中ノ岳なかのだけ

二百名山

中ノ岳

写真:磯貝猛  八海山からの中ノ岳
 越後三山の最高峰で、古い地誌には銀山、御月山、金精山、御幣岳などと記されていたのが、極めて平凡な山名に定着した。三山縦走のほかに、三国川の十字峡から千本松原、日向山を経て約6時間で頂上に至る。上越線六日町駅から三国川沿いに野中集落までバスの便があり、マイカーなら十字峡まで行ける。
 頂上に無人の中ノ岳避難小屋があり、八海山へ5時間、駒ヶ岳へは4時間で縦走できる。また兎岳、灰ノ又山、荒沢岳から銀山平へ、あるいは残雪期に県境主稜を剣ヶ倉山、平ヶ岳への縦走も可能である。十字峡を起点として、カモエダズンネ(尾根)から丹後山へ登り、中ノ岳へと環状登山を試みるのも興味深い。
 近傍の谷川連峰や苗場山、巻機山が登山者の人気を集めているのに比べると、魚野川筋の最奥にあるせいか、行き交う登山者もまれで、静かな山歩きを楽しむことができる。

DATA

山域: 越後三山
都道府県: 新潟県
標高: 2,085m
2万5千図: 兔岳

※ 中ノ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

中ノ岳に行くモデルコース

登山口情報

  • 枝折峠 
  • 越後三山森林公園キャンプ場 
  • 駒ノ湯 
  • 十字峡登山センター 

  • 【枝折峠】
    越後駒ヶ岳登山でいちばん多く利用されている枝折峠登山口。バス便はすくないので、ほとんどはマイカー利用となっている。駐車場は30台弱利用できる。

  • 【越後三山森林公園キャンプ場】
    十二平から越後駒ヶ岳の登山口となる。バス便はないため、マイカー以外でのアクセスはタクシーを利用する。料金は浦佐駅から約3400円。

  • 【駒ノ湯】
    小倉尾根で越後駒ヶ岳に登る登山口となる駒ノ湯。バス便は少ないため、マイカーかタクシーでの利用が多くなる。

  • 【十字峡登山センター】
    十字峡は越後駒ヶ岳から中ノ岳への縦走の下山口もしくは中ノ岳往復の登山口となる。マイカー利用が多く、バスの利用の場合は三国川ダム下の野中まで歩くことになる。徒歩約2時間。

周辺にある山小屋

  • 中ノ岳避難小屋 
  • 駒の小屋(越後駒ヶ岳避難小屋) 
  • 丹後山避難小屋 
  • 十字峡登山センター 
  • 八海山千本檜小屋 
  • 八海山避難小屋 
  • 荒沢ヒュッテ 
  • 奥只見山荘 
  • 湖山荘 
  • 村杉 
  • ログハウス白光 

  • 【中ノ岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 中ノ岳山頂
    電話: 025-773-6665
    FAX: 025-773-6710
    営業期間: 通年(無人)

  • 【駒の小屋(越後駒ヶ岳避難小屋)】
    営業小屋
    場所: 駒ヶ岳明神尾根・郡界尾根分岐
    電話: 025-792-9754
    FAX: 025-793-1016
    営業期間: 通年(5/中~10/中、不定期に管理人在駐)

  • 【丹後山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 丹後山山頂
    電話: 025-773-6665
    FAX: 025-773-6710
    営業期間: 通年(無人)

  • 【十字峡登山センター】
    無人小屋
    場所: 清水瀬十字峡地内
    電話: 025-774-2200
    FAX: 025-774-3076
    営業期間: 4~11月(無人)

  • 【八海山千本檜小屋】
    営業小屋
    場所: 八海山九合目
    電話: 080-5079-3375
    営業期間: 7/1~10/30(9/15以後は金・土・日曜のみ管理人駐在)

  • 【八海山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 八海山九合目
    電話: 025-773-6665
    FAX: 025-773-6710
    営業期間: 通年(無人)

  • 【荒沢ヒュッテ】
    旅館
    場所: 銀山平温泉
    電話: 025-795-2548
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/1~11/5

  • 【奥只見山荘】
    旅館
    場所: 奥只見銀山平
    電話: 025-795-2239
    FAX: 025-795-2464
    営業期間: 4/10~11/10

  • 【湖山荘】
    旅館
    場所: 銀山平温泉
    電話: 025-795-2226
    FAX: 025-795-2512
    営業期間: 4/上~11/10

  • 【村杉】
    旅館
    場所: 浦佐駅からバス1時間、銀山平下車
    電話: 025-795-2451
    営業期間: 4/10~11/5

  • 【ログハウス白光】
    旅館
    場所: 銀山平北ノ又川上流
    電話: 025-795-2450
    営業期間: 4月~11/上

中ノ岳に関連する登山記録

もっと見る

中ノ岳の近くの山

上信越方面に行く登山ツアー

19年12月18日(水) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『名古屋全十六区めぐり 第13回 山崎川沿いを歩いて瑞穂運動場・名古屋市博物へ 日帰り』
19年12月18日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<季節の絶景とおいしい名店を訪ね歩く・ウォーキング>『第4回 浅間山の眺望とレストラン ピレネー』【津田沼出発】
19年12月18日(水) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『奥三河8ピークス 12月 風切山 日帰り』
19年12月18日(水) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『全5回 しずおか東海道ご縁めぐり ゆったり駿河路2峠6宿 第3回 江尻宿と府中宿 日帰り』
19年12月18日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ハイク入門>『箱根峠から山中城跡 箱根旧街道ハイキング』【上大岡・横浜東口出発】
19年12月18日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『伊豆高原・大室山と城ケ崎ウォーキング 日帰り』【新都心出発】
19年12月18日(水) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『名城線ぐるり一周ウォーク 第3回 砂田橋駅~八事日赤駅 日帰り』
19年12月19日(木) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>「世界の食卓めぐり12月 トルコ(地中海)料理「TAXiM(タクシム)」」日帰り

この地域に行く登山ツアー

中ノ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?