協しない。足首を支えつつ可動域を妨げない工夫や、保温力を高めるミニゲイターの搭載など、細かなアップデートによって完成度はさらに高まった。ユーザーからの熱い支持を集める所以は履けばわかるだろう。

 

最高水準の職人が集まるドロミテの工場

 

ラ・スポルティバ ネパール エボ GTX

 

価格
68,500円(税別)
カラー
イエロー
サイズ
EU38~48(24.3~30.9cm)
重量
1040g(EU42、片足)

詳細を見る

 

登山靴
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年10月号の特集は「テーマで歩く秋の山旅」。

夏が過ぎ、雪が降る前、山は彩りに包まれます。
「自然」、「歴史」、「温泉」、「文学」という4つのテーマで、秋山の魅力をお伝えします。
第2特集では、そんな秋の山で探してみたい山の自然<草木><キノコ><コケ>をピックアップ。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
アクティブインサレーションの決定版「ドライ、だから温かい」を体感せよ/ファイントラック「ポリゴンアクト フーディ」
ファイントラックから発売された「ポリゴンアクト フーディ」は、厳冬期に対応する暖かさを保ちつつ、新開発の裏地により汗処理にもこだわっているという。その魅力を紹介しよう。
advertorial
Made in ItalyのバルトロGTに軽量で歩きやすいLITEタイプが誕生/ザンバラン「バルトロ ライトGT」
ザンバランから発売の「バルトロ ライトGT」は、人気のアルパインブーツ「バルトロGT」をベースにしたライトトレッキングブーツだ。日帰りから小屋泊登山、ライトウェイトな装備を背負った縦走など、軽快な歩行をサポートする。
advertorial
マグネット式の専用ケーブルで簡単充電!シンプル&利便性を追求した最新モデル/レッドレンザー「MH5」
レッドレンザーから発売の「MH5」は、最大光量400ルーメンの実用性と、付属する専用充電池で繰り返し利用できる手軽さが魅力のヘッドランプだ。USB給電が可能な環境なら、山小屋でも車での移動中でも場所を選ばず充電できる。
advertorial
さまざまなシューズづくりの技術と経験を駆使して生まれたライトハイクブーツの決定版/ラ・スポルティバ「TX5 GTX」
ラ・スポルティバから発売の「TX5 GTX」は、アプローチシューズとして開発され「歩く」ことに特化したモデルだが、荷物の少ない近郊ハイキングや、行動時間の長い日帰り登山などにも対応するライトハイクブーツだ。
advertorial
記事一覧 ≫