東京都奥多摩ビジターセンターからの現地情報 御前山・鷹ノ巣山周辺の情報

明日は雪予報。冬の防寒装備で(手袋や帽子も必要)。登山道に積もる落ち葉の下には霜柱あり

東京都奥多摩ビジターセンター

▲奥多摩湖では、冬支度が始まっていました。いこいの路は12月10日より冬季閉鎖になります。(19.12.04 東京都奥多摩ビジターセンター )

東京の天気予報
明日

曇時々晴
15℃ / 7℃
明後日

曇時々晴
17℃ / 8℃
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
甲府の天気予報
明日

晴時々曇
18℃ / 5℃
明後日

曇時々晴
19℃ / 6℃
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

12/06(金) 曇り

周辺状況

今日は曇り。冷たい風が吹きます。手袋や帽子の必要な時期です。

明日は雪の予報。山麓が雨は、山の上は雪になります。
山は少し乾燥気味なので、よい湿り気になりそうです。
標高の高いところでは「お守り代わりに軽アイゼン」の時期です。

日没時刻が大変早まっています。ご注意ください。

■台風19号などの影響
行楽シーズンですが、台風19号などの影響で奥多摩では通行止め箇所が多く発生しています。
登山前には最新情報をご確認ください。

日原街道は崩落し、現在は、車両及び歩行者通行止めとなっています。
崩落箇所には仮の橋が設置されていますが、住民及び関係者用となりますので、登山や観光目的でのご利用はお控えいただきますようお願い申し上げます。

■自然
・紅葉(黄葉) 12/6現在 
山の紅葉はほぼ終了 イチョウも落葉はじめ
青梅丘陵あたりのコナラやイチョウが良い頃と思われます。
・12/4 奥多摩むかし道の紅葉終盤。ハイキングコース上には、カエデの落ち葉がたくさん見られました

・昨日、倉戸山では落葉して登山道にカサカサと落ち葉が積もっていました。
その下では霜柱ができていました。

■気象
11/28 雲取山初冠雪

■クマ目撃情報 
現在ツキノワグマの目撃情報が頻発しています。クマ鈴などの対策の上、十分注意し登山してください。
※クマは夢中でエサを食べていて、近くに人間がいることにも気づかないことがあります。人が近くにいることを音を出したりして伝えて下さい。単独の方は鈴などで音を出して下さい。

9月 5件 あきる野市養沢、奥多摩町川野、檜原村三都郷(みつご) 奥多摩町御前山
10月 5件 奥多摩町(川苔山~棚沢、百尋ノ滝手前、川苔山横ヶ谷平付近、三頭山西峰北側斜面、榧ノ木山ノボリ尾根、榧ノ木山~水根沢分岐)  丹波山村所畑
11月27日 檜原村 千足
11月29日 檜原村 千足
11月30日 檜原村 千足

登山道

12月4日現在の状況ですが12月6日現在も大きな変化はありません。

台風19号 (10月中の影響で、奥多摩及び周辺の山地は、大きな被害が発生しています。現在、被害状況の確認に努めております通行に当たっては、十分注意していただき、危険と判断された場合は引き返すなど、適切な対応をお願いします。
※詳細は奥多摩ビジターセンターまでお問い合わせください。

雨後ぬかるみ、滑りやすいところがあります。また濡れた落ち葉は滑るので足元に要注意です。
落葉が積み重なり道が不明瞭にがちな時期です。りロストしないように注意。

■概況 11/29版
WEB上で見るには 奥多摩ビジターセンターのホームページ「登山道情報」へ。
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/2019/40561.html

