登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
犬鳴山縦走(大天井ヶ岳・天狗岳・灯明ヶ岳) 犬鳴山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2018年5月12日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:JR日根野駅で下車、9時22分発の犬鳴山行きに乗って犬鳴山バス停で下車、参道を犬鳴山方面へ歩いていき犬鳴山の境内に入るところからが登山口となる。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

日根野駅(9:10)・・・犬鳴山バス停(9:45)・・・行者の滝(10:15)・・・ハイランドパーク粉河(11:50)・・・五本松展望台(12:30)・・・大天井ヶ岳(14:00)・・・天狗岳(15:00)・・・灯明ヶ岳(16:00)不動口館(温泉)(16:45)・・・日根野駅(18:10)


総距離 約12.2km 累積標高差 上り:約1,235m
下り:約1,234m
今回は犬鳴山の行場から高城山へ行き、大天井ヶ岳、天狗岳に行こうと計画しました。
きっかけは私のガイドブックに載っていた写真で天狗魔王尊像を見て是非とも肉眼で見たいと思ったからなんですが色々な意味で大変でした。
従って行かれる方は必ずパーティを組んで単独では行かないようにしてください。
また、初心者や初級者だけのパーティも遭難する可能性が高まるので上級者(ガイドクラスの方)同行でチャレンジするようにしてください。
久しぶりに私も遭難する危機を抱きながらの山行となりました。
今回はただ単に私の力ではなく目に見えない力に助けていただきながらの山行でした。
それではコース案内です。
前回、犬鳴山は紹介しているので行き方はそちらを参照して下さい。
バスは毎時22分(日根野駅発)帰路は毎時50分(犬鳴山バス停)です。
写真も上げておきました。
順調に歩き始め、あっという間に七宝滝寺本堂にたどり着き行者の滝を見学します。
滝の手前の清滝堂の前に左へ上がる道があり、鳥居があります。
ガイドブックではここから表行場を経由して高城山へ行けると記載してあったのですが・・・現在は通行を固く禁止されています。
おそらくガイドブックの著者が行った頃は2010年くらいなので様変わりして現在は通行できないのでしょう。(登山客が荒らしたか遭難して寺社側が禁止されたと思います。)
かなりかたくなに禁止されているので行かないようにしてください。
(防犯カメラで監視中とまで書かれた張り紙まであります。)
こういう場合は仕方がないので計画を変更します。
普通に高城山へ行くのなら前回行っているのでここは五本松から行くことにします。
こちらのルートをチョイスしたのは時間短縮と鍛錬のためです。
高城山へ行くための石段を上がって車道に出たらそのまま上がって行きます。
直ぐに高城山への分岐が左側にありますが今回は見送ってそのままアスファルトを進みます。
犬鳴山隊道(トンネル)を抜けてかなり進んだ先にガードがありますので横をすり抜けて先へ進みます。
しばらく進んだ先に山道へ入る道があります。(標識もあります。)
ここが五本松展望台への入口ですがいきなり急登となり都合2回ほど車道に出ては山道を選択するという道になります。(山道は必ず道標があるので安心してください。)
このルートは山道に入ってからわずか1km程の間に400m⇒700mまで高度を上げるので結構な急登を上がる事になります。
上がりきった先が五本松となりすぐ先に粉河ハイランドがあります。
前回は平日で定休日に当たる日だったのでひっそりしていましたがこの日は売店もレストランも開いていたので早速アイスクリームを買いに行きます。
店のおばさんと楽しく語らっていると「これ食べて~」とデコポンをいただきました。
まるでオレンジのように甘くとても美味しかったです。
元気をいただいたのでお礼を述べてすぐ近くの展望台を目指します。
ここも前回工事中で入れなかったので見学させていただきました。
私以外誰も居なかったのでゆっくり見学して休憩もさせていただきのんびり出来ました。
