登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
落差270m!?四国最大の滝と芸能人も絶賛の神秘のにこ淵 程野滝(中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2017年11月26日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:いの町清水上分の国道194号で「グリーンパークほどの」の標識を見てそちらに折れる。
    にこ淵下り口を経て農道程野線に左折、その終点に駐車。但し駐車場は2台分のみ。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

登山口10:40・・・西滝方面と権現滝方面との分岐10:56・・・大樽の滝上流の滝で休止11:40頃~11:52・・・崖上の道を探索後、大樽の滝上の分岐に戻る12:26・・・西滝方面と権現滝方面との分岐12:48・・・西滝展望所で休止12:54頃~13:17・・・西滝13:27頃・・・戸中越峠道沿いの滝14:02~14:42・・・東滝への道に戻る15:01・・・休止後、荒神前15:24・・・休止後、東滝16:15・・・登山口17:05

いの町の旧吾北村に「吾北のナイアガラ」と呼ばれる、東西4キロに亘る清水構造帯の大断崖に懸かる4本の滝がある。程野滝と総称されているが、自治体は正確な滝の落差を計測していない。が、明治初期の古記録「皆山集」に収録されている「瀑布調方之事」では、程野滝最大の滝、西滝について「高さ九十丈許」と記している。これは落差約270mのことであり、これが本当だとすれば、石鎚山系の高瀑の「落差132m」を抜いて四国一の滝となる。

270mというのはやや大袈裟だとしても目測でも最低150~200mはあるので、常時一定水量のある滝としては、四国最大の滝であることに間違いない。「常時一定水量のある滝として」と断ったのは、豪雨が連日続くと200数十m以上の落差になる滝が愛媛や高知に出現するからである。
4本の滝は’90年代、回遊路が整備されていたようだが、現在、断崖上の道は廃れているため、部分的な回遊しかできない。

西滝登山口へ向かう途中の町道沿いに「にこ淵」がある。この淵は滝を擁す淵で2015年、テレビ番組「沸騰ワード10」で紹介されて以降、観光客が爆発的に増え、市井紗耶香や市原隼人等の芸能人も訪れる等し、その水のエメラルドグリーンを絶賛した。但し、最も水の色が鮮やかなになるのは昼前後のため、遠方から訪れる方は近くの「グリーパークほどの」に宿泊する等すれば良い。程野滝を探勝した翌日、程野滝東方のハイキングコースや沢歩きコースをトレッキングするか、戸中越から戸中山に登る等した後、にこ淵を鑑賞すれば良い。

[コース]
農道程野線終点から西滝の道標の建つ登山道を上がり、支尾根を登って道標の建つ横道に出ると、まず権現滝から大樽の滝上流の滝を往復する。権現滝が4本の滝の中では一番規模が小さいが、それでも落差は数十メートルある。上部に出っ張った岩があり、そこで瀑布は二条になって落下するが、下部は簾のようになっている。
大樽の滝は遠方から望むと迫力があるが、絶壁に懸かっているため、登山道はなく、整備された登山道は大樽の滝上流の落差数メートルの小さな滝に出る。そこから川床を歩いて大樽の滝の天辺に行けるが、あまり近づき過ぎると足を滑らせ、転落死する。

大樽の滝分岐道標の建つ横道まで引き返した後、廃れた崖上の横道を探ってみたが、判然としない。
往路の横道起点まで引き返すと、西滝へと向けて歩く。西滝展望所からは西滝の全貌が望めて絶景。
登山道は西滝の瀑布の途中を渡渉しており、そこからは滝の一部を仰ぐことができる。滝下部には虹が懸かり、フォトジェニック。

横道を更に進むと「西滝の上」という道標があったので登ったが、植林帯の踏み跡は途中から這い上がるほどの超急登になり、いつまで経っても滝の上には出ない。その内、小さな滝が懸かるかなり上流に来てしまった。帰宅後、過去の写真アルバムを見返すと、この滝は21年ほど前、戸中山に登った際、戸中越の峠道沿いにあった滝だった。後日、観光協会に確認すると、「西滝の上」の道標は今後撤去予定で、滝の上に出る道も廃れているということだった。

横道に戻って東滝へと向かうが、予想に反して上り続きで、さきほどの戸中越の峠道を往復したことで疲労が蓄積され、かなりしんどい。
案内板はないが、「東滝展望所」と呼んでもいい位、東滝の全景を望める場所もある。この滝は西滝に次ぐ規模を誇るが、落差は最低、70mはありそうである。「トトロ滝」という別称もある。こちらは滝壺近くまで下りることができ、見上げると豪快で、探訪地点からの景観としては西滝をはるかに上回る。

登山道に戻ると下って行き、道標の建つ分岐まで来ると、西滝の方に右折する。最初は竹の倒木があり、道が荒れている。この道も上り。
前方左が明るくなってくるとそこに下りる。そこは駐車場のやや手前の農道の急カーブ部だったが、農道には道標が出ていなかった。

にこ淵も案内板が建っているから場所は分かり易い。探訪した日はグリーンパークでイベントがあり、にこ淵の下り口には警備員が立ち、土砂崩れがあったから、と立入禁止措置を取っていた。そこで当方はその入口の谷を挟んだ北側から踏み跡を下り、昔はにこ淵への探勝路に繋がっていた横道に出て、その谷へと向かった。すぐ下方にはにこ淵へ落下する滝が見えている。しかし谷から下流は廃道となっていたため、木々に掴まりながら淵に転落しないよう、気をつけ、崖の斜面をヤブ漕ぎして行き、にこ淵探勝路へと出た。が、土砂崩れは既に撤去されていた。

淵の水の色は確かに鮮やかだが、四国ではそんなに珍しいとは思わない。ネットで見る限りでは、沸騰ワード10で紹介された時、水の色は紺碧色だったようで、時間帯によっては日光の当たり具合により、特殊な色になるのかも知れない。
尚、淵には蛇神が住まうと言われており、入水、畔での飲食、トイレは禁止されている。去年か一昨年、畔でバーベキューを行ったグループが不可解な事故に遭ったという。

登山中の画像
登山画像
国道から遠望する程野滝が懸かる断崖
登山画像
権現滝全景
登山画像
権現滝上部
登山画像
大樽の滝上流の滝
登山画像
大樽の滝天辺
登山画像
西滝展望所より
登山画像
虹の架かる西滝
登山画像
東滝展望地より
登山画像
東滝
登山画像
にこ淵上部の崖より
登山画像
畔の岩に立ってにこ淵を見る
登山画像
にこ淵
登山画像
にこ淵水面
登山画像
にこ淵下流側
登山画像
にこ淵の滝
登山画像
送電鉄塔より望む大樽の滝。この鉄塔の建つ送電…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、虫除け・防虫薬品類、行動食、トレッキングポール
この山行で使った山道具
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...