甲斐駒ヶ岳 七丈小屋からの現地情報 甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

雪は雨となり重たい積雪へ。2/13は小屋より下が悪いです。前爪アイゼンやピッケル必携

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

▲昨日は厳しいコンディションでしたが、本日はポカポカの春の陽気。(20.02.12 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋)

天気・気温

02/14(金)

周辺状況

2月5日の小屋からの情報です。

■小屋周辺 2/5の状況
先週はこの冬では一番寒く、降雪もなかったので登山道のコンディションは最高で、山頂目指した登山者は寒さで顔を真っ赤にしつつホクホクの笑顔で下山してきた。遅い冬がやってきた感じでした。

ところが2/14朝の気温はプラス3℃。
瞬きする間に冬が通り過ぎた様です。

2/12晩降った雪はこの時期のものとは思えないべちゃべちゃの雪で、朝には雨に変わりました。
降雪は小屋前で10cm弱とたいした事はありませんでしたが、2/13テントで上がって来た登山者は重たい雪で苦労したそうです。

■山梨県における登山計画書の提出が義務化
山梨県では冬の南アルプスを登山する場合は、登山計画書の提出が義務化されました。
登山前に登山計画書の提出と、家族や友人への共有をお願いいたします。

登山道

■黒戸尾根
2/13の状況です。気象条件などで状況は刻々と変化します。

・小屋から下山した登山者情報
五合の梯子。上は凍ってます。
刀利天下はやはり凍結。ここは侮れません。
刃渡りもグズグスで緊張します。
分岐に向かう八丁坂の下りはドロドロ。そして以前の氷が露出しています。
笹平分岐から上は雨混じりの雪だった様で、雪と氷と土のミックス。歩き辛いし不快です。

・小屋から山頂への登山者情報
朝山頂まで行った登山者に聞くと、小屋から上は薄いモナカの雪面が続いているくらいで踏み込むこともなく思いの外ザクザクと歩けたそうです。

上記情報から、現在の核心は小屋までかもしれません。
週明けは一時的に冷え込む予報があり、そうなるとドロドロがカリカリになりそうです。
いずれにしても時間はかかるのが冬の山。余裕を持った出発をお願いします。

装備

3000m級山岳の雪山登山装備が基本
前爪のある12本歯以上のアイゼン、ピッケル等の本格的な冬山装備が必要

注意

■冬の甲斐駒ヶ岳黒戸尾根ツアー
冬の黒戸尾根ツアーの募集 全日程花谷がメインガイド。
https://first-ascent.co.jp/tours/kuroto-winter/?fbclid=IwAR2J5kgCQFOdC3dLT22e6zmhVJVWXr1ka4yLsMLiSygijFY8AITnAKYuaLc

■前夜泊プラン
冬に七丈小屋をご宿泊のお客様限定の、3月29日ご宿泊分までの特別プランとなります。
https://www.kaikoma.info/agrieable

■北杜市のふるさと納税返礼品に登場
北杜市のふるさと納税返礼品として、「弊社ツアーもしくは甲斐駒ヶ岳七丈小屋でのお支払いにご利用いただけるクーポン券」あります。
https://furu-po.com/goods_detail.php?id=477682

その他のお知らせ

■甲斐駒ヶ岳七丈小屋
https://www.kaikoma.info/
予約と問い合わせ 090-3226-2967
※電波不良時や作業中などの場合は、電話に出られないことがあります。
・宿泊は予約制です。

■冬の営業
通常営業しています。
冬の甲斐駒ヶ岳黒戸尾根は、誰もが登れる世界ではありません。
しかし、しっかり経験を積み上げた方には、ぜひ挑戦していただきたいと思っております。
厳しい登山であるからこそ、七丈小屋では少しでもほっこりと過ごしていただけますようご用意しております。

■冬季はお水が一部有料。
お水が必要な方はスタッフにお声掛け下さい。
小屋、テント泊の方は、2Lまで無料。
宿泊以外の方、又は宿泊のお客様でも2L以上は0.5L毎に100円で販売。
お湯は0.5L毎に200円で販売致します。
貴重なお水なので、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 昨日は厳しいコンディションでしたが、本日はポカポカの春の陽気。
  • 甲斐駒ヶ岳から鋸岳
  • 小屋で7時の気温-18.6℃を観測。山頂方面も時折雪煙が舞い、かなり風が吹いていそうです。
  • 小屋周辺の様子 気温が低いので、素手で写真を撮っているとあっという間に感覚が無くなります。
  • 天気は晴れ、7時には気温は-18.6℃。今季寒さの底。
  • 1月28日 早朝ずっしりと重たい雪が20〜30cmほど積もりました。
  • 1月29日 小屋からの眺め
  • 1月29日 小屋周辺
  • 1月29日 小屋周辺
  • 1月29日 小屋周辺
  • 1月29日 小屋周辺
  • 極寒の朝 見事な御来光を烏帽子岩から拝むことができました。
甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

連絡先:090-3226-2967  現地連絡先:090-3226-2967
営業期間
通年
関連山域

ユーザーからの甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 青木鉱泉~鳳凰三山
    青木鉱泉
    2017年は5月1日より営業を再開しています。山の様子、登山道の様子については、現地直通番号までお問い合わせください
    17年05月10日(水)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    南御室小屋は週末のみ営業となっています。登山道は凍結、軽アイゼン以上が必要です
    19年11月20日(水)
  • 北沢峠 こもれび山荘~甲斐駒・仙丈ヶ岳
    北沢峠 こもれび山荘
    北沢峠こもれび山荘は、11月3日(土・祝)泊で今シーズンの営業を終了します。甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳とも積雪があります
    18年11月02日(金)
    白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    白根御池小屋は営業を終了いたしました。冬期期間は2階を無料で開放しています
    19年11月05日(火)
  • 南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    北岳山荘は11/4に営業を終了しました。登山道には積雪があり、冬山装備は必須となっています
    19年11月06日(水)

関連のモデルコース

  • 南アルプス北端の雄、白砂の頂上
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 7時間 日帰り
    北沢峠バス停・・・双児山・・・駒津峰・・・甲斐駒ヶ岳・・・駒津峰・・・仙水峠・・・北沢峠バス停

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?