天城山あまぎさん ばんざぶろうだけ

百名山 花の百名山

天城山

写真:真辺征一郎  稲取・浅間山からの天城山。左から万三郎岳、馬ノ背、万二郎岳
 天城という名は川端康成の『伊豆の踊子』であまりにも有名だ。そして伊豆の山といえばまず天城山を思い浮かべるように、伊豆半島の山を代表する山である。しかし天城山という名前のピークはない。
 東海道本線の車窓や東名高速道路の愛鷹パーキングエリアからは左手にこんもりとしたコブが2つ見えるが、これが万三郎岳、万二郎岳で、天城山と呼ばれる山である。
 伊豆半島の最高峰・万三郎岳は標高が1406mあり、山頂には一等三角点が設置されている。万二郎岳の北東には三角形の遠笠山(とおがさやま)や矢筈山(やはずさん)が続く。山は樹林に覆われ、4月にはアセビが、5月にはシャクナゲが満開となり登山道を彩る。またこの時期にはヤマザクラやツツジ類も見られ、多くのハイカーが訪れる。秋もまた美しく、11月には、ブナやカエデ類など広葉樹の紅葉に山が染まる。
 万三郎岳、万二郎岳を訪れるには、天城高原ゴルフ場まで車で入るか、伊東線伊東駅から東海バスがある。コース入口には案内板ときれいなトイレがある。万二郎岳、万三郎岳を巡るコースは、4時間ほどで周遊できる。

DATA

正式名称: 天城山・万三郎岳
別名: 万三郎岳
山域: 伊豆半島
都道府県: 静岡県
標高: 1,406m
2万5千図: 伊東

※ 天城山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

天城山に行くモデルコース

天城山に関連する登山記録

天城山の近くの山

天城山に関連する登山ツアー

18年02月19日(月) 関東 ・日帰り ケイランド
初心者も安心 日本百名山ゆっくり~な登山ツアー 天城山
18年05月12日(土) 現地 ・日帰り アルパインツアー
【アルパインツアー日本の山】 ロングトレッキング 天城山から八丁池
18年05月13日(日) 現地 ・日帰り アルパインツアー
【アルパインツアー日本の山 山へ行こうよ。】 山リータ・女子百名山 天城山から八丁池

関連するツアーを探す

天城山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年12月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報