登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
秀麗な雪化粧のマイナー峰「松葉川富士」 枝折山、国ノ木前山[四万十町](中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2018年2月3日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:高知自動車道四万十町東ICを降り、国道56号、県道323号を経由して県道19号を北上。
    壱斗俵地区に入って最初に四万十川を渡る橋、四万十源流大橋に左折し、突き当たりの道路が直角に左に曲がる、その角の路肩に駐車。トイレは手前の源流大橋西袂にあり。
    最寄りのバス停は「米奥小前」。

  • 天候

    晴れ時々あられ
    [2018年02月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口12:51・・・国ノ木前山14:07・・・枝折山14:47~15:11・・・林道16:21・・・登山口16:50

四万十町の旧窪川町域の東部、東又地区から遠望すると富士山型に見えるという松葉川地区(旧地区名)の国有林内の山、枝折山(シオリザン・806m)は、別称[松葉川富士]と呼ばれている。正式山名の由来は、一昔前まで山上に旅人の安全を見守る「枝折様」という祠があったため。

旅の安全を見守る必要があるほど、この山は交通の要衝にあった。現在の地形図にも山の西と東のそれぞれのピークに複数の破線が上がってきているが、昔はこの倍ほどの道があり、多くの人々が行き交っていた。
それだけに現在でも、展望の悪いマイナー峰でありながら、国ノ木前山(658.4m)経由の直通コースはヤブ一つなく、森林管理署(と思われる)がピンクのマーキングテープを山頂まで付けており、国ノ木前山の起点さえ間違わなければ、容易く登頂できる。

過去、一度も市販の登山ガイドブックに紹介されたことのないマイナー山に森林管理署がコースサインテープを付け、間違いやすい分岐に通せんぼテープまで付けているのがやや疑問だが、これは2010年初夏、枝折山西方の国有林内の一等三角点峰「城戸木森(908.4m)」で起きた遭難事故が影響しているのかも知れない。

城戸木森も枝折山と同様、展望が悪いマイナー峰で、市販本では拙著でしか紹介していないのだが、自然林が多いため、道標は完備されていた。しかし拙著の読者の一人が帰路、分岐で道を間違え、遭難したのである。関東や関西の都会の山とは違い、田舎の山の道標は往路に於いてのものしかないケースが多いため、帰路、道標を見落とすケースが少なくない。だから枝折山では道標がない代わりにテープを山頂まで付けているのかも知れない。

枝折山の植生は前述で触れたように植林が多いものの、真っ直ぐきれいに立ち並ぶ箇所やシダが下草となっている箇所、切通しのような箇所、雑木と混じっている箇所等あるため、さほど殺風景ではない。更に今の時期は国ノ木前山から先は積雪になっているため、雪景色も楽しめる。
展望は復路に待っている。復路も地形図に記載されているものの、国有林と民有林との境界から下は未整備で道も踏み跡程度。しかし二ヶ所、180度近い展望が広がる場所があり、一服の清涼剤となる。

登山時の注意点としては、僅か標高800m超の山でありながら、今の時期は登山口と山頂周辺との気温差が極端に大きい、ということ。登山口ではいい陽気だからと薄手のアウターやグローブで登ると山頂では凍えてしまう。当方は翌日になっても悪寒が治らなかった。

[コース]
地形図上での登山口は尾根の突端になっているため、墓地への階段を上って尾根に出て、そのまま尾根上を歩いて行ったが、数分以内に本来の登山道に出た。どうやら本来の登山口は尾根南側の民家沿いにある模様。しかし駐車場所からは遠回りになる。

地形図を見る限りではコースは急登が予想されたが、傾斜的には地形図で見るより緩く、勾配がきつくなる箇所は急カーブを描いて上がっており、かつての往還だけあり、登り易くなっている。
地形図の破線は国ノ木前山を通っていないが、国ノ木前山から東に伸びる尾根が登山道に最も接近する辺りで、前山の尾根に乗る。分岐にテープがあったかどうかは覚えていないが、右手上の樹林帯を見るとテープが見え隠れしている。前山の尾根は雑木が多いが、流石に勾配はきつくなる。

前山の山頂には猪のヌタ場があり、その横に三角点がある。
復路コースとの合流点から山頂までは地形図で見るよりも長く感じられる。地形図上の合流点は780mピークの北西部だが、現在のコースはそのピークが合流地になっていたような記憶がある(記憶違いかも)。

ほどなく作業車道をかすめた後、車道を横断して行く。この車道は幅員が狭いため、一般車両の通行は禁止されていることだろう。
雪もちらほら降っている。

枝折山山頂は北側に隙間程度の展望があるが、これは木材の切り出しの架線跡だろう。そこから吹き込む風に身体は凍える。
復路は方角を確認しないと別ルートを下る恐れがある。780mピークから少し南東に下った所に「境一九二」という国有林と民有林との「境界目出し標」が建っていたと思うが、ここで身体の向きのまま進むと南へ下ってしまう。そこでは左手の樹林の中を確認し、東方向へと下る道に建つ境界目出し標を探す。このコースが地形図の破線道である。コースは最初、去年12月に投稿した土佐清水市の九輪森の復路に近いほどの超急勾配で、転倒すると何十メートルも滑落しそう。

標高600m前後で境界道は破線コースから分かれる。境界道の方がしっかりしているように見えるかも知れないが、辿らない方が良い。それはそのルートは一旦桑の木谷に下りた後、再び対岸の尾根を上がり、往路へと出るからである。

境界道と分かれた破線コースは未整備の踏み跡となり、所々不明瞭になる。赤テープがたまに現れるが、尾根幅が広がる箇所はルートファインディングを慎重に。読図が苦手な方はこの復路を往路に利用し、ここで説明した往路を復路に利用すると良い。

最初の展望地は北側に開け、往路の国ノ木前山周辺から北東方向に展望が広がっている。
次の展望地は南側に開け、真正面の椎尾山から下る尾根が視界一杯に広がる。
麓が近づくと林道上の崖に出て、路盤崩落箇所上の木橋を渡る。
やがて林道に下り、川奥集落に到ると十字路を北に折れる。
県道に出るとまた北に折れ、米の川集落でバイパス道路に入るとまもなく駐車場所。

登山中の画像
登山画像
県道19号から見た枝折山
登山画像
きれいな植林帯の道
登山画像
大山神社前を通る登山道
登山画像
切通し
登山画像
往路の僅かな展望
登山画像
指さす国ノ木前山の尾根道へ
登山画像
国ノ木前山の尾根道
登山画像
国ノ木前山山頂
登山画像
780mピーク北西の尾根道
登山画像
山頂部を仰ぎながら登る
登山画像
枝折山山頂
登山画像
枝折山山頂下の架線跡からの展望
登山画像
復路の超急勾配道
登山画像
最初の展望地
登山画像
国ノ木前山方面を望む
登山画像
二番目に現れる展望地
登山画像
椎尾山の稜線を望む
登山画像
路盤消失箇所上の木橋
登山画像
麓集落の祠の中には何が?
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、行動食、トレッキングポール
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!