富良野岳ふらのだけ

花の百名山

富良野岳

写真:岩橋崇至  十勝岳からの富良野岳(右)と三峰山、上ホロカメットク山
 十勝連峰最南端の山。北に険しい尾根を引いた姿が魅力的だ。十勝連峰中では最も花の多い山であり、人気は高い。
 フラヌとは匂いのあるという意味で、ヌッカクシフラヌイ川を指しているのだろう。本来のアイヌ名はオッチシパンサイウシベ「下の峠山」であった。松浦武四郎は安政5年(1858)に「上の峠山」前富良野岳(1625m)との間のコルを越えて新得へと向かったと『十勝日誌』に書いている。冬の登頂は、大正14年(1925)に北大山岳部が西尾根からなしとげた。
 登山の出発点は十勝岳温泉。安政火口手前で沢を渡り、長い斜めの登りで尾根へ出ると、もう富良野岳は目前だ。頂上まで3時間30分。さらに三峰山(1886m)を経て、上ホロカメットク山、十勝岳へ足を延ばすのもいい。南方に広がる湿原「原始ガ原」からの道も興味深いが、登山口から5時間30分の長めのコースだ。

DATA

山域: 石狩山地
都道府県: 北海道
標高: 1,912m
2万5千図: 十勝岳

※ 富良野岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

富良野岳のガイド・ルポ

富良野岳に行くモデルコース

  • 富良野岳・上富良野岳 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 7時間10分 日帰り
    十勝岳温泉(08:00)・・・上ホロ分岐(09:00)・・・縦走路分岐(10:20)・・・富良野岳(...
  • 荒々しい岩山から花咲く緑の山へ
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 8時間 日帰り
    十勝岳温泉・・・上ホロ分岐・・・上富良野岳・・・上ホロカメットク山・・・上富良野岳・・・縦走路分岐・...
  • 大雪山・十勝連峰縦走 4泊5日
    36時間5分 3泊4日
    【1日目】姿見駅(08:00)・・・旭岳石室(08:10)・・・旭岳(10:10)・・・間宮岳(11...

登山口情報

  • 十勝岳温泉 
  • 美瑛富士登山口 
  • 原始ヶ原・富良野岳登山口(ニングルの森) 

  • 【十勝岳温泉】
    最奥の凌雲閣横の登山口は標高約1280mと高く、富良野岳、上ホロカメットク山など十勝連峰西部の山への絶好の基地。宿が数軒のほか、約5km離れた吹上温泉へもバスの便がある。
    上富良野方面からの道路は快適だが、上部の急坂は凍結時要注意。温泉に店はないので買い出しは富良野で。

  • 【美瑛富士登山口】
    白金温泉の国設白金野営場から美瑛川上流方面へ2㎞ほど進んだ場所にある登山口。白金温泉にはホテルなどの宿泊施設が数軒ある。
    登山口へと続く林道入口にはゲートがあるので、上川中部森林管理署美瑛森林事務所(0166-92-2063)に鍵番号を確認のこと。登山口から100mほど離れた場所に10台ほどの駐車スペースがある。

  • 【原始ヶ原・富良野岳登山口(ニングルの森)】
    原始ヶ原、富良野岳方面への登山口。周辺はニングルの森とよばれ、広い駐車場と管理棟あり。
    林道入口の上富良野寄りに「原始の泉」という湧水がある。

周辺にある山小屋

  • 十勝岳温泉凌雲閣 
  • 十勝岳温泉 カミホロ荘 
  • 上ホロカメットク山避難小屋 
  • 吹上温泉保養センター白銀荘 
  • 十勝岳避難小屋 
  • ニングルの森管理センター 

  • 【十勝岳温泉凌雲閣】
    旅館
    場所: 上富良野駅からバス45分、終点下車
    電話: 0167-39-4111
    FAX: 0167-39-4112
    営業期間: 通年

  • 【十勝岳温泉 カミホロ荘】
    旅館
    場所: 上富良野駅からバス40分、カミホロ荘前下車
    電話: 0167-45-2970
    FAX: 0167-45-2226
    営業期間: 通年

  • 【上ホロカメットク山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 山頂東北東400m
    電話: 0167-45-6983
    FAX: 0167-45-5362
    営業期間: 通年(無人)

  • 【吹上温泉保養センター白銀荘】
    国民宿舎 民宿
    場所: 十勝岳西約4km 上富良野駅からバス30分、吹上温泉下車
    電話: 0167-45-4126
    FAX: 0167-45-6634(予約利用不可)
    営業期間: 通年

  • 【十勝岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 十勝岳北西2.5km
    電話: 0166-92-4316
    FAX: 0166-92-4414
    営業期間: 通年(無人)

  • 【ニングルの森管理センター】
    無人小屋
    場所: 富良野岳原始ヶ原登山口
    電話: 0167-39-2312
    FAX: 0167-23-2123
    営業期間: 通年(無人)

富良野岳に関連する登山記録

もっと見る

富良野岳の近くの山

北海道方面に行く登山ツアー

20年01月10日(金) 現地発 ・3日間 アドベンチャーガイズ
★BCツアー★ニセコツアー
20年01月16日(木) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
星野リゾート トマム ザ・タワーに泊まる!大雪山・姿見の池&トマム山スノーシューと霧氷テラス&氷の街・アイスビレッジ
20年01月16日(木) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
星野リゾート トマム ザ・タワーに泊まる!大雪山・姿見の池&トマム山スノーシューと霧氷テラス&氷の街・アイスビレッジ
20年01月16日(木) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
星野リゾート トマム ザ・タワーに泊まる!大雪山・姿見の池&トマム山スノーシューと霧氷テラス&氷の街・アイスビレッジ
20年02月08日(土) 関東発 ・4日間 トラベルギャラリー
大雪山・姿見の池と幻のタウシュベツ川橋梁スノーシュー&然別湖の氷上コタンと神秘のジュエリーアイス
20年02月08日(土) 九州・沖縄発 ・4日間 トラベルギャラリー
大雪山・姿見の池と幻のタウシュベツ川橋梁スノーシュー&然別湖の氷上コタンと神秘のジュエリーアイス
20年02月08日(土) 近畿発 ・4日間 トラベルギャラリー
大雪山・姿見の池と幻のタウシュベツ川橋梁スノーシュー&然別湖の氷上コタンと神秘のジュエリーアイス
20年02月11日(火) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾートに泊まる!洞爺湖&氷の宮殿 七条大滝スノーシュー&さっぽろ雪まつり

この地域に行く登山ツアー

富良野岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?