北股岳きたまただけ

花の百名山 東北百名山

北股岳

写真:岩澤正平  梅花皮岳中腹からの北股岳
 飯豊連峰主稜の中央部に位置しており、西面、新潟県の加治川を遡る赤谷道と、東面、山形県の長者原から石転ビ沢の大雪渓をつめるコースが交わった頂点で、明治時代の地図には三国岳と書かれ、地元では桧山や植物名のフスマ岳ともいわれたが、胎内マタギが呼称した「加治川の北股」にちなんで、昭和の初めに北股岳と命名されたいきさつがある。
 東に連なる梅花皮岳(かいらぎだけ)との鞍部を十文字鞍部と呼び、梅花皮小屋があって、連峰縦走のキーポイントとなっており、付近でクロユリが発見された。
 昔は赤谷口が越後側唯一の飯豊山登拝道で、露天風呂の湯ノ平温泉を経て、飯豊川の渓谷に沿った峻険な道をたどったが、現在は「オオインの逆峰」と呼ばれた中峰尾根に道が開かれ、北股岳の肩に達する。
 国立公園指定後には、連峰北端の杁差岳に至る縦走路や、足ノ松尾根道、丸森尾根道が伐開され、門内岳や杁差岳に山小屋が建設されて、無雪期は登山者で賑わっている。
 登山コースは、山形県側からは長者原から飯豊山荘、石転ビ雪渓経由6時間弱、新潟県側は東赤谷から湯ノ平温泉経由11時間強で山頂へ。飯豊山頂からは4時間で北股岳山頂へ。

DATA

山域: 飯豊連峰
都道府県: 新潟県 山形県
標高: 2,025m
2万5千図: 飯豊山

※ 北股岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

北股岳に行くモデルコース

北股岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 川入登山口 / 御沢登山口 
  • 飯豊山荘 / 天狗平 
  • 奥胎内登山口 / 足ノ松登山口 
  • 大日杉登山口 
  • 小白布沢登山口 
  • 弥平四郎登山口 
  • 弥生登山口 / 鏡山登山口 
  • 実川登山口 
  • 大石ダム登山口 
  • 加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口 

  • 【川入登山口 / 御沢登山口】
    飯豊連峰の福島県側、長尾尾根、三国岳経由で飯豊山へ行く登山道の登山口。マイカー・タクシーの場合は御沢野営場まで入れる。
    トイレがあり、登山届記載所が併設されている。

  • 【飯豊山荘 / 天狗平】
    飯豊連峰の山形県側、梶川尾根、丸森尾根、ダイクラ尾根、石転び沢コースの登山口。
    飯豊山荘を出発すると駐車場の南端、湯沢橋(ダム)手前に登山者カード記入所があるので記入して入山する。

  • 【奥胎内登山口 / 足ノ松登山口】
    飯豊連峰の新潟県側、足ノ松尾根コースの登山口。奥胎内登山口から足ノ松登山口間の林道は、6~10月の間は乗合タクシーが運行されるので、利用したい。
    足ノ松尾根コース途中の水場は当てにせず、奥胎内ヒュッテで利用したほうがよい。

  • 【大日杉登山口】
    飯豊連峰の大日杉コースの登山口。大日杉登山口からの道は米沢道ともよばれ、登山道はしっかりしており、昔から歩かれているコース。登山口にある大日杉小屋は3階建ての立派な山小屋だ。

  • 【小白布沢登山口】
    飯豊山の小白布コースの登山口。川入登山口より1時間ほど早く飯豊本山に行ける最短ルート。
    車のみのアクセスで、小白布沢林道の終点に数台の駐車スペースがあるが、飯豊檜枝岐線からの分岐から先は現在、一般車は入場できない。小白布作業道は緊急避難道のため登山不可となっている(2019年)。

  • 【弥平四郎登山口】
    飯豊山の弥平四郎コースからの登山口。マイカー利用の場合は祓川山荘手前までアクセスできる。

  • 【弥生登山口 / 鏡山登山口】
    弥生集落、鏡山登山口から、鏡山経由飯豊連峰(久良谷沢コース)の登山口。マイカーのみのアクセスとなる。

  • 【実川登山口】
    飯豊連峰、実川コース(オンベ松尾根コース)の登山口で、大日岳へダイレクトに登れる。長い林道歩きが強いられる。上級向けのコース。

  • 【大石ダム登山口】
    杁差岳経由、飯豊連峰への登山口。西俣コース(大熊尾根)、東俣コース(権内尾根)のどちらも長い行程を強いられる、上級向けコース。東俣コースの場合は、東俣彫刻公園付近林道ゲート(東俣登山口ゲート)まで進める。

  • 【加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口】
    赤谷林道、湯ノ平山荘経由で、おおいんお尾根で北股岳へと登る、湯の平登山道・赤谷林道の登山口。長い林道歩きが続く、体力的に厳しい登山道。近年は林道や登山道の崩れで通行止めが続いてる。
    ※2015年8月現在、登山道通行止め。

周辺にある山小屋

  • 梅花皮小屋 
  • 門内小屋 
  • 頼母木小屋 
  • 御西避難小屋 
  • 天狗平ロッジ 
  • 飯豊山荘(旅館) 
  • 湯の平山荘 

  • 【梅花皮小屋】
    無人小屋
    場所: 北股岳東十文字鞍部
    電話: 090-5846-1858
    FAX: 0238-62-5411
    営業期間: 7/中~8/31の毎日と6・9~10月連休までの週末、管理人在駐

  • 【門内小屋】
    無人小屋
    場所: 門内岳山頂北20m
    電話: 0254-43-6111
    FAX: 0254-43-7392
    営業期間: 7/上~8/下、4/上~10/上の土休日は管理人在駐

  • 【頼母木小屋】
    無人小屋
    場所: 頼母木山頂北西500m
    電話: 0254-43-6111
    FAX: 0254-43-7392
    営業期間: 7/上~8/下、4/上~10/上の土休日は管理人在駐

  • 【御西避難小屋】
    無人小屋
    場所: 御西岳三差路
    電話: 0254-92-3330(8時30分~18時30分)
    FAX: 0254-92-0081
    営業期間: 通年 7~8月、管理人在駐

  • 【天狗平ロッジ】
    無人小屋
    場所: 小国駅からバス1時間30分、飯豊山荘前下車(7~8月 左記期間外は梅花皮荘前下車、徒歩1時間)
    電話: 090-5846-1858
    FAX: 0238-62-5411
    営業期間: 6~10月(要確認) 7/1~8/31は管理人在駐

  • 【飯豊山荘(旅館)】
    旅館
    場所: 小国駅からバス1時間、飯豊山荘前下車(7~8月、左記期間外は梅花皮荘前下車、徒歩1時間)
    電話: 090-5234-5002
    営業期間: 6/1~11/4 残雪の状況で5月から営業もあり

  • 【湯の平山荘】
    無人小屋
    場所: 加治川ダムから徒歩約1時間40分
    電話: 0254-28-9960
    FAX: 0254-26-8585
    営業期間: 7/上~10/下、管理人在駐

北股岳に関連する登山記録

もっと見る

北股岳の近くの山

北股岳に関連する登山ツアー

北股岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月3日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。