焼石岳やけいしだけ

二百名山 花の百名山 東北百名山

焼石岳

写真:遊佐悟  東焼石岳方面からの焼石岳
 奥州市の西に位置し、山名は薬師岳から転化したという説と、主峰を西側から見たときの、黒い岩の積み重なった様子からともいわれる。
 花の山で、登山道の標高1300mから上部に姥石平を中心として広い高原状の地域がある。ここは遅くまで雪が残り、一部は湿地になっている。風も強いので樹木の侵入が少なく灌木の混じった草原だ。
 春の雪解けとともに可憐なヒナザクラをはじめエゾウサギギクなど色とりどりの花が咲く。北海道と南・北アルプスに分布するキバナシャクナゲは、岩木山に続きこの山でも発見された。クロユリも同じような分布をしていてこの山でも見つかった。本州ではこの山にしかない北方系の植物も分布するなど、植物地理学的にも重要な山である。
 姥石平の先に円頂丘状の頂上があり、一等三角点が設置されていて、この山域の天竺山、経塚山、横岳、獅子ヶ岳などの火山群が眺められる。さらに姥石平とは違ってイワテハタザオ、タカネナデシコなどの乾性の高山植物が多い。
 登山口近くへ行くバスはないので、水沢駅からタクシーを利用する。中沼コース、ツブ沼コースとも登山口から頂上まで3時間ほどである。途中の銀明水には避難小屋がある。
 2011年10月31日、東日本大震災による地殻変動で、これまでの標高から1m低くなったことが国土地理院から発表され、現在は1547mの山となっている。

DATA

山域: 焼石連峰
都道府県: 岩手県
標高: 1,547m
2万5千図: 焼石岳・石淵ダム

※ 焼石岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

焼石岳に行くモデルコース

  • 東成瀬口から焼石岳へ 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 5時間35分 日帰り
    東成瀬三合目登山口(08:00)・・・すずこやの森分岐点(08:15)・・・五合目釈迦ざんげ(08:...
  • 東成瀬口から焼石岳へ 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 5時間35分 日帰り
    東成瀬三合目登山口(08:00)・・・すずこやの森分岐点(08:15)・・・五合目釈迦ざんげ(08:...
  • ブナ林の湖沼、湿原や草原のお花畑を目指す
    体力度: ★★ 危険度: 5時間45分 日帰り
    中沼登山口・・・中沼・・・つぶ沼コース合流点・・・銀明水・・・姥石平分岐・・・焼石岳・・・姥石平分岐...
  • 焼石岳(中沼コース・つぶ沼コース) 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 7時間 1泊2日
    【1日目】中沼登山口(08:00)・・・中沼(08:40)・・・分岐(09:20)・・・銀明水避難小...
  • 牧歌的な天上の花園を訪れる
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 7時間5分 日帰り
    登山口・・・分岐点・・・釈迦懺悔・・・与治兵衛・・・柳瀞・・・焼石沼・・・焼石神社(分岐点)・・・焼...
  • 焼石岳から夏油温泉へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 10時間35分 1泊2日
    【1日目】中沼登山口(08:00)・・・中沼(08:40)・・・分岐(09:20)・・・銀明水避難小...

登山口情報

  • 中沼登山口 
  • つぶ沼登山口 
  • 東成瀬口三合目登山口 
  • 夏油温泉 

  • 【中沼登山口】
    焼石岳の登山口。駐車場やトイレのある中沼登山口から、大きな標識に導かれて木道の登山道に入る。カラマツの植林地から緩急の登りを繰り返し、周囲がブナ林に変わると中沼だ。
    アクセスはバス路線はないので、マイカーかタクシーを利用。

  • 【つぶ沼登山口】
    焼石岳を南側から登る際に利用する登山口。つぶ沼キャンプ場がある。アクセスはマイカーかタクシーとなる。

  • 【東成瀬口三合目登山口】
    秋田県側から登る焼石岳登山口。駐車場と簡易トイレがある。登山口から、ひと登りで県境尾根に出て、2007年に整備されたすずこやの森コースへ。
    アクセスにはマイカーかタクシーを利用する。

  • 【夏油温泉】
    焼石岳を経塚山経由で登る登山口。JR北上駅からの路線バスは廃止され、車もしくはタクシーでのアクセスとなる。

周辺にある山小屋

  • 銀明水避難小屋 
  • 金明水避難小屋 

  • 【銀明水避難小屋】
    無人小屋
    場所: 焼石岳南東2km
    電話: 0197-46-2111
    FAX: 0197-46-4455
    営業期間: 通年(無人)

  • 【金明水避難小屋】
    無人小屋
    場所: 焼石岳東北東4km
    電話: 0197-46-2111
    FAX: 0197-46-4455
    営業期間: 通年(無人)

焼石岳に関連する登山記録

もっと見る

焼石岳の近くの山

東北方面に行く登山ツアー

20年01月18日(土) 現地発 ・2日間 アドベンチャーガイズ
★BCステップアップ集中キャンプ★東北・夏油高原集中キャンプ
20年01月18日(土) 現地発 ・2日間 アルパインツアーサービス株式会社
雪山講習会(STEP1) 銀世界の南東北の名山 安達太良山
20年01月25日(土) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
モンスター樹氷の八甲田山&奥入瀬渓流スノーシュー氷瀑めぐりと冬の風物詩 ストーブ列車
20年01月25日(土) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
モンスター樹氷の八甲田山&奥入瀬渓流スノシュー氷瀑めぐりと冬の風物詩 ストーブ列車
20年01月25日(土) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
モンスター樹氷の八甲田山&奥入瀬渓流スノーシュー氷瀑めぐりと冬の風物詩 ストーブ列車
20年01月25日(土) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
雪の安達太良山 ランプと温泉のくろがね小屋泊
20年01月27日(月) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級B 少人数ツアー 焼津の縦走コース 満観峰から丸子富士 日帰り』【東京出発】 ※7名限定
20年01月28日(火) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級B 少人数ツアー 焼津の縦走コース 満観峰から丸子富士 日帰り』【東京出発】 ※7名限定

この地域に行く登山ツアー

焼石岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?