ブナ太郎 さん

プロフィール

ブナ太郎
60代
男性
宮城県
10年以上
1月に1回程度 (年に15回程度)

日帰り登山

カメラ撮影

自然観察

東北

那須・日光・尾瀬

上信越

飯豊連峰、朝日連峰
2006年8月に山歩きを始め、それから十数年が経ちました。最初に登ったのは標高321mの太白山でした。鎖場や急登もあって、結構大変な山だと感じたことを覚えています。この年には20近い低山を歩きましたが、まさか県外まで足を伸ばして、標高2000mを越える山々を歩くようになるとは思ってもいませんでした。今は、単独、日帰りで、東北の山々を中心に歩いています。特に好きな山域は、朝日連峰、飯豊連峰ですが、ここ数年は上信越の山々にも遠征するようになり、夏に数泊して登るのが楽しみとなっています。

ブナ太郎 さんの登山記録

登山履歴書

概算山行距離 1,407.4km (平均12.5km)
概算標高差

登り:126,887m (平均1,122.9m)

下り:127,400m (平均1,127.4m)

山に行った回数 113回
コースタイム

標準:9,294分

自己:7,863分

コースタイム倍率 0.85

名山スタンプラリー

日本百名山 達成数 18 / 100
花の百名山 達成数 24 / 97
日本二百名山 達成数 9 / 100
日本三百名山 達成数 4 / 101

※達成数の更新はスタンプラリーごとに1日1回までとなります。

ブナ太郎 さんの山道具

参考になった数ベスト5

参考になったポイント カテゴリー タイトル ポイント
1位 登山記録 不忘山・屏風岳・南屏風岳・水引入道2017 10
2位 登山記録 飯豊本山(小白布沢)2017 7
3位 登山記録 大朝日岳(ヒメサユリ咲く稜線を歩く)2020 6
4位 登山記録 岩手山(焼走りコース/コマクサ満開)2019 6
5位 登山記録 七ツ森2017 6
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。