間ノ岳あいのだけ

百名山

間ノ岳

写真:上野巌  農鳥岳からの間ノ岳
 白峰三山の真ん中に位置するので間ノ岳とは、当を得た山名である。日本第3位の高峰であるにもかかわらず、極めて地味な山だが、赤石岳、仙丈ヶ岳とともに、大きな山容を見せている。山頂は広くて、通称、間ノ岳のドームといわれるほどで、悪天のとき、方向を間違えることさえある。
 一般的に、この山だけを単独に登るということはあまりない。白峰三山縦走時、あるいは仙塩尾根を経て塩見岳へと抜ける際など登頂する。
 この山頂からの展望は、北岳のそれと大差がない。しかし、南側から眺めた鋭角の北岳は、さすが南アルプスの王者の風格をもって昂然として迫ってくる。
 間ノ岳は『甲斐国志』にその名が載っている。登山者としては、明治14年(1881)8月18日に、アーネスト・サトウが農鳥岳経由で登頂している(出典「日本旅行日記Ⅰ」東洋文庫)。積雪期では京都三高山岳部の西堀栄三郎ら4名が、大正14年3月22日、野呂川右俣をつめて頂上に出た。北岳に登頂の途次の通過であった。
 この山を踏むためのベースとなるのは、北岳のコルにある北岳山荘で、ここから中白峰を経て2時間ほどで登頂できる。

※2014年3月までは、日本第4位の標高の山とされていたが、測量方法の変更や地殻変動などにより1m高くなることが国土地理院より発表され、2014年4月1日より奥穂高岳と並んで日本第3位の標高の山となった(2014.04.01追記)。

DATA

別名: 白峰三山(しらねさんざん)
山域: 南アルプス北部
都道府県: 山梨県 静岡県
標高: 3,190m
2万5千図: 鳳凰山・夜叉神峠・奈良田・仙丈ヶ岳・間ノ岳

※ 間ノ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

間ノ岳に行くモデルコース

  • 北岳・間ノ岳 前夜泊1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 14時間50分 1泊2日
    【1日目】広河原・・・大樺沢二俣・・・八本歯のコル・・・北岳山荘【2日目】北岳山荘・・・中白峰・・・...
  • 白峰三山を一挙に縦走するロングコース
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 19時間45分 2泊3日
    【1日目】 広河原・・・白根御池小屋・・・小太郎尾根分岐・・・北岳肩ノ小屋【2日目】 北岳肩ノ小屋・...
  • 白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳) 2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 19時間45分 2泊3日
    【1日目】広河原・・・白根御池小屋【2日目】白根御池小屋・・・小太郎尾根分岐・・・北岳肩ノ小屋・・・...
  • 北岳・塩見岳 前夜泊3泊4日
    23時間25分 3泊4日
    【1日目】広河原・・・大樺沢二俣・・・小太郎尾根分岐・・・北岳肩ノ小屋【2日目】北岳肩ノ小屋・・・北...
  • 北岳・塩見岳 前夜泊3泊4日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 23時間25分 3泊4日
    【1日目】広河原・・・大樺沢二俣・・・小太郎尾根分岐・・・北岳肩ノ小屋【2日目】北岳肩ノ小屋・・・北...

間ノ岳周辺の最新情報

  • 南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    寒暖の差大きくなり一部紅葉紅葉が始まっています。トラバース道は全面通行止め。大樺沢は夏道で。紅葉時期小屋は混雑します。
    17年09月24日(日)
    白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    ここ数日は雨もふらず、太陽が出ています。気温が低くなり、風も強くなってきました。もう夏ではありません
    17年08月25日(金)
  • 大門沢小屋 ~農鳥岳・広河内岳
    大門沢小屋
    主な登山道に支障の連絡はありません。小屋営業は10/14泊までとなります。防寒具雨具は油断なく。日没時間にも注意して下さい。
    17年10月10日(火)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    稜線は紅葉の最盛期を迎えています。朝晩は冷え込むようになり、寒い日は氷点下まで下がるようになりました
    17年10月04日(水)
  • 北沢峠 こもれび山荘(旧・長衛荘)~甲斐駒・仙丈ヶ岳
    北沢峠 こもれび山荘(旧・長衛荘)
    秋になって日照時間が短くなりましたが、16時までに小屋に到着されない方が多いです。ケガや体力不足で行動不能になる「プチ遭難」は、この季節は命取りです。
    17年10月13日(金)
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    黒戸尾根は残雪も消え、問題箇所なく歩けます。雷鳥の目撃情報が多数寄せられていますが、子育て中なので見守ってあげてください
    17年07月06日(木)
  • 青木鉱泉 ~鳳凰三山
    青木鉱泉
    2017年は5月1日より営業を再開しています。山の様子、登山道の様子については、現地直通番号までお問い合わせください
    17年05月10日(水)

