登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
新幹線で栗駒山日帰り(中央コース→須川コース) 栗駒山(須川岳)(東北)
img

記録したユーザー

まさ10 さん
  • 日程

    2017年10月2日(月)

  • 利用した登山口

    いわかがみ平   須川温泉  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:くりこま高原駅からミヤコーバスの臨時バス「紅葉号」を利用。月曜だったが2台運行された。須川温泉―一ノ関駅は路線バス1台のため満席になり1時間20分後に一便増発するということだった。

  • 天候

    曇り
    [2017年10月02日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

いわかがみ平(10:20)・・・栗駒山(須川岳)(11:26)・・・須川分岐(11:41)・・・展望岩頭(11:50)[休憩 18分]・・・須川分岐(12:20)・・・昭和湖(12:51)[休憩 9分]・・・名残ヶ原(13:23)・・・須川温泉(13:40)

総距離 約7.5km 累積標高差 上り:約600m
下り:約603m
コースタイム 標準:3時間15分
自己:2時間53分
コースタイム倍率 0.89
この日の栗駒山は臨時バスが運行されていて、それに乗れば新幹線を使って、いわかがみ平から須川温泉へ日帰りできると気が付いた。
くりこま高原駅で下車すると20名ほどがバスを待っていた。バスは2台出て、いわかがみ平まで1時間余り乗車。
曇りの月曜日でも、いわかがみ平の駐車場は満車で、車で来た人は臨時駐車場に誘導されている。登山口で入山届を記入し中央コースで出発する。登山口周辺から紅葉が始まっている。
中央コースの整備された登山道で頂上を目指す。すでに下山してくる方も多い。途中で振り返ると紅葉がきれいだ。
登るに従い葉の落ちた木々が多くなる、上部の紅葉は数日前が見頃だったようだ。
歩きやすい道だったので1時間ほどで山頂に到着。たくさんの人が休憩したり記念写真を撮ったりしていた。
須川温泉方面に向かい稜線を天狗平から展望岩頭方面へ。秋田県側の須川湖や岩手県側の昭和湖などを眺めながら昼食休憩をとる。
天狗平に戻り須川温泉に向かう。こちらは水の流れるぬかるんだ登山道。
下るにつれて紅葉が現れ、昭和湖が近づくと赤や黄の広葉樹が目についてくる。昼過ぎだが、続々と登ってくる方とすれ違う。
昭和湖から地獄谷にかけての斜面が紅葉のピークのようで、写真を撮っている方がたくさんいた。
名残ヶ原の草紅葉を過ぎてしばらく歩くと須川温泉に到着する。
バス待ちの間に須川温泉の露天風呂へ。それほど混んでいなかったのでゆっくりと入浴することが出来た。
須川温泉からのバスは1台で、今日は私のように、いわかがみ平から入山した方も多かったため、満席になり、数人が乗れなかった。(1時間半後に増便が来るようだった。)

登山中の画像
登山画像
臨時バス「紅葉号」で出発
登山画像
いわかがみ平の登山口
登山画像
登山道沿いの紅葉
登山画像
紅葉越しの栗駒山稜線
登山画像
山頂を望む
登山画像
山腹にまだ残る紅葉
登山画像
平日でも賑やかな山頂
登山画像
天狗平
登山画像
須川湖方面
登山画像
昭和湖方面
登山画像
ドウダンツツジ
登山画像
紅葉がまだ見頃
登山画像
昭和湖
登山画像
湖畔の紅葉
登山画像
色づく斜面
登山画像
名残ヶ原
登山画像
須川温泉に到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、非常食、行動食、トレッキングポール
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

まさ10 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月4日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!