甲斐駒ヶ岳 七丈小屋からの現地情報 甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

黒戸尾根は仮復旧。小屋から上は前爪のある10本歯以上のアイゼン、ピッケル等の冬山装備が必要

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

▲七丈から上は完全な雪山でした (19.12.01 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋)

天気・気温

12/06(金)

周辺状況

12/2 明け方から雪が降り始め、小屋の周りにも雪が積もりました。
朝9時の気温は0℃と、この時期のこの場所にしては暖かい位なので、湿った雪が断続的に降り続きました。
小屋前で積雪は2〜3cm程になりました。

小屋から上に行かれる場合は、前爪のある10本歯以上のアイゼン、ピッケル等の冬山装備が必要な時期になりました。

小屋の屋根の下は、不意に積もった雪が落ちて来ることがあります。
出発準備や休憩時には、屋根の下は避けて、小屋の前を通過する時も、頭上に充分気を付けて通過するようにして下さい。

■七丈小屋への営業について
台風による黒戸尾根登山道の通行止めで一時営業を休止しておりましたが
仮復旧に合わせて、七丈小屋も11月23日土曜日より仮営業を開始しております。

仮営業期間中は、規模を縮小させた営業となります。
下記にご注意ください。
・宿泊は「完全予約制」 定員を15名
・冬期営業となりますので、通常のご宿泊料金に加え、暖房費を800円必要。
・テント場 利用可。

※五合目手前から雪がありますので、雪山経験者だけに許された世界となっております。
雪山の経験がない方は、恐れ入りますが来シーズンまでお待ち下さい。

※12月中に登山道の完全復旧を予定しており、七丈小屋も本営業を再開させたいと思います。

■気象
11/22 甲斐駒ヶ岳 初冠雪

■登山届の提出を
山梨県も今週末から南アルプスエリアなど一部山域での登山で、計画書の提出が義務となります。
黒戸尾根を登山する際には必ず計画書の提出と仲間や家族との共有をお願いします。

登山道

■黒戸尾根
台風の影響で通行止めとなっていましが、「仮復旧」しました。
ただし仮復旧の状態ですので、不安がある方は本復旧までお待ち下さい。

五合目から上部は凍結箇所が多くなってきました。
チェーンスパイクなどの滑り止めが必ず必要です。
また小屋から上部にかけては完全な雪山のコンディションとなっております。

天候によりコンディションは大きく変わります。
難しいコンディションとなっておりますので、登山される場合は十分に注意してください。
なお、登山道の完全復旧は12月上旬となるかと思います。

装備

3000m級山岳の雪山登山装備が基本
小屋から上は前爪のある10本歯以上のアイゼン、ピッケル等の冬山装備が必要

注意

■お知らせ
11月1日より北杜市のふるさと納税返礼品として、「弊社ツアーもしくは甲斐駒ヶ岳七丈小屋でのお支払いにご利用いただけるクーポン券」が掲載されました!
寄付額1万円、2万円、3万円で設定させていただいております。ご確認ください!(リンクは3万円)
https://furu-po.com/goods_detail.php?id=477682

■冬の甲斐駒ヶ岳黒戸尾根ツアー
冬の黒戸尾根ツアーの募集開始
12月より各月2回づつの開催とさせていただきます。
全日程花谷がメインガイドを務めさせていただきます。
皆様ぜひご一緒しましょう!
https://first-ascent.co.jp/tours/kuroto-winter/?fbclid=IwAR2J5kgCQFOdC3dLT22e6zmhVJVWXr1ka4yLsMLiSygijFY8AITnAKYuaLc

その他のお知らせ

■甲斐駒ヶ岳七丈小屋
https://www.kaikoma.info/
予約と問い合わせ 090-3226-2967
※電波不良時や作業中などの場合は、電話に出られないことがあります。
・宿泊は予約制です。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 七丈から上は完全な雪山でした 
  • ちょうど小屋の標高付近が雪線でした。
  • 八合目付近 吹き溜まりには膝ぐらいまでの積雪
  • 山頂付近の様子
  • テント場の様子
  • 10/22初冠雪した甲斐駒ヶ岳 仙丈ヶ岳も美しい姿。
  • 黒戸尾根は五合目のハシゴ下で登山道が大きく崩落し、非常に危険な状況です。今後登山予定の方は黒戸尾根の通行を控えていただき、計画の見合わせをお願いいたします。
  • 昨夜の雨が急に上がり、厚い雲が流れていきます。小屋周辺は紅葉を迎えました。
  • 暖かい日が続いた9月の影響で遅れていた紅葉ですが、いよいよ始まりました。
  • 素晴らしい日の出(現在5:40頃)八ヶ岳のシルエットがきれいです。
  • ナナカマドも、所々色づき始めましたが、紅葉はまだ先です。
  • 八合目から上が少し黄色くなってきました。こんな感じで色がついてまーす!
甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

連絡先:090-3226-2967  現地連絡先:090-3226-2967
営業期間
通年
関連山域

ユーザーからの甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 青木鉱泉~鳳凰三山
    青木鉱泉
    2017年は5月1日より営業を再開しています。山の様子、登山道の様子については、現地直通番号までお問い合わせください
    17年05月10日(水)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    南御室小屋は週末のみ営業となっています。登山道は凍結、軽アイゼン以上が必要です
    19年11月20日(水)
  • 北沢峠 こもれび山荘~甲斐駒・仙丈ヶ岳
    北沢峠 こもれび山荘
    北沢峠こもれび山荘は、11月3日(土・祝)泊で今シーズンの営業を終了します。甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳とも積雪があります
    18年11月02日(金)
    白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    白根御池小屋は営業を終了いたしました。冬期期間は2階を無料で開放しています
    19年11月05日(火)
  • 南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    北岳山荘は11/4に営業を終了しました。登山道には積雪があり、冬山装備は必須となっています
    19年11月06日(水)

関連のモデルコース

  • 南アルプス北端の雄、白砂の頂上
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 7時間 日帰り
    北沢峠バス停・・・双児山・・・駒津峰・・・甲斐駒ヶ岳・・・駒津峰・・・仙水峠・・・北沢峠バス停

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?