展望台から車道に出る小道を通って車道に降り立ったら車に気をつけながら進みます。
ここでもガイドブックに泣かされます。
車道の横に並行するような山道らしき記載があるのですがこれが勘違いを呼ぶ原因となるので大多輪(ガイドブックでは大タワと記載)までは車道を歩いてください。
私は途中で見つけた林道(とてもいい道)を勘違いから進み行き止まりとなり、次に見つけた道は遊歩道ですが現在ほとんど通る方もいないせいか荒れた道を進みなんとか分岐まで出ました。(左へ進むと粉河ですが現在車両通行止め、右の打田方面へ進んでください。)
そのまま更に進むとまたもやこれかな?と思うような立派なガードがある林道がありますが違いますので無視してそのまま車道を進んでください。
ガードのあったところから右を気をつけながら進んでください。
金網が張られて不法投棄を禁止した大きな左カーブをすぎて少し行った先のなんの変哲もない右側によく見なければわからないほどの木の札があります。
ここが大多輪入口となります。(写真を揚げておきました。)
最後通告です、ここからは完全に自己責任でお願いします。
まず、道標は一切ありません。
寺社側が修行の方へわかるように設置された道標は3箇所しかありません。
天狗岳と灯明ヶ岳の分岐、経塚権現山への分岐、途中から灯明ヶ岳へ行くための分岐の3箇所です。
従って大多輪から大天井ヶ岳、大天井ヶ岳から分岐までの1時間ほどの道のりにあるのは赤テープのみです。
テープ自体も直ぐに見失うほどの頻度でしか出てきません。
私自身何回も間違えて途中で断念しようか迷ったほどです。
奇跡が起きたので今回行けただけですので本当によくよく考えてからチャレンジしてください。
大多輪の入口から直ぐに足首がひん曲がるほどの急斜面となり何とか上がった先が稜線となります。
ここからはコンパスを取り出し絶えず方向を確認しながら進んでください。
普通の山道とは異なり、杣道なのか獣道なのか山道なのか判別が難しい道が続きます。
それでも最初の方はまだ大丈夫です。(結構一本道でわかりやすいです。)
問題なのは少し広場になったような先から途端にわかりにくくなります。
私はその先まで進んだのですがどう見ても道には見えず引き返し広場でガイドブックを広げますが情報が少なすぎるので諦めることに決めて来た道を引き返します。
こういう時の私は決断を鈍らせたり覆したりは絶対にしないのですが・・・何故かこの日はものの30m程引き返したくらいから心がざわつきます。
何を思ったのかどうしても引き返さなければいけないような心持ちとなった私はもう一度広場の方へ引き返します。
すると先程まで無かったピンク色の大きなテープが見えてきました。
「あれ~?さっきまであんなの無かったよな?」と不思議に思いながら近づくとびっくりしたのが私のタオルが苗木というか若木に引っかかってまるでテープのように立っていたんです。
でも不思議なんです、私は休憩したり立ち止まった際は落し物や忘れ物が無いか必ず確認していますしタオルも首に巻くのではなくザックの胸の部分にあるベルトに通しているので木に引っかかっても落ちないように工夫しています。
第一、引っかかったとしたら私の胸の前にあるのでわかります。
万が一、落としたとしても地面に落ちるでしょうしあんな見事に木に引っかかる訳がありません。
びっくりしましたが愛用品が気になって無意識で戻ったのかな?と思いタオルを回収してなにげに周囲を見渡すとわかりにくいところにテープがありました。
ひょっとしたらこちらから行けるかもと思い進みますがここからは急傾斜で下って行きます。
当然躊躇しますがここでも何故かこのまま進めばいいという気持ちになり慎重に少しづつ進むとまたテープがありました。
ああ、ひょとかしたら道を教えていただいているのかもしれないと考えてここからは素直に進んでみようと歩いていくと大天井ヶ岳にたどり着きました。
ありがたく思いながらコンパスで確認すると北は行場なので西へ進むのですが道がちゃんとあるので慎重に下りていきます。
登り返した先が伐採地でまたもや道を見失います。
最初はテープを追っていたのですが途中で見えなくなり少し進んだ先でまたもや心がざわつきます。
これは違うな?と思ったのでピークまで戻っていくとこれまたわかりにくいところにテープが見えます。
