宝剣岳ほうけんだけ

花の百名山

宝剣岳

写真:津野祐次  伊那前岳からの宝剣岳
 中央アルプスの中では南部の仙涯嶺(せんがいれい)とともに険しい岩場の山で、その名のとおりどこから見ても鋭くとがった三角錐を突き上げ、人を寄せつけないような雰囲気をもっている。特に千畳敷カールから見上げる姿は一段と鋭さを増す。
 山名は山岳信仰からきているものと推測され、江戸時代後期の絵図には錫杖嶽と書かれており、その後剣ガ峰とも呼ばれていた時期がある。宝剣岳の名は近代に入ってからである。
 登山コースは、ロープウェイが運行されている現在は千畳敷カールから登る人がほとんどで、カール内の駒ヶ岳神社で左右に分かれ、右回りに乗越浄土から天狗岩を眺めながら北稜を登るルートと、左回りに極楽平から南稜をちょっとした岩登り気分で登って頂上に立つルートがある。いずれも1時間弱。
 また鋭い岩峰だけにロッククライミングのルートも多く、初級の中央ルンゼをはじめ、左稜、中央稜、左稜フランケなどがある。木曽側には天狗岩に駒峰ルート、芸大ルート、伊那ルートなどが拓かれている。
 なお、千畳敷カールは春スキーのメッカとしても賑わっているが、かつては積雪期には立ち入り禁止だったことを忘れないでほしい。

DATA

山域: 中央アルプス
都道府県: 長野県
標高: 2,931m
2万5千図: 木曽駒ヶ岳

※ 宝剣岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

宝剣岳に行くモデルコース

  • 中アの主峰、木曽駒を千畳敷から往復する
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 3時間55分 日帰り
    千畳敷・・・乗越浄土・・・宝剣山荘・・・宝剣岳・・・宝剣山荘・・・木曽駒ヶ岳・・・宝剣山荘・・・乗越...
  • 中アの主峰であり、圏谷を擁す自然の宝庫
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 5時間50分 1泊2日
    千畳敷駅・・・宝剣山荘・・・木曽駒ヶ岳・・・濃ヶ池分岐・・・濃ヶ池・・・駒飼ノ池・・・宝剣山荘・・・...
  • 木曽駒ヶ岳・宝剣岳 前夜泊1泊2日
    体力度: ★★ 危険度: ★★★★ 6時間5分 1泊2日
    【1日目】千畳敷・・・乗越浄土・・・宝剣山荘・・・中岳・・・木曽駒ヶ岳【2日目】木曽駒ヶ岳・・・濃ヶ...
  • 北部主脈縦走 3泊4日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 19時間10分 3泊4日
    【1日目】千畳敷・・・乗越浄土・・・宝剣山荘・・・木曽駒ヶ岳【2日目】木曽駒ヶ岳・・・宝剣山荘・・・...

宝剣岳周辺の最新情報

  • 宝剣山荘~木曽駒・宝剣岳
    宝剣山荘
    例年より雪が多めの中央アルプス・宝剣山荘周辺です。まだ雪崩の危険性もあるので十分に注意してください
    17年04月26日(水)

登山口情報

  • 千畳敷 
  • 桂小場 
  • コガラ登山口(大原上登山口) 
  • キビオ峠登山口 
  • アルプス山荘 
  • 木曽駒荘(旧芦島中日キャンプ場) 
  • 北御所登山口 

  • 【千畳敷】
    千畳敷は、木曽駒ヶ岳や宝剣岳などの中心的な登山拠点。駒ヶ岳ロープウェイや駅に隣接するホテルは通年営業され、四季を通じてアプローチが可能。さまざまなコースが組め、日帰り登山も可能だ。夏と秋の最盛期は、駒ヶ岳ロープウェイの乗車に待ち時間が生じることが予想される。
    千畳敷駅構内には売店やレストラン、トイレあり。

  • 【桂小場】
    伊那市から小黒川沿いに延びる林道の終点にある、将棊頭山・木曽駒ヶ岳への登山口。新田次郎の小説「聖職の碑」では、この登山口(実際には約20km離れた学校)から将棊頭山・木曽駒ヶ岳を目指している。
    桂小場登山口から将棊頭山へは約4時間30分。

  • 【コガラ登山口(大原上登山口)】
    木曽福島中心部の東に位置する木曽駒高原は、木曽駒ヶ岳を目指す福島A・Bコースの登山拠点。両コースは標高2410m地点の七合目で合流する。
    コガラ登山口(大原上登山口)はBコースの登山口で、バス利用の場合は大原上バス停まで入れる。
    マイカーの場合は、さらに上部のコガラ登山口まで行け、徒歩約1時間短縮できる。登山口周辺には大きな駐車スペースがあり、その手前には木曽駒冷水が湧いているので、事前に給水する。
    舗装路から、木曽駒高原スキー場のゲレンデ内の道を進むと、指導標の立つ三叉路に出る。木曽駒ヶ岳へは右の林道へ入る。この先一般車は乗り入れ禁止。
    マイカー利用の場合は大原上とキビオ峠は徒歩30分。

