日光白根山にっこうしらねさん

百名山 花の百名山

日光白根山

 栃木県と群馬県との県境にそびえる、日光火山群に属する溶岩円頂丘(石英安山岩)である。
 日光火山群のなかで唯一噴火の記録のある火山で、最後の活動は1889年といわれているが、現在は活動を停止している。
 西側にある菅(すげ)沼、丸(まる)沼は白根火山の溶岩流によって堰止められたものである。
 全国各地に白根山という名の山があるが、それぞれの地方の名前を冠して呼ばれている。
 この山も日光白根山、奥白根山などと呼ばれ、座禅山(ざぜんやま)、五色山、前白根(まえしらね)山などの2300mを超す山々に取り囲まれ、その内側にはコバルトブルーの水をたたえる五色沼、弥陀ガ池などの美しい湖沼や凹地があり、高山植物の宝庫でもある。
 夏から秋のシーズンはいつ訪ねてもたくさんの花に会える山の1つである。シラネの名を持つ植物も多く、特に有名なシラネアオイは、古くは江戸時代の天保年間に発行された『日光山志』の中にも記され、弥陀ガ池周辺の群落は実に見事だったが、シカの食害などにより激減し、昔の面影はない。
 白根山は山麓から見えにくいことなども手伝って、男体山や女峰山をはじめとする表日光連山の山々に比べると、かなりなじみの薄い山である。
 しかし、周辺の高山から望むとき、関東以北の最高峰として、日光連山の盟主にふさわしい威厳と重厚さを兼ね備えた山容を誇る。白根山頂はさながら周りを絶壁や空堀で守られた古代の城塞を思わせる。二等三角点のある山頂からの展望はさえぎるものがなく、男体山をはじめ日光の山々、尾瀬、会津、上越の山々、皇海(すかい)山、遠く富士山など360度の大パノラマである。
 また、この山は男体山(二荒山)の奥ノ院ともいわれ、大巳貴命が祭られ、峰修行の夏峰のコースでもあった。
 深田久弥の『日本百名山』によれば、白根山の表口は上野(こうづけ)側であろうといわれており、地図上にも不動尊、六地蔵、大日如来、賽ノ磧などの信仰登山に由来する地名が残されている。しかし、現在はこのコースをたどる人は少なく、群馬側からの登山は菅沼を起点とするものがほとんどで、弥陀ガ池を経由して山頂まで3時間。
 日光側からは、難コースではあるが、湯元温泉から外山尾根、前白根経由がこの山の最も魅力的なコースで、冬山登山にも利用され、山頂まで4時間30分。湯元温泉から中曽根、五色山、弥陀ガ池経由も同じくらいの時間を要する。また金精山(こんせいざん)、五色山経由のコースもあり、いくつかのコースを往路、復路で組合せてみるのも楽しいプランと思われる。

DATA

正式名称: 白根山
別名: 奥白根山
山域: 日光山系
都道府県: 群馬県 栃木県
標高: 2,578m
2万5千図: 男体山・丸沼

※ 日光白根山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

日光白根山に行くモデルコース

日光白根山周辺の最新情報

登山口情報

  • 日光白根ロープウェイ山頂駅 / 山麓駅 
  • 湯元温泉 
  • 金精峠入口 
  • 菅沼登山口 
  • 女夫淵温泉 
  • 竜頭の滝/地獄茶屋 

  • 【日光白根ロープウェイ山頂駅 / 山麓駅】
    日光白根山の登山口。山麓駅周辺には周辺にオートキャンプ場、レストラン、宿泊施設等あり。

  • 【湯元温泉】
    日光白根山の登山口。戦場ヶ原へのハイキング、男体山への登山基地としても利用できる。
    奥日光の温泉地で、いくつもの温泉宿が軒を連ねる。駐車場やバス停あり。

  • 【金精峠入口】
    日光白根山への登山口。R120金精峠トンネルの栃木県側から登山道に入る。

  • 【菅沼登山口】
    菅沼の畔からの日光白根山への登山口。近隣に菅沼キャンプ村がある。

  • 【女夫淵温泉】
    鬼怒沼山、日光方面や尾瀬方面への縦走路へ至る登山口。女夫淵温泉の温泉施設は2013年2月の地震により廃業、現在は市営駐車場となっている。
    「八丁の湯」までは送迎バス(約30分)が出ている。トイレ、自販機あり。

  • 【竜頭の滝/地獄茶屋】
    竜頭の滝からは、日光の各山および戦場ヶ原へのハイキング、高山への登山口として利用される。
    竜頭の滝の前には「地獄茶屋」という歴史ある茶屋があり、右脇の遊歩道が高山へ通じる登山道となっている。

周辺にある山小屋

  • 五色沼避難小屋 
  • 念仏平避難小屋 

  • 【五色沼避難小屋】
    無人小屋
    場所: 前白根・奥白根山鞍部
    電話: 0288-21-1178
    FAX: 0288-21-1181
    営業期間: 通年(無人)

  • 【念仏平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 温泉ヶ岳北北西1km
    電話: 0288-21-1178
    FAX: 0288-21-1181
    営業期間: 通年(無人)

日光白根山に関連する登山記録

日光白根山の近くの山

日光白根山に関連する登山ツアー

18年10月05日(金) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
日光 男体山と白根山 日光を代表する2山、共に百名山
18年10月06日(土) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級B>『日本百名山 関東地方最高峰 日光白根山 日帰り』 【東京・上野・大宮出発】
18年10月12日(金) 近畿 ・4日間 トラベルギャラリー
皇海山・男体山・日光白根山
18年10月12日(金) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山中級A 北関東を代表する霊峰 男体山・日光白根山』
18年10月13日(土) 関東 ・2日間 トラベルギャラリー
紅葉の日光白根山と男体山
18年10月13日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B>『現地に詳しいガイドの案内とロッジへ 日光を代表する展望の名峰2座を登頂 日光白根山・男体山 2日間』【新宿出発】
18年10月19日(金) 関東 ・3日間 朝日旅行
【朝日旅行~ゆとりある山旅~】女性限定の旅 紅葉の日光白根山と戦場ヶ原(レヘ゛ル3~4)
18年11月22日(木) 関東 ・日帰り ケイランド
日本百名山  日光白根山

関連するツアーを探す

日光白根山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2018年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!