■■登山道まとめ 

■酉谷山、雲取山    
・小川谷林道 通行止 土砂崩落 台風以前より通行止め  
・日原林道 通行止 土砂崩落 令和元年10月13日から当面 日原街道が土砂崩壊で通行不能のため
・大ダワ林道 通行止 土砂崩落 台風以前より通行止め 地図によってはこのルートは記載されてない
・富田新道 通行止 土砂崩落 令和元年10月13日から当面 日原街道が土砂崩壊で通行不能のため
・唐松谷林道 通行止 土砂崩落 令和元年10月13日から当面 日原街道が土砂崩壊で通行不能のため
・長沢背稜 確認中 台風の影響 日原街道が土砂崩壊により通行できないため未確認
・三峯神社方面 通行可 二瀬ダムから三峯神社までの道路は通行注意
・鴨沢から雲取山 通行注意 土砂流出 七ツ石山巻き道は通行不可。七ツ石小屋上の湧水地の分岐周辺で崩れている箇所があり通行注意。
・三条ダルミから雲取山荘の巻き道 通行止 足場悪い 台風以前より通行止め
・水無尾根 通行注意 土砂崩落 足場の悪い箇所があり通行注意(迂回路ありコースタイム+30分程度)。
三条ダルミで崩れている箇所があり通行注意。
・後山林道 片倉橋より先 通行可 一般車両は通行できない

■高丸山
・巻き道 通行止 台風の影響 令和元年11月10日から当面 
木橋崩落の恐れあり。石尾根を通行する場合は高丸山山頂を通るルートをご利用ください。

■鷹ノ巣山
・水根沢林道 通行注意 土砂流入 令和元年11月21日から当面 
土砂流入により道が細くなっている箇所多数。足場の不安定な木橋あり。
・榧ノ木尾根 通行可    
・浅間尾根 通行可
・稲村岩尾根 通行止 土砂崩落 令和元年10月13日から当面 日原街道が土砂崩壊により通行できないため

■六ツ石山
・水根登山口~山頂~奥多摩駅 通行可 三ノ木戸山南側の巻き道は未確認

■三ノ木戸山
・石尾根(三ノ木戸山北側登山道) 通行可 
南側の登山道や旧道は荒れているため北側の登山道をご利用ください

■蕎麦粒山
・蕎麦粒山南分岐から踊平北までの巻き道 確認中 台風の影響 尾根筋の登山道をご利用ください

■川苔山、本仁田山
・川乗林道 通行止 土砂崩落 令和元年10月13日から当面 日原街道の土砂崩壊のため
・大丹波川沿い林道 通行止 土砂崩落  台風以前より通行止め
・踊平~獅子口小屋跡 通行止 土砂崩落  台風以前より通行止め 
・大ダワ~足毛岩 通行止 土砂崩落 台風以前より通行止め   
・大ダワ~舟井戸 足場悪い 令和元年11月13日から    
・大根ノ山ノ神~舟井戸 通行注意 土砂流出 令和元年10月20日から 谷筋がえぐれ道が荒れているため注意
・コブタカ山~大ダワ 通行可。大根ノ山ノ神から大ダワは土砂流出により通行注意。
・安寺沢~本仁田山~コブタカ山 通行可 

■棒ノ折山
※棒ノ折山における埼玉県側の登山道について最新情報は奥むさし飯能観光協会(042-980-5051)にお問い合わせください。
・奥茶屋から山頂 通行止 台風の影響 令和元年10月17日から当面     

■高水三山 
・惣岳山から岩茸石山 通行注意 台惣岳山周辺伐採作業中のため現地の案内に従い通行してください
※惣岳山 登山道一部通行止めについては、以下の御岳ビジターのサイトも参照下さい
https://www.ces-net.jp/mitakevc/trailinformation.html

■御岳山、日ノ出山
※御岳山周辺における登山道などの最新情報は御岳ビジターセンター(0428-78-9363)にお問い合わせください。
・大楢峠から鳩の巣方面 通行止 林道工事 令和元年7月16日から令和2年2月18日まで 城山を経由する迂回ルートがあるが台風の影響により土砂流入の可能性あり

