甲斐駒ヶ岳 七丈小屋からの現地情報 甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

2/19昼~2/20深夜にかけて山頂付近まで雨。今後は登山道の様子が大きく変化する時期です

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

▲八丁坂付近 ドロドロの下はしっかりと凍っています。普段はチェーンスパイクで快適に上がれるこの坂も、この状況ではアイゼンのほうが快適かつ安全でしょう。(19.02.21 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋)

天気・気温

02/21(木) 晴れ 

周辺状況

2月19日お昼ごろから20日深夜にかけて、甲斐駒ヶ岳では山頂付近まで雨となりました。

これから先の季節は、低気圧の通過や気温の乱高下により、登山道の様子が日々大きく変化する季節です。

先日のように低気圧が日本海を通過すれば南風が入って気温が上がり雨となり、この週末の予報のように南岸低気圧となれば雪の予報になることが多いです。
その南岸低気圧も、どこを通るか、寒気がどれぐらいかで大きく予報が異なります。
実際にどうなるかは直前になってみないと分かりません。

この週末も予報を注視していますが、結局のところは毎日のように予報が変わっているのが現状です。
プロでも読みにくいですので、我々登山者としては予報だけでなく、自分なりに様々な情報を集めて想像し、判断していかなくてはならないと感じていますが、結局のところは当日にならなければ分かりません。

小屋主の花谷の判断は、
土曜日の天気の崩れはそれほど多くなく、大雪にはならない。
午前中から降り出すけど、笹の平までは雨またはみぞれ。
北風が強めで小屋から上部は登山にはやや不向きと見ています。

しかし日曜日は足早に低気圧は去り、風も弱めで気温もそれほど下がらず、穏やかな登山日和になると思ってます。
さて、どうなるでしょうか。

■甲斐駒ヶ岳ガイドツアー
冬の甲斐駒ヶ岳はけして優しくありませんが、ガイドツアーで登ってみたい!という方は、ぜひこちらをご覧ください。https://www.kaikoma.info/tour

※この冬からスタートした「七丈小屋をベースに黒戸尾根から登る甲斐駒ヶ岳ガイドツアー」
メインガイドは七丈小屋管理人でもある花谷泰広(全日程)、サブガイドは杉本龍郎(一部日程)が担当いたします!
夜は写真や映像を使ったツアーオリジナルトークなども予定しています。
小屋でゆったりと過ごす冬の夜も、ぜひお楽しみください!
冬季ツアーは雪山登山経験者の方のみの受付とさせていただきます。

登山道

■黒戸尾根  
雪山登山装備が必要です。
この週末は悩ましい予報ですが、この先の予報などを注視しながらご判断ください!

・八丁坂付近
2/20の気温上昇により、2/21はドロドロでした。
しかし、このドロドロの下はしっかりと凍っています。
もちろん今日あたりは気温の低下でガチガチになっていると思われます。
普段はチェーンスパイクで快適に上がれるこの坂も、この状況ではアイゼンのほうが快適かつ安全でしょう

・五合目から小屋にかけて
氷が剥き出しになっている場所が多く、ミスは許されません。
とにかく慎重に!
小屋の直下も雪の下は硬い氷です。

・小屋から頂上にかけて
雨は降りましたが、トレースを消すほどのものではなかったので、少し雪は硬いとは思いますが登山には問題ないと思っています。

装備

3000m級の山岳の厳冬期雪山登山装備が基本。
アイゼン、ピッケルは必携。防寒対策(暖かい帽子や手袋も必要)、ヘッドライト必携

注意

■登山口の最寄り店舗
道の駅はくしゅうの近くにコンビニエンスストア(ローソン)があります。早朝出発の場合は、ここを使うといいでしょう。

その他のお知らせ

■甲斐駒ヶ岳七丈小屋
https://www.kaikoma.info/
予約と問い合わせ 090-3226-2967
※電波不良時や作業中などの場合は、電話に出られないことがあります。
・宿泊は予約制です。
山の状況が許す限り、いつでもご利用いただけるよう準備をして、皆さまのお越しをお待ちしております。

●冬季営業についてのお知らせです。
詳しくはこちら
https://www.kaikoma.info/winter

・冬季は暖房費お一人様800円
皆様に快適に過ごしていただくよう、しっかりと暖房をしてお迎えしております。
期間は、5月中旬ごろまで

・冬季も二食提供を行っております。
水道が停止しているため、洗い物なども出来るだけ減らす工夫をさせていただいたメニューでのご提供です。
ご宿泊のお客様には可能な範囲でマイコップ、マイ箸などのご利用をお願いしております。
ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

