伊豆ヶ岳いずがたけ

伊豆ヶ岳

写真:池田弘和  小高山からの伊豆ヶ岳
 奥武蔵を代表する山で、休日には山頂で腰をおろすこともできないくらいの賑わいだ。
 登山コースは正丸峠から大蔵山の山村を通ってゆくのが一般的だが、名栗川奥の山伏峠から登るコースも捨てがたい。山頂北側には100mほどの鎖が取り付けられた岩場があるが、岩の崩壊により通行できなくなってしまった。右手の女坂を登り、山頂を目指すことになる。山頂からの風景は灌木があってあまりよくない。1つ南方の御岳(みたけ)の方が若干よい。休憩舎もあって昼食にはよいが、お昼ごろにはここも登山者でいっぱいになる。
 伊豆ヶ岳から子ノ権現までは山稜歩きとなるが、起伏の多い長いコースなので、秋から冬にかけては途中で日没になる恐れがある。充分時間に余裕をもって歩きたいものである。
 正丸峠駅から大蔵山、伊豆ヶ岳を経て、子ノ権現から吾野駅まで約6時間。

DATA

山域: 奥武蔵
都道府県: 埼玉県
標高: 851m
2万5千図: 正丸峠・原市場

※ 伊豆ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

伊豆ヶ岳に行くモデルコース

伊豆ヶ岳周辺の最新情報

周辺にある山小屋

  • 休暇村奥武蔵 

  • 【休暇村奥武蔵】
    その他
    場所: 西武池袋線吾野駅から送迎バス5分
    電話: 042-978-2888
    FAX: 042-978-2880
    営業期間: 通年

伊豆ヶ岳に関連する登山記録

もっと見る

伊豆ヶ岳の近くの山

伊豆ヶ岳に関連する登山ツアー

19年05月09日(木) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山を上手に歩き隊>『夏山を目指して② 低山ならではの魅力溢れる 伊豆ヶ岳』
19年05月11日(土) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山を上手に歩き隊>『夏山を目指して② 低山ならではの魅力溢れる 伊豆ヶ岳』

関連するツアーを探す

伊豆ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!