暑寒別岳しょかんべっだけ

二百名山 花の百名山

暑寒別岳

写真:岡本洋典  南暑寒岳からの暑寒別岳
 石狩平野の北側に位置し、日本海に面して連なる増毛(ましけ)山地の最高峰。なだらかで大きな姿は札幌からもよく見え、豪雪の地方だけに遅くまで残雪を光らせている。
 山名は、この山に発する暑寒別川からきており、「滝が上にある川」の意だという。
 登山道は3本あるが、東の雨竜沼(うりゆうぬま)から南暑寒岳(1296m)を経て来るものと、北の増毛からのものがよく利用されている。どちらも登山口に小屋がある。
 雨竜コースは高層湿原として有名な雨竜沼湿原を通るところが大きな魅力で、100余りにおよぶ池塘と湿原の花々が美しい所。南暑寒岳までは4時間だが、ここで引き返す人も多い。暑寒別岳まではさらに2時間の道のり。登山口の南暑寒荘からの日帰り往復は可能だが、ややきつい。
 一方、増毛からのコースは長い北尾根をほぼ忠実にたどり、約5時間を要する。暑寒別岳に至る最短のコースで、登山道もよく整備されている。
 お花畑のある頂上は展望広大で、この山地を一望に収めるのはもちろん、大雪山や羊蹄山、また海のかなたに利尻山の姿さえ見ることができる。

DATA

山域: 増毛山地
都道府県: 北海道
標高: 1,492m
2万5千図: 暑寒別岳

※ 暑寒別岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

暑寒別岳に行くモデルコース

  • 湿原を抱く増毛山地の最高峰
    体力度: ★★★ 危険度: 7時間30分 日帰り
    暑寒荘・・・佐上台・・・五合目・・・屏風岩・・・暑寒別岳・・・屏風岩・・・五合目・・・佐上台・・・諸...

暑寒別岳に関連する登山記録

もっと見る

暑寒別岳の近くの山

暑寒別岳に関連する登山ツアー

20年07月03日(金) 関東 ・3日間 トラベルギャラリー
花の暑寒別岳と雨竜沼湿原
20年07月03日(金) 近畿 ・3日間 トラベルギャラリー
花の暑寒別岳と雨竜沼湿原
20年07月03日(金) 九州・沖縄 ・3日間 トラベルギャラリー
花の暑寒別岳と雨竜沼湿原

関連するツアーを探す

暑寒別岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?