日光白根山にっこうしらねさん

百名山 花の百名山

日光白根山

 栃木県と群馬県との県境にそびえる、日光火山群に属する溶岩円頂丘(石英安山岩)である。
 日光火山群のなかで唯一噴火の記録のある火山で、最後の活動は1889年といわれているが、現在は活動を停止している。
 西側にある菅(すげ)沼、丸(まる)沼は白根火山の溶岩流によって堰止められたものである。
 全国各地に白根山という名の山があるが、それぞれの地方の名前を冠して呼ばれている。
 この山も日光白根山、奥白根山などと呼ばれ、座禅山(ざぜんやま)、五色山、前白根(まえしらね)山などの2300mを超す山々に取り囲まれ、その内側にはコバルトブルーの水をたたえる五色沼、弥陀ガ池などの美しい湖沼や凹地があり、高山植物の宝庫でもある。
 夏から秋のシーズンはいつ訪ねてもたくさんの花に会える山の1つである。シラネの名を持つ植物も多く、特に有名なシラネアオイは、古くは江戸時代の天保年間に発行された『日光山志』の中にも記され、弥陀ガ池周辺の群落は実に見事だったが、シカの食害などにより激減し、昔の面影はない。
 白根山は山麓から見えにくいことなども手伝って、男体山や女峰山をはじめとする表日光連山の山々に比べると、かなりなじみの薄い山である。
 しかし、周辺の高山から望むとき、関東以北の最高峰として、日光連山の盟主にふさわしい威厳と重厚さを兼ね備えた山容を誇る。白根山頂はさながら周りを絶壁や空堀で守られた古代の城塞を思わせる。二等三角点のある山頂からの展望はさえぎるものがなく、男体山をはじめ日光の山々、尾瀬、会津、上越の山々、皇海(すかい)山、遠く富士山など360度の大パノラマである。
 また、この山は男体山(二荒山)の奥ノ院ともいわれ、大巳貴命が祭られ、峰修行の夏峰のコースでもあった。
 深田久弥の『日本百名山』によれば、白根山の表口は上野(こうづけ)側であろうといわれており、地図上にも不動尊、六地蔵、大日如来、賽ノ磧などの信仰登山に由来する地名が残されている。しかし、現在はこのコースをたどる人は少なく、群馬側からの登山は菅沼を起点とするものがほとんどで、弥陀ガ池を経由して山頂まで3時間。
 日光側からは、難コースではあるが、湯元温泉から外山尾根、前白根経由がこの山の最も魅力的なコースで、冬山登山にも利用され、山頂まで4時間30分。湯元温泉から中曽根、五色山、弥陀ガ池経由も同じくらいの時間を要する。また金精山(こんせいざん)、五色山経由のコースもあり、いくつかのコースを往路、復路で組合せてみるのも楽しいプランと思われる。

DATA

正式名称: 白根山
別名: 奥白根山
山域: 日光山系
都道府県: 群馬県 栃木県
標高: 2,578m
2万5千図: 男体山・丸沼

※ 日光白根山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

日光白根山に行くモデルコース

日光白根山周辺の最新情報

登山口情報

  • 日光白根ロープウェイ山頂駅 / 山麓駅 
  • 湯元温泉 
  • 金精峠入口 
  • 菅沼登山口 
  • 女夫淵温泉 
  • 竜頭の滝/地獄茶屋 

  • 【日光白根ロープウェイ山頂駅 / 山麓駅】
    日光白根山の登山口。山麓駅周辺には周辺にオートキャンプ場、レストラン、宿泊施設等あり。

  • 【湯元温泉】
    日光白根山の登山口。戦場ヶ原へのハイキング、男体山への登山基地としても利用できる。
    奥日光の温泉地で、いくつもの温泉宿が軒を連ねる。駐車場やバス停あり。

  • 【金精峠入口】
    日光白根山への登山口。R120金精峠トンネルの栃木県側から登山道に入る。

  • 【菅沼登山口】
    菅沼の畔からの日光白根山への登山口。近隣に菅沼キャンプ村がある。

  • 【女夫淵温泉】
    鬼怒沼山、日光方面や尾瀬方面への縦走路へ至る登山口。女夫淵温泉の温泉施設は2013年2月の地震により廃業、現在は市営駐車場となっている。
    「八丁の湯」までは送迎バス(約30分)が出ている。トイレ、自販機あり。

  • 【竜頭の滝/地獄茶屋】
    竜頭の滝からは、日光の各山および戦場ヶ原へのハイキング、高山への登山口として利用される。
    竜頭の滝の前には「地獄茶屋」という歴史ある茶屋があり、右脇の遊歩道が高山へ通じる登山道となっている。

周辺にある山小屋

  • 五色沼避難小屋 
  • 念仏平避難小屋 

  • 【五色沼避難小屋】
    無人小屋
    場所: 前白根・奥白根山鞍部
    電話: 0288-21-1178
    FAX: 0288-21-1181
    営業期間: 通年(無人)

  • 【念仏平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 温泉ヶ岳北北西1km
    電話: 0288-21-1178
    FAX: 0288-21-1181
    営業期間: 通年(無人)

日光白根山に関連する登山記録

もっと見る

日光白根山の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

19年12月19日(木) 関東発 ・2日間 朝日旅行
忘年山行 養老渓谷の大福山・梅ヶ瀬渓谷と富山(レベル2)
19年12月19日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級A> 『伊豆稜線トレイル 第3回 旧天城トンネル~<踊子歩道>~河津七滝 日帰り』 【新宿出発】
19年12月19日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2019年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第4回 須走~樹空の森前』【町田・中央林間出発】
19年12月19日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2018年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第16回 西湖~八木崎公園』【茅ヶ崎・海老名出発】
19年12月19日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2019年4月スタート富士山すそ野ウォーク>『第9回 北山本門寺前~白糸の滝』【さいたま新都心出発】
19年12月19日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2019年4月スタート富士山すそ野ウォーク>『第9回 北山本門寺前~白糸の滝』【千葉出発】
19年12月19日(木) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
滝子山寂悄尾根 大月駅集合初狩駅解散
19年12月20日(金) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
雲取山で迎えるホワイトクリスマス

この地域に行く登山ツアー

日光白根山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?