大日岳だいにちだけ

花の百名山

大日岳

写真:岩澤正平  右から大日岳、牛首山、櫛ガ峰。飯豊本山より
 飯豊連峰の最高峰で、盛夏でも残雪をきらめかせてそびえる巨体は、登山者を魅了する。飯豊山神社の古文書に「大日岳祭神大己貴命、本地大日如来」とある。
 福島県の川入や弥平四郎から三国岳に登り、切合小屋から本山小屋1泊でダイグラ尾根を下ったり、北股岳まで縦走して石転ビ沢の雪渓を温身(ぬくみ)平へ下山するコースが好まれるが、御西岳からの大日岳登頂は、行動計画から除くことができない。
 頂上直下には、断層地形の草原に清冽な水をたたえた文平ノ池がある。水面に大日岳を投影し、お花畑に囲まれたすばらしい静寂境である。山頂からは、飯豊連峰主脈の雄大な景色を眺めることができる。
 磐越西線の日出谷駅から実川渓谷を遡り、御幣松尾根、牛首山とたどる大日岳直登の道は、国立公園指定後の伐開で、前川の湯ノ島小屋か月心清水で泊まり、ゆったりとしたペースで高嶺の花々をめで、越後の山々を指呼できる静寂なコースである。日出谷から8時間強で大日岳山頂へ。
 また、縦走路の御西岳からは2時間ほどで大日岳山頂を往復できる。

DATA

山域: 飯豊連峰
都道府県: 新潟県
標高: 2,128m
2万5千図: 大日岳

※ 大日岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

大日岳に行くモデルコース

  • 飯豊本山(小白布コース) 2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 19時間20分 2泊3日
    【1日目】林道終点登山口・・・君命水・・・横峰・・・峰秀水・・・三国小屋・・・切合小屋【2日目】切合...
  • 飯豊連峰(石転び沢雪渓・北股岳・飯豊本山) 2泊3日
    体力度: ★★★★★ 危険度: ★★★★★ 20時間50分 2泊3日
    【1日目】)飯豊山荘・・・梅花皮沢出合・・・石転び沢出合・・・梅花皮小屋・・・北股岳・・・梅花皮小屋...
  • 飯豊本山(弥平四郎コース) 2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 21時間10分 2泊3日
    【1日目】弥平四郎登山口・・・登山口・・・祓川山荘・・・松平峠・・・疣岩山・・・三国小屋・・・切合小...
  • 飯豊連峰(梶川尾根) 2泊3日
    体力度: ★★★★★ 危険度: ★★★★★ 21時間10分 2泊3日
    【1日目】飯豊山荘・・・湯沢峰・・・梶川峰・・・扇ノ地紙・・・門内岳・・・北股岳・・・梅花皮小屋【2...
  • 飯豊連峰(飯豊本山・大日岳) 2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 21時間20分 2泊3日
    【1日目】川入・・・御沢登山口・・・横峰・・・峰秀水・・・三国小屋・・・切合小屋【2日目】切合小屋・...
  • 飯豊本山(実川コース) 2泊3日
    体力度: ★★★★★ 危険度: ★★★ 21時間20分 2泊3日
    【1日目】実川ゲート・・・湯ノ島小屋【2日目】湯ノ島小屋・・・月心清水・・・稜線・・・大日岳・・・文...

大日岳周辺の最新情報

  • 飯豊山・天狗平ロッジ~飯豊山
    飯豊山・天狗平ロッジ
    石転び沢は非常に落石が多い年で、雪渓上には無数の大小の石があります。雨が降っている中で登るのは相当危険
    19年06月14日(金)

登山口情報

  • 川入登山口 / 御沢登山口 
  • 飯豊山荘 / 天狗平 
  • 奥胎内登山口 / 足ノ松登山口 
  • 大日杉登山口 
  • 小白布沢登山口 
  • 弥平四郎登山口 
  • 弥生登山口 / 鏡山登山口 
  • 実川登山口 
  • 加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口 

  • 【川入登山口 / 御沢登山口】
    飯豊連峰の福島県側、長尾尾根、三国岳経由で飯豊山へ行く登山道の登山口。バスの場合は川入バス停から、御沢キャンプ場に向かい登山道に入る。マイカーの場合は御沢野営場まで入れる。
    トイレがあり、登山届記載所が併設されている。

