登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
全長2.3kmの寝釈迦は瀬戸内海のパノラマ 真平山(地形図表記は七宝山)[三豊市](中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2018年3月17日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:高松自動車道さぬき豊中ICを下りて国道11号、県道35号を経由して三豊市三野町吉津の郡池北東角のY字路まで行き、そこを北西に折れる。
    県道220号に出ると西に折れる。
    公衆トイレのある変形四差路奥に真平山登山道の木製看板がある。トイレ東の広場は共有地か私有地かの区別がつかなかったため、北に上った所の八柱神社の駐車場に駐車した。

  • 天候

    晴れ
    [2018年03月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

八柱神社12:47・・・龍王神社碑で休止13:24~13:40・・・山頂13:44・・・藤美展望所で休止13:52~14:24・・・山頂北方の稜線14:30・・・山頂14:35・・・支尾根起点のベンチ14:46・・・コンクリート農道14:55・・・八柱神社15:06

寝釈迦とは涅槃像のことだが、全国には山や岬の形がその釈迦の寝姿に似ているものがいくつかある。四国では香川県三豊市にある。地元で日本最大の寝釈迦と言われているのが、真平山[まひらやま](298.7m→地形図表記は「七宝山」)で、全長は2.3kmに及ぶ。真平山は胴体部分で頭部は加嶺峠南東の243m峰になる。

寝釈迦の姿がきれいに見えるのは、坂本龍馬も何度か通った伊予街道の鳥坂峠(三豊市・善通寺市界)のやや南地点だが、近年、SNS人気で県屈指の観光地になった「日本のウユニ塩湖・香川県版」父母ヶ浜からも反対側の寝姿を見ることができる。但し、どちらの横顔も若干鼻ぺちゃ。

観音寺市境界から荘内半島にかけての三豊市内の地形図に山名が表記されている山は皆、瀬戸内海の展望が開けているが、この山も複数の展望所を擁し、三野平野から燧灘、瀬戸内海の絶景が広がり、3月には麓近くに河津桜、4月には稜線にミツバツツジが咲く。

また、真平山の東麓、亀山(42.4m)の裾野には「本物の」涅槃像もある。弘法大師が四国霊場開創時に開基した吉祥寺には、幕末に造られた全長2.5mの彩色された寝釈迦像を中心に鳥獣人物52部類があるのである。下山後は是非、拝観されたい。


[コース]
コースは各種あるが、八柱神社の上の登山口を基点とした場合、回遊コースを取ることができる。その登山口や下のトイレ付近には地形図より詳しい森林基本図にコースが記されたコース図板が設置されている。

往路は西へ直進するコースを行く。前方には山名通り、屋島のように山上が真っ平の山容が見えている。やはり往路は山頂を目がけて行くコースに限る。
樹林帯を抜け出ると斜面をジグザグに上る「見返り坂」になるが、その名の通り、後ろを見返ると三野平野のパノラマが広がっている。このパノラマはかなり長く続くが、途中、ささくれだった樹皮が特徴のクスドイゲの木(大木化するまでは幹にトゲがある)や蛇のように地を這う樹齢約50年のつる性多年草のクズが樹木化している。

山頂の東下には寛政10年に勧請された、社殿も祠もない碑だけの龍王神社があり、展望所となっている。三野平野から荘内半島北側の瀬戸内海を望見することができる。三豊市に龍王神社が多い理由は過去の登山記録でも述べたが、荘内浦島太郎伝説に於いて、乙姫が龍王の化身と見做されているため。

山頂のすぐ手前の分岐から北に折れると幹周3.5mの「真平の大松」に到るが、巨木を見慣れているだけにただの「大木」ではやや物足りない。
山頂は樹林に覆われているが、周囲にはベンチがいくつか設置されており、憩うことができる。周辺にはミツバツツジもある。

山頂からは一旦西方に下り、「藤美展望台」を目指す。樹林の中を下って行き、向きが北向きに変わると西方の展望が開けた地に到るが、展望台もベンチも設置されていない。これは「藤美展望所」と言うべきである。そこからは仁尾の街から海水浴場のある大鳶島、小鳶島から燧灘の絶景が広がっている。但し、平地がないため、大人数で休止することはできない。

コースを更に北上すれば、仁尾側に下るコースとの分岐を経て山頂北方の稜線に出る。その周辺もある程度展望が開けていたように思う。
また山頂に出ると今度は南の尾根道を下る。この尾根も複数箇所に燧灘の展望が開ける箇所があり、下っていても楽しい。

ベンチのある地点から支尾根に下るようになっていたのではないかと思うが、最初は斜面のように広い。
ある程度下るとコンクリート舗装の農道に出るが、その周辺も三野平野の展望が開けている。後はそのまま下って行くと登山口に戻る。
夏場でも海が近いだけに稜線には潮風がそよいでいるので、是非登られたい。

吉祥寺の駐車場は寺の南東にある。巨大な地蔵石像と石仏群が出迎える山門をくぐると、左手に鐘楼があるが、珍しく内部が公開されている。その奥にあるのが涅槃堂である。
内部の涅槃像(群像)は第21世住職・密道法印が檀家や村々から集めた神仏護符を焚き上げ、その灰を土と混ぜ、針金を骨格として固めたもので、その信仰の厚さが分かる。

寺背後の亀山の斜面と尾根直下にはミニ霊場参拝道があり、回遊することができるが、途中、「神武天皇遥拝所」があったことには驚かされた。ここから奈良県の畝傍山北東の神武天皇陵を遥拝していたのだろうか。

登山中の画像
登山画像
鳥坂峠南から望む寝釈迦
登山画像
河津桜と真っ平な真平山
登山画像
クスドイゲ
登山画像
見返り坂から見返る景色
登山画像
クズ
登山画像
龍王神社
登山画像
龍王神社より
登山画像
龍王神社からの三野平野
登山画像
真平の大松
登山画像
山頂
登山画像
藤美展望所より
登山画像
藤美展望所から稜線に向かう途中にある大木
登山画像
4月に咲くミツバツツジ
登山画像
復路の展望
登山画像
農道沿いの地蔵
登山画像
吉祥寺鐘楼
登山画像
涅槃像
登山画像
涅槃鳥獣類
登山画像
ミニ霊場
登山画像
神武天皇遥拝所
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、行動食、トレッキングポール
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?