ここかと思いながら進むと伐採地を巻くような形で下り坂となり鞍部あたりでやっと一個目の鉄山師が作成された道標と出合います。(鉄山師は七宝滝寺御住持です。)
右へ下れば灯明ヶ岳参道、真っ直ぐに進めば天狗岳とあります。
ここからは安心して進めるのですが天狗岳へは結構な距離があり、アップダウンが連続し、最後はフィックスロープが張られた急登が待ち構えています。
何とか登りきった先は稜線となり、右へ少し進んだ先に今回の山行の決め手となった天狗魔王尊像が祀られています。
ここまで無事に来られたことここから無事に下山できることをお願いして少し離れた場所をお借りして休憩させていただきました。
ここから来た道を戻るのですが失敗だったのが途中で経塚の道標(2個目の道標)があるのですが裏行場と勘違いしてスルーしたため経塚権現山へ行けませんでした。
そのまま分岐まで戻り下っていくと3個目の道標があり、左へ進めば灯明ヶ岳と記載されているので斜面を上がって行きます。
ここも上がりきった先は稜線となり、左へ進めば経塚権現山へ行けますがはっきり言って崖みたいな道なので上りも下りも要注意です。
右へ進めば目の前に鳥居があり、その先は護摩壇となっており石堂が設けられています。
ここは奥の院ですので厳かな雰囲気があります。
そのまま裏手に回ると急斜面の道がありますが裏行場の道となり興味本位で近づくのは危険な道です。
私は来た道を引き返しそのまま下山していきますがここで私の歩いた道の高低差を確認してください。
まるですっぽりと落ち込んだようになっているはずです。
本当に足を踏み外すと危険なので慎重に下りていきます。
唯一癒して下さるのが山道のいたるところに祀られている仏像です。
見守られているような気持ちで下りていくと心も休まります。
しばらく進むと川のせせらぎが聞こえてきたくらいで本堂手前の広場に出ます。
ここは大きな不動明王様が祀られている場所です。
お不動様と役行者様に無事に下山できたことを感謝して帰路につきます。
境内を出たところにあるお茶屋さんでアイスクリームを買って食べ歩きながら不動口館さんまでたどり着いた私は日帰り温泉を楽しんでから帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
JR日根野駅です。
登山画像
バスは毎時間22分発です。
登山画像
これがバス停です。
登山画像
犬鳴山のバス停です。
登山画像
参道を歩いていくと入口が現れます。
登山画像
役行者にご挨拶します。
登山画像
大黒天岩です。
登山画像
両界の滝です。
登山画像
金高橋です。
登山画像
瑞竜門です。
登山画像
綺麗な橋です。
登山画像
どちらからでも行けますが左へ行くと広場に行け…
登山画像
この広場も見所満載です。
登山画像
護摩壇です。
登山画像
役行者に山行の無事をお願いします。
登山画像
神明橋です。
登山画像
塔の滝です。
登山画像
岩屋不動様です。
登山画像
さざれ石です。
登山画像
おかめ石(忠犬の墓)です。
登山画像
このガードを潜ります。
登山画像
観音堂です。
登山画像
広場には大きなお不動様が祀られています。
登山画像
本堂です。
登山画像
行者の滝を見学してから行場めぐりを兼ねて登山…
登山画像
表行場から高城山を目指そうと思っていましたが…
登山画像
行者の滝です。
登山画像
仕方がないので五本松方面へ向かいます。
登山画像
高城山への道を進みます。
登山画像
高城山への分岐ですが今回は右へ進みます。
登山画像
トンネルを抜けていきます。
登山画像
アスファルト歩きが結構長いので疲れないように…
登山画像
このガードの横を抜けて先へ進みます。
登山画像
一見、左の山道に行きたくなりますが右のアスフ…
登山画像
ここが登山口となります。
登山画像
ここは狭いのでザック等を引っ掛けないようにし…
登山画像
いよいよ急登の始まりです。
登山画像
木製階段もあります。
登山画像
急登が続くのでゆっくり進んでください。
登山画像
石段ですが結構急です。
登山画像
車道では車に気をつけてください。
登山画像
車道から山道へ2回ほど渡ります。
登山画像
また一旦車道に出ますが直ぐに登り口があります。