  • 【飯豊山荘 / 天狗平】
    飯豊連峰の山形県側、梶川尾根、丸森尾根、ダイクラ尾根、石転び沢コースの登山口。
    飯豊山荘を出発すると駐車場の南端、湯沢橋(ダム)手前に登山者カード記入所があるので記入して入山する。

  • 【奥胎内登山口 / 足ノ松登山口】
    飯豊連峰の新潟県側、足ノ松尾根コースの登山口。奥胎内登山口から足ノ松登山口間の林道は、6~10月の間は乗合タクシーが運行されるので、利用したい。
    足ノ松尾根コース途中の水場は当てにせず、奥胎内ヒュッテで利用したほうがよい。

  • 【大日杉登山口】
    飯豊連峰の大日杉コースの登山口。大日杉登山口からの道は米沢道ともよばれ、登山道はしっかりしており、昔から歩かれているコース。登山口にある大日杉小屋は3階建ての立派な山小屋だ。

  • 【小白布沢登山口】
    飯豊山の小白布コースの登山口。川入登山口より1時間ほど早く飯豊本山に行ける最短ルート。
    車のみのアクセスで、小白布沢林道の終点に数台の駐車スペースがあるが、飯豊檜枝岐線からの分岐から先は現在、一般車は入場できない。川入の民宿に宿泊すれば送迎が可能の場合がある。

  • 【弥平四郎登山口】
    飯豊山の弥平四郎コースからの登山口。祓川山荘方面へマイカーで行く場合は、弥平四郎から先は林道ゲートが閉まっている場合があるが、登山者の場合は弥平四郎で民家にお願いすると開けてくれる。

  • 【弥生登山口 / 鏡山登山口】
    弥生集落、鏡山登山口から、鏡山経由飯豊連峰(久良谷沢コース)の登山口。マイカーのみのアクセスとなる。

  • 【実川登山口】
    飯豊連峰、実川コース(オンベ松尾根コース)の登山口で、大日岳へダイレクトに登れる。長い林道歩きが強いられる。上級向けのコース。

  • 【加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口】
    赤谷林道、湯ノ平山荘経由で、おおいんお尾根で北股岳へと登る、湯の平登山道・赤谷林道の登山口。長い林道歩きが続く、体力的に厳しい登山道。近年は林道や登山道の崩れで通行止めが続いてる。
    ※2015年8月現在、登山道通行止め。

周辺にある山小屋

  • 御西避難小屋 
  • 梅花皮小屋 
  • 湯ノ島避難小屋 
  • 飯豊山避難小屋 

  • 【御西避難小屋】
    無人小屋
    場所: 御西岳三差路
    電話: 0254-92-3330
    FAX: 0254-92-0081
    営業期間: 通年 7~8月、管理人在駐

  • 【梅花皮小屋】
    無人小屋
    場所: 北股岳東十文字鞍部
    電話: 090-5846-1858
    FAX: 0238-62-5411
    営業期間: 7/中~8/31の毎日と6・9~10月連休までの週末、管理人在駐

  • 【湯ノ島避難小屋】
    無人小屋
    場所: 実川集落から実川上流へ徒歩約2時間
    電話: 0254-92-3330
    FAX: 0254-92-0081
    営業期間: 通年(無人)

  • 【飯豊山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 飯豊山東方約0.6km、飯豊山神社近く
    電話: 0241-38-3831
    FAX: 0241-38-3899
    営業期間: 通年 7~8月と9~10/上の金・土・日・祝日、管理人在駐

大日岳に関連する登山記録

もっと見る

大日岳の近くの山

大日岳に関連する登山ツアー

19年07月14日(日) 関東 ・4日間 毎日新聞旅行
飯豊連峰 飯豊本山と大日岳 ゆとりを持った行程で連峰最高峰へ挑む
19年07月26日(金) 関東 ・4日間 クラブツーリズム・あるく
<登山上級(!)>『イイデリンドウ咲く飯豊山・大日岳 ~往復新幹線利用&下山後温泉入浴付き~ 4日間』【東京・上野・大宮出発】
19年08月04日(日) 関東 ・5日間 トラベルギャラリー
飯豊連峰縦走
19年08月04日(日) 近畿 ・5日間 トラベルギャラリー
飯豊連峰縦走
19年08月04日(日) 九州・沖縄 ・5日間 トラベルギャラリー
飯豊連峰縦走

関連するツアーを探す

大日岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...