登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
人形仙~霧ヶ峰縦走敗退登山 人形仙・霧ヶ峰(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2017年12月2日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ルート179号を羽出から県道116号で泉源の県立森林公園へ向かう。
    公園管理棟横の林道を人形峠へ向かって登り、2㎞地点の林道最高所に自転車をデポ
    さらに約3㎞下ると人形仙の登山口がある。路側帯に3.4台駐車可。森林公園駐車場のWC

  • 天候

    晴 3℃
    [2017年12月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

8:20⇒40㎞⇒9:20人形仙登山口Ⓟ9:30→9:45母子地蔵→9:53分岐→10:30人形仙→
13:15 1,046mピーク→14:20撤退地点→14:30作業道出合→15:13林道出合→
15:35自転車デポ地⇒16:00登山口Ⓟ16:20⇒17:20津山着

↑531m ↓551m 9・0㎞(内自転車3㎞) 6,298歩? 6:30分
パワースポット人形仙の母子地蔵尊を訪ねます。その後人形仙から霧ヶ峰へ縦走する計画です。
標高950m付近。ここに自転車をデポ。その後3㎞程林道を下り、人形仙の登山口へ、駐車施設はないので路側に止め9時半前に出発です。明るい登山道を県境に向け登って行くと、10分ほどで湿原の分岐に着きます。分岐から右手の丘に向かって5分ほど登ると、母子地蔵が祭ってある高下に着きます。

子を抱く母子地蔵は、1808年に親子を供養して建てられたようで、その由来は興味深い。
お顔が優しく、子を抱く姿がなんとも慈しみ深いお地蔵様です。林道登山口から15分ほどの行程です。林道を通るときには、ぜひ寄ってみてください。一見の価値があります(^O^)/

お参りをして引き返し、先ほどの分岐から尾根に取り付く。登るにつれて視界が広がり、上斎の山が一望できます。登り切ったところが人形仙の肩、ここから稜線を巻くように登り山頂到着です。歩き始めて1時間の登山でした。

3等三角点「人形仙」1003.8mがある山頂は、切り開かれた広場になっているが、眺望は無い。今日はここからが核心部・・・( `ー´)ノ

稜線に沿って藪に突入していく。最初の内は藪の薄いところでコースを見定めながら進んでいくが、だんだん藪が深く視界がなくなる。最初の目標1046mピークに向け進む。13時20分やっとのことで最初の目標地点付近に到達。標高点があるが身動き出来ない体勢で、探せない。藪漕ぎ始めてすでに3時間近くを要している。縦走路の中間地点手前でこの時間。遭難がちらっとよぎる。

同じ状態が続けば明るいうちに縦走出来そうにないない。心配しても状況は変わらない。前に進むよりしょうがない。さらに1時間。進んだ距離は200m程・・・(*_*)!!縦走中間地点の鞍部。3m近い根曲竹ジャングルの真っ只中。

この1時間はまさに藪との闘い。竹の上や間を這いつくばって進んできた。足を踏み抜くと網目のような竹に絡まれ抜き差し出来ず、1歩進むのに難儀する状態が続いている。14時過ぎ藪の中で休憩、どうするか思案。

まだお昼も食べてないので、ゆで卵と、非常食のクラッカーを食べる。今日は昼過ぎには下山予定。お昼は車に積んだまま・・・(._.)

15時までに目途がつかないと明るい内に下山できない。頑張って進んでみるか、ここから林道へ向け下るかだ。先はあと1㎞程。1時間進んでも同じ状態ならとても着かないだろう。体力も消耗している、ここから下りに向かうことにする。

下り始めてすぐ沢筋へ出た。急な斜面だが何とか降りられそう。沢を下ると下に作業道が見えた。植林が稜線近くまで伸びて、作業道が続いていた。下り始めて10分ほどで植林帯へ逃れたので安心した。

植林帯を下り、下の林道へ15時過ぎに降り立った。撤退を決めてほぼ1時間でした。
後は林道を自転車デポ地点へ1㎞程登り、自転車で再び下って駐車地へ16時に帰着した。

あのまま稜線を進んで体力を消耗し、暗くなれば遭難も現実味がある。恐ろし~(>_<)・・・
藪漕ぎ。甘く見積もると跳ね返されます。厳しい教訓を戴きました。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

反省: 藪漕ぎは状況によっては1時間・200m程しか進めない。
     現地で早めに判断。予定に拘らず状況次第で早期撤退も視野に入れる。
     エスケープルートを考えて置く。
     裁ちバサミは強力なものを用意する。
     カメラや、ぶら下げているものはバックパックへ仕舞う・・・等

今回はレンズキャップを紛失高い授業料がかかりました・・・(×_×)
縦走した記録もあるコースですが、管理人には厳しすぎた。今日もお山で遊べ、満足な1日になりました・・・\(^o^)/

 詳しい記録は、ブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.jp/2017/12/2017.html

登山中の画像
登山画像
林道路側へ駐車
登山画像
林道沿いの登山口
登山画像
陽の当たる登山道
登山画像
今朝の降雪
登山画像
人形仙の肩が見える
登山画像
丘の上に地蔵様が見えた
登山画像
母子地蔵へ到着
登山画像
丘の上から人形仙の肩
登山画像
肩から三国山方向
登山画像
花知ヶ仙~泉山
登山画像
湯岳方向
登山画像
地蔵様を俯瞰
登山画像
山頂方向
登山画像
人形仙山頂
登山画像
薄い藪
登山画像
少し濃い藪
登山画像
前を竹が覆うジャングル
登山画像
植林帯へエスケープ
登山画像
林道出合い
登山画像
林道から花知ヶ仙
登山画像
森林公園へ2㎞地点の標識に自転車デポ
登山画像
未踏峰のまま残った霧ヶ峰付近
登山画像
何とか無事撤収
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年6月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!