  • 【キビオ峠登山口】
    木曽福島中心部の東に位置する木曽駒高原は、木曽駒ヶ岳を目指す福島A・Bコースの登山拠点となっている。両コースは標高2410m地点の七合目で合流し、木曽駒ヶ岳へと続く。

    Aコースの登山口であるキビオ峠は、大原集落と一軒宿の秘湯・駒の湯を結ぶ車道上にあり、駒の湯から車で約10分、徒歩30分。駐車スペースとトイレ、あずまやが建っている。
    マイカー利用の場合は両登山口のどちらかに駐車すれば周回コースが組める。両登山口を徒歩でたどった場合のコースタイムは30分ほど。

  • 【アルプス山荘】
    アルプス山荘は、木曽駒ヶ岳への上松Aコースの登山口。山荘の前に駐車場あり。山荘を起点に上松A・Bコースを周回することもできる。車利用で上松Aコースを往復する場合は、舗装された林道をさらに進み、滑川砂防ダム駐車場に駐車したほうが便利。敬神ノ滝小屋にも数台分駐車場がある。
    アルプス山荘から敬神ノ滝小屋までの登山道は、一部付け替えられているところがあるので現地の看板に従うこと。

  • 【木曽駒荘(旧芦島中日キャンプ場)】
    木曽駒ヶ岳への、上松Bコースの登山口。木曽駒荘付近に駐車場あり。
    Bコースの奇美世の滝までの林道は崩壊箇所が多いため、迂回路を利用する。上部の稜線も崩壊が進んでいるため、事前に登山道情報を確認すること。

  • 【北御所登山口】
    北御所登山道ルートの起点。地元の学校登山にも利用されている。木曽駒ヶ岳へは約6時間30分。

周辺にある山小屋

  • 宝剣山荘 
  • 天狗荘 
  • 駒ヶ岳頂上山荘 
  • 頂上木曽小屋 
  • 玉乃窪山荘 
  • 木曽駒ヶ岳七合目避難小屋 
  • 西駒山荘 
  • 檜尾避難小屋 
  • 金懸小屋 
  • 大樽小屋 
  • 敬神ノ滝山荘 
  • 池山小屋(林内作業所) 

  • 【宝剣山荘】
    営業小屋
    場所: 宝剣岳北直下
    電話: 090-5507-6345
    営業期間: 4月~11/初(要問合せ)、年末年始(要予約)

  • 【天狗荘】
    営業小屋
    場所: 宝剣岳北直下、宝剣山荘北50m
    電話: 090-5507-6345
    営業期間: 7月~10/初(要問合せ)

  • 【駒ヶ岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳・中岳の鞍部
    電話: 090-5507-6345
    営業期間: 7/上~10/初(要問合せ)

  • 【頂上木曽小屋】
    営業小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳山頂西直下
    電話: 0264-52-3882
    FAX: 0264-52-2969
    営業期間: 4/下~5/上、6/中~11/3

  • 【玉乃窪山荘】
    営業小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳・木曽前岳鞍部九合目
    電話: 090-4181-8573 0264-52-2682
    FAX: 0264-52-2682
    営業期間: 7/1~体育の日(9/1以降は土・日・祝日のみ)

  • 【木曽駒ヶ岳七合目避難小屋】
    無人小屋
    場所: 福島道A・Bコース七合目合流点
    電話: 0264-22-3000
    FAX: 0264-23-2121
    営業期間: 通年(無人)

  • 【西駒山荘】
    営業小屋
    場所: 将棊頭山山頂直下
    電話: 0265-94-6001
    FAX: 0265-94-5901
    営業期間: 7月第2土曜~10月第2月曜

  • 【檜尾避難小屋】
    無人小屋
    場所: 檜尾岳山頂東300m
    電話: 0265-83-2111
    FAX: 0265-83-4348
    営業期間: 通年(無人)

  • 【金懸小屋】
    無人小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳上松Aコース五合目
    電話: 0264-52-1133
    FAX: 0264-52-4180
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大樽小屋】
    無人小屋
    場所: 将棊頭山北方胸突八丁登り口(五合目)
    電話: 0265-78-4111
    FAX: 0265-78-4131
    営業期間: 通年(無人)