■大岳山
・愛宕山から鋸山方面 通行可
・都林道大岳線終点~馬頭刈尾根分岐間 通行止 土砂崩落 令和元年10月22日 関東ふれあいの道(鍾乳洞と滝のみち)
・天狗滝上~馬頭刈尾根分岐間 通行止 土砂崩落 令和元年10月22日 関東ふれあいの道(鍾乳洞と滝のみち)

■御前山
・トチノキ広場から栃寄沢区間 通行止 木橋崩落 令和元年7月21日から
・奥多摩湖~御前山~鋸山 通行可  
・山頂~境橋 通行注意 台風の影響 令和元年10月17日から当面
・湯久保尾根 通行可

■三頭山
・鞘口峠~月夜見第2駐車場 通行可
・サイグチ沢 通行止 土砂崩落 令和元年10月16日から当面  
・麦山の浮橋~ヌカザス尾根~山頂 通行可 
・山頂~槇寄山~仲の平 通行可

■浅間嶺 
・上川乗~山頂~払沢の滝入り口 通行注意 土砂崩落

■鹿倉山
丹波山村から鹿倉山 通行止 土砂崩落 令和元年10月16日から当面

■笠取山 
・作場平駐車場に向かう各林道 通行止 土砂崩落 令和元年10月16日から当面
水道局ホームページをご確認下さい
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/pr/hureai/

■ハイキングコース        
・氷川渓谷遊歩道 日原川右岸、多摩川右岸 一部通行止 土砂崩落
令和元年10月13日から当面 歩道の一部が崩落したため

・登計トレイル 通行注意 土砂流入 一部崩れている箇所あり

・奥多摩むかし道 中山集落周辺 一部通行止 土砂崩落
令和元年10月16日から当面 西久保から水根の間で通行止め

・大多摩ウォーキングトレイル 全線 通行止 水位上昇
令和元年10月16日から当面  土砂崩落が見られる箇所もあり

・海沢三滝 海沢林道、歩道全線 通行止 土砂流入 令和元年11月19日から当面 
東京都森林事務所ホームページをご確認下さい
http://www.forestry-office.metro.tokyo.jp/about/rin_kisei.html

・はらしの丘散策路 ・水根沢沿い、西側 一部通行止め 土砂流入 令和元年10月21日から当面
東京都水道局ホームページをご確認下さい
http://www.forestry-office.metro.tokyo.jp/about/rin_kisei.html

・奥多摩湖いこいの路 全線 通行可 冬期通行止は12月10日から翌4月第2週の木曜まで

・湖畔の小道 全線 通行可 冬期通行止は12月から翌4月第2週の木曜まで

装備

冬のハイキング装備、ルートにより登山装備等が必要。
晴れていても雨具は忘れずに。雨具は防寒具にもなります。
着脱のできる服装で、登山中の汗をかかない工夫や、保温に努めて下さい。
手袋や帽子なども必要です。
そろそろ軽アイゼンやチェーンスパイクの用意も
地形図、コンパスなどは基本的装備です。
日没早くライトの用意も

注意

日没が早くなっています。
16時には暗くなります。登山道を下っていると森が深くなり16時前から暗くなってきます。15時半くらいまでには安全圏へ下山しきるようにオススメします。
早めの下山を計画段階からお願いします。

■登山の心得
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/tips.html

■登山届け、登山計画書の提出を
JR奥多摩駅前には交番があります。またJR奥多摩駅と駅から徒歩5分の奥多摩ビジターセンタ内には届け用のポストがあります。雲取山登山口の鴨沢バス停付近にもあります。

■気象のめやす
おおよそですがJR奥多摩駅前に建つ奥多摩ビジターセンターの気温からマイナス10℃が、雲取山山頂付近の気温となります。

■雲取山に登られる方へ
雲取山は一般的なコースタイムでは日帰りできません。
雲取山荘などへの宿泊をオススメしています。
インターネット上には「雲取山日帰り」などの記録がありますが、一般的なコースタイムは1泊2日です。
JR奥多摩駅から朝一番のバスに乗り、登山口から山頂、山小屋までで歩くと一日行程です。
信頼性のある情報を得て、無理のない登山をお願いします。
地図やライト、雨具、防寒具といった登山装備も必ず携行しましょう。

