登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 1
大山振子沢BCSKI 大山 振子沢(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん

この登山記録の行程

5:40⇒奥大山スキー場Ⓟ7:20→7:34健康の森800m付近カーブミラー→9:07鳥越峠上部テラス9:20→9:44地獄谷(振子沢入口前)9:55→10:42大曲→11:40振子沢の頭11:55→12:02昼食ポスト12:38→12:54地獄谷出合13:00→テラス14:10→14:38 800m標示→14:47駐車地15:00⇒16:40着


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約1,427m
下り:約1,429m
7℃ ↑1,469m ↓1,459m 13.4 ㎞  11,381歩 7:31分 1/3人
昨日に引き続き大山の周りに出没して来た。今日のメンバーは師匠大山の風さんとNa氏の3人。

さて、出発は健康の森の環状道路、800m付近のカーブミラーからSKIシールで進入です。8時前、雪面の冷却層でガスが立ち込めている。ちょっと幻想的なブナ林を夏道に沿って登って行く。

文殊越えの下でトラバースになる。斜め上へ進むと、ブナの大木が目立つようになり、傾斜もだんだん急になってくる。

高度を上げ、尾根が近くなってもガスが深い。周りが見えず、若干鳥越峠方向へずれ尾根にぶつかる。上部のブッシュがうるさく、後戻りしてテラスへ乗った。

ここでシールをはずし、滑走体制に入る。後ろから2人パーティーが登ってこられ、入れ替わりだ。前回は登山道沿いの尾根を下ったが、今回は振子沢の入口へ直接下るルートをチョイス。

登山道より少し北の尾根筋を下って行く。下部は急で狭い斜面が地獄谷に落ち込んでいる。横滑りしようと斜面を切ると小さな雪崩が起きる。下を滑る師匠に届きそうで、思わず注意の声掛けをする。

何とか無事に谷底へ着き、緊張から解放された。登山者の方がお1人、登りの支度をされている。我々も再びシールを装着、振子沢へ進入する。

しばらく進むと上から10人ほどのパーティーがおりて来た。皆さんツボ足で女性もいらした。駒鳥でテンパクし今朝登って、降りて来られたようだ。

帰りの登りでトレースを利用させてもらえそうだ。トレースがあると随分楽。

振子沢の中ほどは谷が狭く急斜面がしばらく続く。左右の壁は雪が解け、この前のような圧迫感は無い。頑張って大曲を回ると振子山の斜面と東尾根の斜面に囲まれた雪の大谷へ入った。

今まで北に向かっていた振子沢はこの大曲で西へ向きを変える。開けた沢からは、前に聳えるピークが振子沢の頭と思える。2つ程眼前の峰に騙され、やっと振子沢の頭が見えて来る。

雪の大谷は、振子沢の頭(1,636mのピーク)まで上り詰める。段々急になる沢を詰め、直下の雪崩跡のアイスバーンで左岸の稜線へ上がる。稜線を20m程登って振子沢の頭下のテラスでやっと一息付けた。

休みながら周囲の景色を楽しむ。上方へ山頂へ続く稜線が伸び、天狗から剣ヶ峰、弥山へと続く山頂稜線が伸びている。その向こうに白い尾根が6合避難小屋へ下っている。冬ならではの白い絶景です。

一休みしたら装備を整えドロップインだ。出だしは新雪の乗るアイスバーン。急なエッジングは禁物。だいぶ雪が緩んでいるので、想像よりはイージーだった。

沢へ滑り込むと、大斜面で左右に大きく弧を書いて気持ちよく滑れる。急斜面が続き、外足のツッパリが必要。登山の疲れとで、直ぐに脚が悲鳴を上げる。2度ほど休んで昼食地点へ降下した。

雪の大谷で日向ぼっこをしながらお昼にする。幸せ~(^O^)…
この時期、新雪の白い谷に感激しながら昼食だ。そして後半戦へ→→→

いつも苦労する沢の下りも、今日は適当なストップ雪でスムースに下れる。昼休憩地点を12時半に下り始め、地獄谷出会いにほぼ20分で到着した。


しんどい登り返し…ふ~HU~ (~_~;)

地獄谷の底からテラスまでの登りが最大の難所。ツボ足になって高度差250mを登り返す。昼からの軟雪で、一歩一歩骨が折れる。途中から先行者のトレースを利用するが、先を見ると鳥越峠に登っている。

テラスに向かう足跡もあったのでそちらに入る。朝下ったて来た後続のトレースだ。一歩が大きく登りではなかなか届かず、間に1歩を入れながら1時間強かけてやっとテラスへ帰り着いた。

2時半だ。あとは健康の森へ下るだけ。出だしは厳しいが、すぐに快適な林間滑走になる。今日の雪は適当にブレーキが利き、ブナをポールに見立ててスラローム気分で下れた。

最後に環状道路の800m標示看板へ下山し、今日の打ち止め。
楽しかったー\(^o^)/…

ご一緒下さったお二人に感謝です…
お山の神様、無事下山でき(人''▽`)ありがとう☆山でしたm(_ _)m…

詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.jp/2018/03/2018325bc-ski1600m.html

登山中の画像
登山画像
健康の森へ進入
登山画像
ガスの中を登る
登山画像
鳥越峠上のテラスへ到着
登山画像
地獄谷に下る斜面
登山画像
振子沢入口
登山画像
振子沢を登る
登山画像
大曲へ来た
登山画像
雪の壁が続く
登山画像
沢を詰めていく
登山画像
あと少し
登山画像
稜線を登る
登山画像
テラスからの眺め
登山画像
振子沢を俯瞰
登山画像
ドロップイン
登山画像
沢を滑る
登山画像
昼休み
登山画像
滑った斜面を見上げる
登山画像
沢を下る
登山画像
テラスへ登り返す
登山画像
テラス到着
登山画像
健康の森を滑走
登山画像
あと少し
登山画像
環状道路を帰る
登山画像
無事到着 大山を仰ぐ
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    10本爪以上のアイゼン必要。雪が少なく5~7合目の灌木帯が厄介です。山頂避難小屋利用は制限あり
    20年01月21日(火)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?