登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
秘剣かえる返し 小次郎ゆかりの権現山周遊 権現山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年12月2日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:越前市水間町へ。「柳の滝」を目指す。分かり辛い場合は、小次郎公園を目印にするとよい。公園付近まで来ると「柳の滝」の看板もちらほら。部落を通り抜ける細い道を通って「柳の滝」を目指す。駐車場は5、6台程度。トイレあり。

  • 天候

    晴れ
    [2017年12月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口駐車場(15:01)・・・裏参道(滝めぐりコース)・・・不動滝(15:04)・・お釜滝(15:10)・・・布滝(15:15)・・・窓滝(15:29)・・・こもり穴(15:38)・・・夫婦滝(15:45)・・・松ヶ嶽神社の大モミ(15:56)・・・権現山頂上(16:00)・・・表参道・・・大杉(16:13)・・・登山口駐車場(16:27)

自称急登ハンターを始め、自称◯◯の呼び名を幾つか持っているが、今日は自称滝ハンターとして、福井県内では池田町の龍双ケ滝に並び大好きな滝スポットと、それにちなんだお勧めの山コースを紹介します。
一路、車を目的地の今立町(今は越前市に統合)は権現山(ごんげんさん)へ。実は、今立町は、剣豪として有名な佐々木小次郎の生誕地と言われており、権現山はその佐々木小次郎が幼少のころから剣の修行を行った場所とされています。ちなみに、自分の第二の故郷と呼ぶべき岡山(正確には岡山の作東)は、宮本武蔵の生誕地とされていることから、なんとなく佐々木小次郎と宮本武蔵には個人的に縁があると勝手に思い込んでいます。笑。
脱線したので話をもとに戻すと、権現山にはツバメ返しの伝説にゆかりのある「柳の五滝」と呼ばれる五つの滝があります。それぞれ特徴的な装いをしていて、一つひとつの滝がとても見応えがあります。登山をしながらこれだけの滝を愛でることが出来るのは、とても嬉しいことです(近くでは滋賀の八淵の滝めぐりとか、秘境とよばれる大杉谷渓谷とか大好きな場所は幾つかありますが)。
また、お勧めの理由は、滝だけではありません。そもそも権現山は、大宝元年(701年)泰澄大師によって開山されたと伝えられる信仰の山で、山頂には松ヶ嶽神社(まつがたけじんじゃ)が鎮座していて、途中にある松ケ嶽神社の大モミや下山途中の名前はないもののこれまた趣のある大きな樹があったり、また平家の落武者が隠れていたとされる大きな岩があったりと、標高565mの低い山ながらパワースポット&見どころ満載の超お勧めの山なのです。
ただ、登山と呼ぶにはあまりにも短い距離なので、今日は恒例のミッションを設定することにしました。実は山頂の松ヶ嶽神社には半鐘が設置されていて、登山者が自由に鳴らすことができるようになっています。この半鐘がそれはそれは美しい音色なのです。この音色を夕暮れの里に届けたい!これが今日のミッション。
と言うことでスタートは15時ちょうど。ひっそりと静まり返った駐車場。こんな時間に登る人は当然ながら誰もいません。秋というかすでに季節は冬。よって、陽はつるべ落とし以上の速さになります。今日の日の入りは16時46分となっているので、あんまりゆっくりはしていられません。
駐車場わきにある「柳の滝登り口」から遊歩道のような整備された道を進みます。登山道は一通で周遊するようになっていて、滝を巡りながら登るコースとなっています(でもなぜか裏参道と呼ばれています)。
僅か数分で最初の滝「不動滝」に着きます。滝の横に祀られている不動明王に由来するとか。脇には泰澄大師の石像もあって、これだけでも十分趣のある滝です。梯子状の階段を昇ると上の方から滝を眺めることが出来ます。
さらに進むと「お釜滝」が見えてきます。看板によると高さ11mの滝で、落差によって下の岩が2m程えぐられて滝つぼになっているとか。その形がお釜のようになっているというのが名前の由来とか。残念ながら穴の形状は確認できませんでした。
紅葉もすでに終わりがけ。イチョウの葉が落ちて黄色くなった道を進むと、個人的に一番お気に入りの滝「布滝」が見えてきます。柳の滝の中で一番大きな滝で、高さ36m。大きな岩肌を滑るように白く流れ落ちていく滝。まるで白い布を垂らしたような様子から名付けられたとか。垂直ではなく、斜めに流れ落ちている様も個人的にはお気に入りの理由の一つです。
徐々に、遊歩道も登山道っぽくなってきます。さらに進むと次の滝「窓滝」が目に入ってきます。Vの字になった谷間から白糸のように滝が流れ落ちています。両脇が紅葉していてそのコントラストが素晴らしい。「窓滝」のビューポイントを少し過ぎたところに「こもり穴」という見学スポットがあります。いったん、滝から流れ出ている沢を渡り、濡れた岩場を少し登らなければいけないので少し大変(鎖あり)ですが、そこには大きな口を開けたような岩壁がどーんと現れます。なんでもかつて平家の落武者がこの穴に隠れていたとか。もっとも、隠れ住むには奥行きは狭く、せいぜい落ち武者の雨宿りではないか!?と一人突っ込みを入れたくなります。
滑らないように元の道に戻り、先に進みます。五つ目、最後の滝は「夫婦滝」です。あまり大きくはないが、名前の由来の通り二条に分かれて落ちる滝が見どころですね。
もう滝は終わりか!と嘆くことなかれ。少し登ると、異様なほど存在感のある大木が
目に入ってきます。越前市の天然記念物に指定されている松ヶ嶽神社の大モミです。正直、これだけも一見の価値はあると思います。しかも単なる大木ではなく、幹には多数の大きなこぶがあり、こんな樹があるもんだなぁと、目の前に立つだけで樹の内からなるパワーを感じます。ペタペタと触ってご利益を得ます。
ここまで来ると山頂もあっという間。山頂には松ヶ嶽神社(まつがたけじんじゃ)があります。そしてその近くに、今日の目的である半鐘がぽつんと設置されています。計ったように空は赤く染まってよい感じ。木槌を大きく振りかぶって、勢いよく半鐘を叩く。「ごーん」というよりはもう少し甲高い音。でも、安っぽい音ではなく、とても凛として澄み渡った音が夕暮れの山々に余韻を残しながら長く響いていく。ちょうど4時だったので、4回鳴らしてみる。里にまで届いてくれたでしょうか。
本当であれば山頂から隣のピークに向かう途中に展望台があるのでそこまで足を延ばしたいところですが、さすがに太陽が遠くの山に沈みかけてきたので、大人しく下山することにします。下山側の道は狭く、急な九折の道が続きます。結構な急斜面もあり、とこどころ滑りやすく注意が必要です。
もうだいぶ降ったところで、最後の見どころが目に入ります。どうやったらこんな風に樹が育つんだろうと不思議に思える大杉がどどんと。なぜこれに名前がついていないのか?それも不思議です。松ヶ嶽神社の大モミと同じく、ペタペタ触ってご利益を得えます。
降り切った駐車場は既に薄暗く、でも安全なうちに登山を終えることができました。
降りの滑りそうな急登さえ注意すれば、散歩気分で気軽に登山とこれだけ多くのパワースポットが楽しめる山はそうないので、興味のある方はぜひ訪れてみてください。