登山口情報

  • 奈良田 
  • 奈良田第一発電所 
  • 広河原 
  • 野呂川出合 

  • 【奈良田】
    農鳥岳登山、白峰三山縦走などに使われる登山口。
    マイカー利用者で広河原方面へ向かう場合は、ここで夏期運行のバスに乗り換える。
    バス停付近に無料駐車場やトイレ、温泉宿、日帰り入浴施設がある。

  • 【奈良田第一発電所】
    農鳥岳登山口。マイカーは入れないので、奈良田にてバスかタクシーに乗り換える。奈良田から歩いても30分ほど。第一発電所バス停の近くにある駐車場は発電所関係者専用。

  • 【広河原】
    北岳の登山口であり、北沢峠への南アルプス市営バスの起点である広河原は、南アルプス北部では最も登山者の多い登山口。マイカーが利用できるのは途中の芦安と奈良田まで。以降はバスやタクシーを利用して広河原まで行くことになる。
    バス停の横に位置する広河原インフォメーションセンターには、トイレや水場、売店、ロッカー、公衆電話などがある。バスのチケットもここで購入する。
    また、吊橋を渡った登山道入口には広河原山荘があり、テント場やトイレ、コインシャワーが利用できる。
    早川尾根へは、広河原から北沢峠方面に林道を15分ほど歩いた白鳳峠入口から取りつく。

  • 【野呂川出合】
    北沢峠と広河原の間に位置し、両又小屋経由で北岳や仙塩尾根にアプローチする際に使用する登山口。
    夏山シーズンでも、登山者に会うことは少ない。

周辺にある山小屋

  • 農鳥小屋 
  • 南アルプス市山梨県北岳山荘 
  • 静岡市営熊の平小屋 
  • 北岳肩ノ小屋 
  • 南アルプス市両俣小屋 
  • 南アルプス市白根御池小屋 
  • 大門沢小屋 
  • 南アルプス市池山御池小屋 
  • 南アルプス市広河原山荘 

  • 【農鳥小屋】
    営業小屋
    場所: 間ノ岳・西農鳥岳鞍部
    電話: 090-7826-5663 0556-48-2533
    営業期間: 7/上~11/上

  • 【南アルプス市山梨県北岳山荘】
    営業小屋
    場所: 北岳・間ノ岳鞍部
    電話: 055-282-6294
    FAX: 055-282-6279
    営業期間: 5/中(予定)~11/上(予定)

  • 【静岡市営熊の平小屋】
    営業小屋
    場所: 仙塩尾根熊ノ平
    電話: 0547-46-4717
    営業期間: 7/中~9/下

  • 【北岳肩ノ小屋】
    営業小屋
    場所: 北岳山頂直下
    電話: 055-288-2421
    FAX: 055-288-2433
    営業期間: 6/中~11/初

  • 【南アルプス市両俣小屋】
    営業小屋
    場所: 野呂川上流左俣出合下流350m
    電話: 055-288-2146
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/中~10/31(予定)

  • 【南アルプス市白根御池小屋】
    営業小屋
    場所: 白根御池畔
    電話: 048-452-8663
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/中~11/上(予定)

  • 【大門沢小屋】
    営業小屋
    場所: 広河内沢上流大ヨモギ沢出合
    電話: 055-648-2648
    FAX: FAX兼
    営業期間: 7/上~10/中