■奥多摩エリアにおける避難小屋利用について
奥多摩エリアの避難小屋の利用は緊急利用に限られております。
計画段階から避難小屋を利用することはおやめください。

■奥多摩小屋(雲取山)閉鎖のお知らせ (ヤマケイオンライン付加情報)
http://www.town.okutama.tokyo.jp/sangyo/kanko/osirase/okutamagoya.html
平成31年3月31日で閉鎖しました。
奥多摩小屋の閉鎖に伴い、テント泊及びトイレのご利用もできません。
問い合わせ先 奥多摩町観光産業課 電話0428-83-2295

■七ツ石小屋のテントサイト利用について(ヤマケイオンライン付加情報)
2019年4月から混雑が予想される「指定日」はテント泊も予約制となります。
利用前に必ず、確認下さい。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/post-1436/

■アクセス(ヤマケイオンライン付加情報)
・奥多摩駅からのバス 「西東京バス」
http://www.nisitokyobus.co.jp/

■ビジター周辺情報(ヤマケイオンライン付加情報)
給水トイレ JR奥多摩駅で可能
デイリーヤマザキ 7時~22時(営業要確認)

その他のお知らせ

■ビジターセンター
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/index.html

・開館 09:00〜16:30(月曜定休)
※変更となる場合があります(事前にお知らせします)
※駐車場の開場時間も同上です

・休館 年末年始(12/29~1/3)

・Twitter
https://twitter.com/ParksOkutamavc

・雲取山「登頂証明」のサービス 
雲取山へ登頂された方を対象とした「登頂証明」のサービス中。
下山後には、ぜひ奥多摩ビジターセンターへお立ち寄りください。
登頂記念の缶バッジを配布しております。詳しくは、ビジターホームページをご覧ください。

■イベント 詳細はお問い合わせ下さい
・平成31年度 自然教室ボランティア会主催の自然教室一覧
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/2019/40478.html

・平成31年度 奥多摩ビジターセンター主催の自然教室
12月14日開催 「夜の氷川渓谷 ムササビを探して」
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/2019/45017.html
締切 令和元年12月9日(月)必着

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

東京都奥多摩ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 奥多摩湖では、冬支度が始まっていました。いこいの路は12月10日より冬季閉鎖になります。
  • 奥多摩むかし道の紅葉も終盤
  • カツラの落ち葉で絨毯に。葉からは甘い良い香りがします。
  • 午前中は秋らしいすがすがしい風が吹き、秋らしい空模様となっておりました。
  • シュウカイドウの花が咲いています
  • 館内にあるレンゲショウマの鉢植の開花がやっと始まりました!今は2輪だけですが、これから他の蕾も開き始めるでしょう。
  • 奥多摩湖の麦山の浮橋の整備が終了し、令和元年8月22日(木)に通行可能となりました。また、湖南岸のいこいの路も通行可能です。ぜひお越しください!
  • 第42回奥多摩納涼花火大会は、天気にも恵まれ沢山のお客様でとても賑わいました。花火は愛宕山山頂近くから打ち上げられ、夏の夜を彩りました。
  • ビジターセンターの裏から撮影した「山の緑」と「空の青」。快晴の一日です!しかしとっても暑く、奥多摩とはいえ熱中症に注意
  • カブトムシ ビジターセンターで飼育中
  • ミヤマクワガタ ビジターセンターで飼育中
  • 氷川渓谷を調査中、ヤマカガシの姿を発見!! 氷川渓谷を優雅に泳いていました。
東京都奥多摩ビジターセンター

連絡先:0428-83-2037
営業期間
通年
関連山域

ユーザーからの御前山・鷹ノ巣山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

東京都奥多摩ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?