登山画像
登り口も急です。
登山画像
階段も急です。
登山画像
周辺図です、参考にしましょう。
登山画像
まだまだ急登が続きます。
登山画像
出口が見えてきました。
登山画像
やっと五本松につきました。
登山画像
粉河ハイランドからの風景です。
登山画像
粉河ハイランドの売店です、親切なおばさんにデ…
登山画像
展望台に向かいます。
登山画像
展望台からの景色です、黒い線はガラスに入った…
登山画像
先程までいた粉河ハイランドが見えます。
登山画像
高野山方面です。
登山画像
展望台から車道に下りて歩きます。
登山画像
林道が見えたので行ってみました。
登山画像
結局、この林道は行き止まりだったので途中まで…
登山画像
これが遊歩道ですが結構なアップダウンと人が滅…
登山画像
遊歩道を抜けると車道へ出ます。
登山画像
この標識に従い、打田方面へ進みます。
登山画像
こういう曲がり角では車に注意しましょう。
登山画像
車道を延々と歩きます。
登山画像
この御札が目印なので見落とすと延々と車道歩き…
登山画像
こんな場所から入るので見落し厳禁です。
登山画像
急斜面を上がって行きます。
登山画像
ここにたどり着くまで何回も行ったり来たりしま…
登山画像
実はこの道を見つけられたのは奇跡でした。
登山画像
大天井ヶ岳には山岳会の方が設置されたプレート…
登山画像
大天井ヶ岳には三角点もあります。
登山画像
修行の山なので必ず御札(登頂者の名入)があり…
登山画像
コンパスで方向を確認します、北は裏行場へ天狗…
登山画像
こちらから天狗岳を目指します。
登山画像
急斜面が多いので道を間違えると戻るだけで体力…
登山画像
テープ情報を見落とさないように注意しましょう。
登山画像
よく見ると赤テープがあり、見落とすとエラい事…
登山画像
この僅かな情報を見落とすと道迷いします。
登山画像
急斜面を下りていきます。
登山画像
この道標は七宝滝寺御住持の鉄山師直筆のありが…
登山画像
天狗岳はこちらへ進みます。
登山画像
こちらが帰り道となるので覚えておきましょう。
登山画像
天狗岳への道はアップダウンがたくさんあります。
登山画像
このお像がある場所から経塚権現山へ行くことが…
登山画像
天狗岳への道のりは結構長いです。
登山画像
急斜面を上がります、ここまでで結構疲れている…
登山画像
私が今回お会いしたかった天狗様です。
登山画像
山岳会の方が天狗岳であることをプレートで示唆…
登山画像
修行の山なので修行者の方が登拝したことを示す…
登山画像
ロープをうまく利用して下りましょう。
登山画像
当然ですがアップダウンだらけの道を戻ります。
登山画像
赤テープも無く急斜面なので下りていいものか迷…
登山画像
鉄山師が立てられた道標ですが数は少なく見つけ…
登山画像
道標に従い、灯明ヶ岳を目指します。
登山画像
結構急で荒れているので疲れた方はスルーしても…
登山画像
あと少しで稜線です。
登山画像
こういうお像がこれから先々で見守ってくださり…
登山画像
山頂は鳥居があります。
登山画像
灯明ヶ岳は護摩壇があります。
登山画像
灯明ヶ岳の石室です。
登山画像
こちらは裏行場からの下山道ですがもはや崖なの…
登山画像
来た道を戻ります。
登山画像
お像が一つの道標みたいな感じですのでお像に従…
登山画像
道は一応ありますが急斜面を下るので足元注意で…
登山画像
ここから上がれば裏行場経由で灯明ヶ岳に行けま…
登山画像
恐ろしい程の急斜面ですので足場を確保しながら…
登山画像
お像が見守ってくださっています。
登山画像
本堂前の広場が見えてきました。
登山画像
ここに出るんですね。
登山画像
青空に山の緑が映えています。
登山画像
お不動様と役行者様に無事に下山できたことを感…
登山画像
塔ノ滝はいつ見ても綺麗です。
登山画像
この赤橋を渡ればあと少しです。
登山画像
瑞竜門が見えてきました。
登山画像
瑞竜門に頭を下げます。
登山画像
ようやく出口です。
登山画像
今回はたいへん疲れましたが無事に下りて来るこ…
登山画像
このお茶屋さんでアイスクリームを買いました。…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!