・冬季 水場は利用できません。
宿泊者、テント泊は一人2リットルまで無料
それ以上お水が必要な方、通過の方は有料販売
(小屋でも春まで節水しながら大切に使用していく飲料水になります。出来る限り必要な範囲内でのご利用ください)
受付の際スタッフまでお申し出ください。
テント泊の方は空のソフトボトルなど持参いただくと便利です。
※来年6月ごろまでは七丈小屋の水場はお使いいただけません

■小屋の入り口について
七丈小屋受付は、三角屋根の七丈第一小屋から約10m先です。
ご宿泊、テント泊の方は受付を済ませてください。
受付口にはチャイムボタンがあります。スタッフが受付のご案内をします。

小屋泊の方は、予約状況によって、第一小屋、第二小屋のどちらかのお部屋となります。
七丈第二小屋は第一小屋から約50m先にあります。

テント泊の方も第1小屋受付口にて一旦お声掛け下さい。
サイトはさらに約200m登山道の先です。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 八丁坂付近 ドロドロの下はしっかりと凍っています。普段はチェーンスパイクで快適に上がれるこの坂も、この状況ではアイゼンのほうが快適かつ安全でしょう。
  • 五合目から小屋にかけてはこのように氷が剥き出しになっている場所が多く、ミスは許されません。とにかく慎重に!
  • 小屋の直下もこのように雪の下は硬い氷です。
  • 小屋から頂上にかけても雨は降りましたが、トレースを消すほどのものではなかったので、少し雪は硬いとは思いますが登山には問題ないと思っています。
  • 今朝は穏やかな日の出で1日のスタートを迎えました。
  • 2/7 昼前 小屋前の様子
  • 2/6 昼前 小屋前の様子
  • 登山口から笹平の分岐までにちらほら出てくる雪
  • 刃渡り。
  • 五合からの長い梯子。
  • 日の出 今朝の気温はマイナス10℃。
  • 穏やかな快晴 「甲斐駒ブルー」の朝です
甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

連絡先:090-3226-2967  現地連絡先:090-3226-2967
営業期間
通年
関連山域

ユーザーからの甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 青木鉱泉~鳳凰三山
    青木鉱泉
    2017年は5月1日より営業を再開しています。山の様子、登山道の様子については、現地直通番号までお問い合わせください
    17年05月10日(水)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    南御室小屋は11/4で通常営業は終了しました。11月週末と年末年始に営業予定、無人時は冬季小屋が利用可能
    18年11月08日(木)
  • 北沢峠 こもれび山荘~甲斐駒・仙丈ヶ岳
    北沢峠 こもれび山荘
    北沢峠こもれび山荘は、11月3日(土・祝)泊で今シーズンの営業を終了します。甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳とも積雪があります
    18年11月02日(金)
    白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    白根御池小屋は営業を終了いたしました。冬期期間は2階を無料で開放しています
    18年11月09日(金)
  • 南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    北岳山荘は11/3までの営業となります。標高1500m以上で凍結、特に大樺沢上部、中白峰~間ノ岳間が凍結
    18年10月31日(水)

関連のモデルコース

  • 長衛小屋から栗沢山へ登る 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 4時間10分 日帰り
    北沢峠・・・長衛小屋・・・栗沢山・・・仙水峠・・・仙水小屋・・・長衛小屋・・・北沢峠
  • 馬ノ背から藪沢カールを経て仙丈ヶ岳へ 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 6時間50分 1泊2日
    【1日目】北沢峠・・・大平山荘・・・馬の背ヒュッテ【2日目】馬の背ヒュッテ・・・仙丈小屋・・・仙丈ヶ...
  • 南アルプス北端の雄、白砂の頂上
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 7時間 日帰り
    北沢峠バス停・・・双児山・・・駒津峰・・・甲斐駒ヶ岳・・・駒津峰・・・仙水峠・・・北沢峠バス停
  • 甲斐駒ヶ岳 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 7時間10分 1泊2日
    【1日目】北沢峠・・・長衛小屋・・・仙水小屋【2日目】仙水小屋・・・仙水峠・・・駒津峰・・・甲斐駒ヶ...
  • 仙丈ヶ岳 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 7時間25分 日帰り
    北沢峠・・・五合目(大滝ノ頭)・・・小仙丈ヶ岳・・・仙丈ヶ岳・・・仙丈小屋・・・馬の背ヒュッテ・・・...
  • 早川尾根(栗沢山・アサヨ峰) 前夜泊1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 10時間5分 1泊2日
    【1日目】北沢峠・・・長衛小屋・・・仙水小屋・・・仙水峠・・・栗沢山・・・アサヨ峰・・・早川尾根小屋...

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?