  • 【南アルプス市池山御池小屋】
    無人小屋
    場所: 吊尾根池山御池畔
    電話: 055-282-6294
    FAX: 055-282-6279
    営業期間: 通年(無人)

  • 【南アルプス市広河原山荘】
    営業小屋
    場所: 野呂川・大樺沢出合、野呂川右岸
    電話: 055-283-2889
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/中~11/上(予定)

間ノ岳に関連する登山記録

間ノ岳の近くの山

南アルプス方面に行く登山ツアー

17年10月26日(木) 関東発 ・2日間 朝日旅行
【山旅/ハイキング】大井川源流部・憧れの二軒小屋ロッヂの寛ぎと南アルプスの大自然(レベル1)
17年10月26日(木) 近畿発 ・2日間 朝日旅行
【朝日の山旅/ハイキング】大井川鐵道SL列車と二軒小屋ロッヂから伝付峠(レベル3)<往復JR利用>
17年11月03日(金) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
春日山~滝戸山縦走
17年11月04日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
馬の背から・仙丈ケ岳2日間 11/4(土)発
17年11月08日(水) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
日向山(雁ガ原)
17年11月11日(土) 関東発 ・日帰り Yamakara
装備レンタル付き! マウンテンビーチ、白砂の絶景日向山へ(ワンデー)
17年11月12日(日) 関東発 ・日帰り Yamakara
装備レンタル付き! 日本名水百選に選ばれた美渓 尾白川渓谷(ワンデー)
17年11月18日(土) 近畿発 ・2日間 トラベルギャラリー
熊伏山と紅葉の天龍峡

この地域に行く登山ツアー

間ノ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2017年10月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍!
鍋が美味しい季節も「ジップロック」が活躍! 連載「山ジップロック研究所」。今回のテーマは、秋こそ山で食べたい「鍋料理」。3つのレシピ&「ジップロック」活用術!
NEW 雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影!
雲海出現ナビでパーフェクトな雲海撮影! 「雲海出現NAVI」で、出現確率88%の美ヶ原へ。雲海の上に浮かぶ北アルプス大展望の撮影に成功! 動画もチェック!
NEW 身体の脂肪を登山の味方に!
身体の脂肪を登山の味方に! 脂肪を登山の味方に。医療用新薬メーカーのサプリメント「WINZONE」を、登山中のシャリバテ、スタミナ対策として新提案。
NEW 山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
NEW 高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦
高照度のヘッドランプでナイトハイクに挑戦 長距離・耐久レース仕様のヘッドライト、最大光量600ルーメンの「LED LENSOR MH10」をナイトハイクでテスト。
NEW 縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか?
縦走用と登攀用のザック 違いわかりますか? 縦走用と登攀用・雪山用のザックって実は違うんです。その理由をグレゴリークルーの山岳ガイド島田和昭さんに聞きました。
NEW 青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」
青木達哉 × マムート「アイガーエクストリーム」 若くしてK2最年少登頂、第21回ピオレドール賞受賞というビックタイトルを獲得したクライマー青木達哉のインタビュー掲載!
NEW 岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
NEW 透湿値の高いアウター 秋冬版登場!
透湿値の高いアウター 秋冬版登場! ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。その秋冬版が登場。細かい仕様をチェックしよう!
NEW こんな紅葉に出会いたい! を教えます
こんな紅葉に出会いたい! を教えます 「こんな絶景が!」という紅葉の山を、過去の紅葉写真コンテストからチョイス。いつ、どこで、どんなタイミングか、教えます!
NEW 紅葉シーズン、いよいよ到来!
紅葉シーズン、いよいよ到来! 9月も下旬、いよいよ山は紅葉に染まり始めた! 冬に向かう一歩手前の高山では、ピークに差し掛かりつつある
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く
岐阜の山旅 恵みたっぷり、夏の飛騨を歩く 日本の原風景を求めて岐阜県・飛騨エリアへ。「岐阜の宝」と称される自然と懐かしい里山の暮らしに触れた山旅ルポ掲載!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!