登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
寄〜鍋割山〜大倉 川沿い 鍋割山(関東)
img

記録したユーザー

JUN5 さん

この登山記録の行程

寄(08:00)・・・林道分岐(08:28)・・・やどりき大橋(08:36)[休憩 10分]・・・雨山峠(10:41)[休憩 10分]・・・鍋割山(11:47)[休憩 60分]・・・後沢乗越(13:27)・・・二俣(13:59)[休憩 45分]・・・大倉(16:10)

総距離 約15.8km 累積標高差 上り:約1,863m
下り:約1,859m
コースタイム 標準:7時間35分
自己:6時間5分
コースタイム倍率 0.80
同行者友人のリクエスト
『鍋焼きうどん食いてえ』『山でコーヒーを飲みてえ』を叶えるべく
寄から雨山峠経由で鍋割山へ

1週間前から天気を気にするも前々日までは降水確率が30~80%と諦めムード。。。
前日に降水確率10%・快晴予報のため決行。

寄~雨山峠~鍋割山ルートは3年前にソロで一度通ったが
その時は2度ほど迷う&転倒の苦い記憶のため
ルートに自信がない&体力低下の不安。。。

・ルート 3年前と比較して標識新調&増設(?)もあり以前よりは分かりやすく迷いなし
・体力  回復しているものの最初の一時間はやっぱり辛いのはご愛敬
     長い鎖場2か所含む雨山峠~鍋割山まで一気に500mあがる箇所はさすがに堪える
     同行者は同い年とは思えない健脚で息切れもほとんどなくスイスイ進む。

寄~雨山峠までの沢沿いは相変わらず変化にとんだ楽しいルート。(ほんとにお勧め)
黄色の標識を慎重に辿れば迷うことなく進める。
気温の割に風も心地よく、川の水をかぶるたびに生き返る。
雨山峠~鍋割山の鎖場&急登は知ってるからこそ覚悟が必要だった(笑)

今回の山行目的の一つ目xの鍋焼きうどんは平日のため待たずに食べれる。
同行者も大絶賛!!俺はいつもながら『1000円で儲けがでるのかと本当に関心』

そして何より6月とは思えないほど(真冬かと思うくらい)の眺望。
富士山には雲がかかって見えずとも東京湾から伊豆まで一望。

二つ目のコーヒーはCAFE DE 二俣に変更し
景色とゆったりした時間を楽しみゆっくり下山開始。(虫が多かったのがうっとおしかった)

鍋割山~二俣までは崩壊もほぼなく歩きやすい
同行者共々膝に不安があるため慎重にかつバカっ話多め。

二つ目の目的 CAFE DE 二俣
川の流れとコーヒーの香りに大満足で
時間も許すのでここでもゆったりと静かな時間を過ごす。

ここからは平たんな舗装された道をひたすらなので
相変わらずの世間話をしながら。。

鍋焼きうどん&コーヒーもさることながら
登り、下りともに水の音を感じられる沢沿いコースに
同行者も満足だったようで何より。

蚊、ヒル、ハチ目撃なし

*ゆるい舗装されたくだりはELMO GTだと膝へのダメージがひどいので
ザックの容量増やしてもサンダルを持ってこようと心に決めました*

登山中の画像
登山画像
寄バス亭からここまで30分
登山画像
せっかくなので撮って頂きました見た目より急だ…
登山画像
鎖場超えてひいこら到着
登山画像
眺望最高の一服
登山画像
噂のCAFE DE 二俣
登山画像
16:10到着で急いで身支度整え16:22出発に乗りま…
登山画像
お疲れさまでした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 サプリメント
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

JUN5さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

JUN5 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 何度も登っている山に、いつもと同じ荷物を「ズール30」にパッキングして登った「つとくん」さん。その感想は?
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