登山中の画像
登山画像
駐車場です。
登山画像
権現山のコース。滝巡りが楽しみ。
登山画像
ここから裏参道が始まります。遊歩道ですよね。
登山画像
これが不動滝。
登山画像
今年は紅葉も赤くなる前に落ちている感じですね。
登山画像
お釜滝。水量がすごい。
登山画像
銀杏の絨毯を歩きながら。秋ももう終わりですね。
登山画像
これが一番好きな布滝。紅葉していると最高です…
登山画像
遠くに谷を割るように窓滝が見えます。
登山画像
ほんとに落ち武者がいたのかあ???こもり穴。…
登山画像
夫婦滝。ちょっと写真がぶれてしまいました。
登山画像
松ヶ嶽神社の大モミ。これが見ごたえあるんです…
登山画像
山頂にやってきました。佐々木小次郎の看板が可…
登山画像
松ヶ嶽神社です。お参りをしてからミッションを。
登山画像
これがミッションの半鐘。木槌で思いっきり鳴ら…
登山画像
夕暮れの山間に音が響いていきます。
登山画像
降る途中の大杉。なんだろ、この木。どうやった…
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    ギョゲ~ だからパワーがついているのですね。

  • Yamakaeru さん
    パワースポイドです。違った。パワースポットの山。

登った山

類似するモデルコース

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年5月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!