  • 【敬神ノ滝山荘】
    営業小屋
    場所: 上松駅から車10分、下車後、徒歩30分 上松道Aコース敬神ノ滝
    電話: 0264-52-2547
    営業期間: 不定期 山ノ湯アルプス山荘に要問合せ

  • 【池山小屋(林内作業所)】
    無人小屋
    場所: 池山尾根池山頂上南西500m
    電話: 0265-83-2111
    FAX: 0265-83-4348
    営業期間: 通年(無人)

宝剣岳に関連する登山記録

宝剣岳の近くの山

宝剣岳に関連する登山ツアー

17年07月21日(金) 現地 ・3日間 アルパインツアー
【アルパインツアー日本の山】 中央アルプス 木曽駒ヶ岳から空木岳
17年07月21日(金) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
木曽駒ガ岳~宝剣岳~三ノ沢岳 趣きの違う3つのピークへ
17年07月23日(日) 関東 ・3日間 毎日新聞旅行
木曽駒ガ岳~宝剣岳~空木岳 アルペンムードで人気の本格縦走
17年07月28日(金) 関東 ・3日間 トラベルギャラリー
木曽駒ヶ岳から空木岳
17年09月01日(金) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山上級(!)>『日本百名山 バラエティに富んだ縦走路 木曽駒ヶ岳・宝剣岳・空木岳縦走 3日間』【新宿出発】
17年09月10日(日) 関東 ・3日間 毎日新聞旅行
木曽駒ガ岳~宝剣岳~空木岳 アルペンムードで人気の本格縦走
17年09月14日(木) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山上級(!)>『日本百名山 バラエティに富んだ縦走路 木曽駒ヶ岳・宝剣岳・空木岳縦走 3日間』【新宿出発】
17年09月23日(土) 九州・沖縄 ・3日間 トラベルギャラリー
中央アルプスの人気コース 木曽駒ヶ岳から空木岳縦走

関連するツアーを探す

宝剣岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年4月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 身軽に歩けるローカットシューズを使ってみた
身軽に歩けるローカットシューズを使ってみた 高橋庄太郎さんが気になるアイテムをテストする「山MONO語り」。今月はALTRAのシューズを奥多摩でチェック!
NEW 山ジップロック研究所 連載スタート!!
山ジップロック研究所 連載スタート!! 山で便利な「ジップロック」。様々なアイテムの紹介と、工夫を凝らした使い方を、連載で紹介していきます!
NEW サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート! 約30gの軽量化を実現! 大人気シューズの新モデル、「XA プロ 3D ゴアテックス」の実力は…!? モニター大募集!
NEW 「異次元の使いやすさ」を実現した登山靴
「異次元の使いやすさ」を実現した登山靴 革新的な機構を備えた独自なデザインが特長。「モンチュラ ヤル テクノGTX」のレビューが到着! 気になる評価は…?
NEW 春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
NEW 山の本についてのアンケート
山の本についてのアンケート あなたは年に何冊くらい読みますか? 最近どんな本を読みましたか? 回答者の中から抽選で図書カードをプレゼント!
NEW ブレずにしっかり背負えるカリマーのクーガー
ブレずにしっかり背負えるカリマーのクーガー カリマーの中・大型リュックサックを残雪のフィールドでテスト。フィット良く、大容量でもブレずに背負いやすいと高評価!
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン 全天候型ストレッチレイン「ティフォン50000」シリーズ。高い透湿性、しなやかで肌触りよい生地を採用。詳しくはこちら
NEW グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」 新開発の背面システムで、軽さと背負い心地を両立させたライトウェイトモデル、その特徴は…!
岩場・鎖場・鉄梯子を学ぶなら低山で!
岩場・鎖場・鉄梯子を学ぶなら低山で! スリリングな岩場を歩く技術・経験は、アルプスで必須のスキル。それを低山で学んでみては?
快適な着心地をキープ! 登山ウェアのお手入れ術
快適な着心地をキープ! 登山ウェアのお手入れ術 山のウェアは、使うたびに洗濯するのが基本。正しい洗剤選びと洗い方で機能も着心地もリフレッシュ! 山アイテムレコメン堂特別...
習慣にしたい! 登山のダメージケア
習慣にしたい! 登山のダメージケア できれば避けたい、筋肉痛や関節痛。行動中に生じるダメージは、放置せずにその場でケア! 山アイテムレコメン堂の特別企画。
北欧生まれ SWIXのトレッキングポール
北欧生まれ SWIXのトレッキングポール ノルディックスキーで実績のSWIXからトレッキングポール登場。カーボンとコルクグリップで驚きの軽さ。
山での怪談・不思議事件簿
山での怪談・不思議事件簿 山で科学的・論理的に説明できないような不思議な体験をしたことがある人の声を集めてみた結果・・・。