登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
赤城山(黒檜山、駒ケ岳)2018 赤城山(黒檜山、駒ケ岳)(関東)
img

記録したユーザー

はにわ さん

この登山記録の行程

おのこ駐車場出発8:45---大沼凍結横断---登山口出発9:15---猫岩9:40---稜線分岐10:50---黒檜山山頂10:55---絶景スポット11:00---黒檜山山頂11:10(休憩30分)11:40出発---駒ケ岳12:35---おのこ駐車場到着13:20

とうとう彼奴の季節がやってきた。
花粉症。
今月から急に暖かくなったせいか鼻水や目のかゆみに泣かされている。
先日、地元の年配の方々と花粉症の話題になった。
~俺らの子供の時は杉の実をくり抜いて詰め物をし鉄砲にして遊んでいたな。
花粉まみれで遊んでいたけれど花粉症なんてなったことがないなあ~
はいはい昔の人は何でも耐性がありすぎなんですよ。
自分は杉の実なんて見た事ないし。
それにしても花粉症っていつの頃からか突然発症したけれど一生付き纏われるのかな~。
あー嫌だ嫌だ。


友人Y君と何処か雪山初心者のおじさんでも登れそうなところはないかなと相談していた。
Y君が登山の本を見て初めての雪山なら赤城山が最適って特集が結構組まれているよ。
と言うわけで赤城山に決定!
当日、明るくなってきた空はどんより曇り空。
Y君を車に乗せ上武国道を北上。
前方の西の空は青空が見えてきた。
曇っているが黒檜山山頂も見えている。
何とか登れそうだね。
いやいや急に悪天候に。
チェックした天気予報では1日中快晴になるはずなんだけどなあ。
大沼までの県道は姫百合駐車場付近からうっすら積雪があった。
何台かの車はノーマルタイヤの為かスリップし立ち往生している。
それを横目に慎重に上がって行く。
暫くしておのこ駐車場に無事到着。
空は朝とは一転晴れてきた。
今朝、花粉症の薬も飲んで気分良く歩き出す。
まずは大沼氷上横断。
風が冷たい。
それでもワカサギ釣りしている人が結構いるんだよなあ。
赤城神社周辺は氷が薄いのかロープが張られていた。
大沼から道路に上がる道が分からず20cmほど積もった雪の中をズボズボ歩いていく。
車道に出るとすぐに登山口発見。
すでに何人かの人が登り始めている為かトレースもしっかりついている。
いきなりの急登だが猫岩に出ると大沼、地蔵岳方面の展望が開ける。
途中ヤドリギ発見。
後日赤城山のポータルサイトを覗いてみるとヤドリギはミズナラなどに半寄生するビャクダン科の常緑樹だそうで、さらにヤドリギの下でキスをした二人は永遠に結ばれると書いてあり、、、、、略して「ヤドチュー」。
興味のある方はポータルサイトを覗いてください。
さて滑る岩場を乗り越え勾配が緩くなると稜線の分岐に。
青空の下に霧氷の花が咲いている。
なんて綺麗なんだろう。
これを見に来る方の気持ちが何となくわかる気がする。
本当に透明感があって綺麗だよ。

11時頃に黒檜山登頂。
ここから見る景色も素晴らしいが2分先の絶景スポットから広がる景色はさらに素晴らしかった。
足尾山地から皇海山、日光白根山、尾瀬の燧ケ岳、至仏山、大きな山塊の武尊山、谷川岳を中心とした上越国境の山々、草津白根山に浅間山。
さら遠く北アルプスや八ヶ岳、南アルプスまで。
下に目を移せば鈴が岳などの外輪山も。
そう言えば昨年の初秋に歩いたなあ。
山頂付近に戻って昼食タイム。
風もなく穏やかだからゆっくり休憩。
それから山頂をあとに分岐に戻り鳥居のある祠に。
ここを過ぎて木道を降ると駒ケ岳の先に小沼や長七郎山、関東平野が見えてくる。
富士山は雲に隠れてしまったな。
大ダルミから最後の上り坂で駒ケ岳へ。
駒ケ岳から降る途中は滑りやすい鉄製の階段があるので要注意。
つづら折りの道を下ればおのこ駐車場の周辺の土産物屋が見えてきた。
駐車場に着いたのが13時半前。
帰りの車道はすっかり雪も消えていた。
帰路に道の駅の富士見温泉に寄ったが生憎休業。
暫く休みが続いているみたい。
代わりに道の駅のよしおか温泉へ。

駐車場から見上げた赤城山は大きな裾野を広げ雄大だ。
登山の休憩中に年配の人と話し雪が降ったら登りに来るといっていたが同じようにたくさんの人達が1年中何回も登るほど愛されているんだろうなあ。

それにしても今日は天候にも恵まれ景色も最高だったなあ。
霧氷も綺麗だったし。
自分もこれから色々な季節に赤城山登ってみたいな。




参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はにわ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?