シダンゴ山しだんごやま

シダンゴ山

シダンゴ山は丹沢山塊の南部に位置する山で、震旦郷山と書かれることもある。珍しい山名は、古く飛鳥時代に「シダゴン」と呼ばれる仙人が仏教をこの地に伝えるために住んでいたとされる。このシダゴンが転じて、「シダンゴ」と呼ばれるようになったという由来がある。
山里・寄には、レクリエーションエリアの寄自然休養村があり、夏には多くの家族連れが訪れ、シダンゴ山にもたくさんの人が登る。山頂からの展望はすばらしく鍋割山から伊勢沢ノ頭の稜線が目の前に広がり、南には湘南から真鶴半島までの海岸線が見える。

DATA

都道府県: 神奈川県
標高: 758m
2万5千図: 秦野、山北

※ シダンゴ山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

シダンゴ山に行くモデルコース

  • 里山を歩き、森林浴を楽しむ
    体力度: 危険度: 2時間45分 日帰り
    寄バス停・・・イノシシ防護柵・・・シダンゴ山・・・分岐点・・・宮地山・・・寄バス停
  • シダンゴ山 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 2時間50分 日帰り
    寄(08:00)・・・シダンゴ山(09:20)・・・宮地山(10:15)・・・寄(10:50)

シダンゴ山周辺の最新情報

登山口情報

  •  
  • やどりき大橋 

  • 【寄】
    檜岳、櫟山、鍋割山、シダンゴ山への登山口。バス便は数があり、登山の利用にも便利。車の場合は駐車スペースが少ないので、シーズンの休日などは早めに着くようにしたい。
    バス停近くにトイレ、登山届ポストあり。

  • 【やどりき大橋】
    マイカーであれば寄(やどりき)から、さらに奥まで進めるが、やどりき大橋付近の駐車スペースは少ない。
    トイレと登山ポストがある。

周辺にある山小屋

  • 大倉高原山の家 
  • 見晴茶屋 
  • 山小屋水無寮 
  • 大倉山の家 
  • 滝沢園 
  • どんぐり山荘 
  • 鍋割山荘 
  • 駒止茶屋 
  • 堀山の家 
  • ユーシンロッジ 
  • 作冶小屋 
  • 戸沢山荘 
  • 花立山荘 
  • 尊仏山荘・尊仏小屋 
  • 木ノ又小屋 
  • 烏尾山荘 
  • 新大日茶屋 

  • 【大倉高原山の家】
    営業小屋 その他
    場所: 大倉バス停から45分、大倉尾根
    電話: 0463-82-5111
    営業期間:

  • 【見晴茶屋】
    営業小屋
    場所: 大倉尾根雑事場
    電話: 0463-88-1375
    営業期間: 通年 原則として金曜夜~日曜営業

  • 【山小屋水無寮】
    その他
    場所: 大倉下車、徒歩15分
    電話: 0463-88-5115
    営業期間: 通年

  • 【大倉山の家】
    民宿
    場所: 大倉下車
    電話: 0463-88-2289
    FAX: 0463-88-4206
    営業期間: 通年

  • 【滝沢園】
    民宿
    場所: 大倉下車、徒歩7分(風のつり橋経由11分)
    電話: 0463-75-0900
    FAX: 0463-75-3663
    営業期間: 通年

  • 【どんぐり山荘】
    民宿
    場所: 大倉下車、徒歩1分
    電話: 0463-87-4706
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【鍋割山荘】
    営業小屋
    場所: 鍋割山山頂
    電話: 0463-87-3298
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【駒止茶屋】
    営業小屋
    場所: 大倉尾根
    電話: 0463-88-3186
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年週末、12/28~1/3

  • 【堀山の家】
    営業小屋
    場所: 大倉尾根小草平
    電話: 090-7710-0770(頼兼一徳)
    営業期間: 通年 土・日曜、年末年始営業(要確認)

  • 【ユーシンロッジ】
    営業小屋
    場所: 新松田駅からバス50分、玄倉下車、徒歩2時間50分、玄倉川・ユーシン沢出合
    電話: 045-210-5765
    営業期間:

  • 【作冶小屋】
    営業小屋
    場所: 水無川戸沢出合
    電話: 090-9392-6074
    FAX: 046-387-0057
    営業期間: 不定期

  • 【戸沢山荘】
    営業小屋
    場所: 水無川戸沢出合
    電話: 090-2654-0818
    営業期間: 予約がある日のみ営業

  • 【花立山荘】
    営業小屋
    場所: 大倉尾根花立南直下
    電話: 0463-82-6192
    営業期間: 通年 土・日・祝日営業

  • 【尊仏山荘・尊仏小屋】
    営業小屋
    場所: 塔ノ岳山頂
    電話: 090-2569-6013(7~19時) 070-2796-5270
    FAX: 0463-88-2673
    営業期間: 通年

  • 【木ノ又小屋】
    営業小屋
    場所: 塔ノ岳からヤビツ峠方面へ約15分、新大日との中間点
    電話: 090-3597-2016
    営業期間: 通年 土・日・祝日営業(休業の場合あり)

  • 【烏尾山荘】
    営業小屋
    場所: 烏尾山山頂
    電話: 090-7909-3165
    営業期間: 4/1~1/1の土・日・祝日

  • 【新大日茶屋】
    営業小屋
    場所: 新大日山頂
    電話: 0463-88-3171
    営業期間: 通年の休日、休前日(要連絡)

シダンゴ山に関連する登山記録

もっと見る

シダンゴ山の近くの山

シダンゴ山に関連する登山ツアー

20年01月14日(火) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山を上手に歩き隊>『登山初級A 疲れにくい山での歩行技術 宮地山~シダンゴ山』【現地集合】
20年01月19日(日) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山を上手に歩き隊>『登山初級A 疲れにくい山での歩行技術 宮地山~シダンゴ山』【現地集合】
20年02月17日(月) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級A 相模湾の展望 シダンゴ山 日帰り』

関連するツアーを探す

シダンゴ山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!