登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
朳差岳(足ノ松尾根登山口)2018/大石山手前で撤退 朳差岳(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2018年7月15日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥胎内ヒュッテまで舗装道路。駐車場には50台以上駐車できる。奥胎内ヒュッテに車を置き、そこからは乗合タクシー(10人乗り)で足ノ松尾根登山口へ。

  • 天候

    快晴(気温35度)

この登山記録の行程

足ノ松尾根登山口(5:47)・・姫子ノ峰(6:38)〈休憩7分〉・・滝見場(7:30)〈休憩5分〉・・水場分岐(8:18)・・イチジ峰(8:57)・・標高1400m大石山への最後の急登手前(9:05)・・〈休憩1時間5分〉撤退し下山・・滝見場(11:33)〈休憩20分〉・・姫子ノ峰(12:24)〈休憩20分〉・・足ノ松尾根登山口(13:28)・・水場で水を補給・・奥胎内ヒュッテ(14:15)


総距離 約10.5km 累積標高差 上り:約1,141m
下り:約1,249m
 梅雨も明け,本格的な夏山シーズンが到来した。今年の夏山歩きの第一弾には朳差岳を選んだ。「えぶりさし」と読むそうだが,れっきとした飯豊連峰の一員である。標高は1636mとたいしたことはない。ただし,飯豊連峰はどのコースも稜線に出るまで厳しい登りが延々と続く。朳差岳ははたしてどうだろうか。

 午前1時に起床して家を出る。登山口である奥胎内ヒュッテまでは,3時間半を要する。関川村から先は初めての道なので,前日にカーナビをセットしておいた。胎内第二ダム,胎内第一ダムを過ぎて,4時半過ぎに奥胎内ヒュッテに着く。白壁と木を基調とした,しゃれた建物である。
 足ノ松登山口へは乗合タクシーで行くが,始発は5時半だという。待ち合い場所にはすでに十人を超える人が並んでいる。ヒュッテを覗くと中は暗く,不思議に思っていたら,電気工事のため二週間ほど臨時休業という貼り紙がしてあった。

 乗合タクシーは5時15分過ぎに到着し,第一陣が乗車して出発する。運良く第一陣に滑り込むことができた。足ノ松尾根登山口まで,最初は舗装道路を進む。右手にダムの湖水が見え,しばらく行くと土の林道に入る。でこぼこで頭を打ちそうになるが,短時間で登山道入口に着いた。

 第一陣の多くが登り始めた後,5時47分に出発する。ブナ林の平坦な道を百メートルほど進むと,目の前に急な登山道が見えてくる。木の根の露出した急登がしばらく続き,高温多湿で大量の汗をかく。
 周囲はブナからヒメコマツに変わり,やがて尾根に出るが,「下って登る」を数度繰り返し,これがけっこうこたえる。途中,岩場が二カ所あるが,それほど危険ではない。
 朝日が稜線上に顔を出し,日差しが強くなる中,6時38分に姫子ノ峰に到着した。ここから対岸に胆内尾根が見える。ここで7分程休憩したが,体力の消耗が激しい。

 ここからは足ノ松尾根で傾斜がやや緩む。しばらく行ってブナの林となり,再び登りに入る。身体が熱を帯びている。薄い長袖を脱ぎたくなるような暑さである。速乾性のメッシュの下着も役に立たない。
 滝見場には7時30分に着く。標準よりもいいペースで来ている。後から来た第二陣の若い登山者数名に追い抜かれたが,一ヶ月ぶりの山歩きとしては上出来である。

 5分程休み,歩き出すとすぐに英三ノ峰に着く。ここからは大石山が見える。ここからやや下って,またダラダラとした登りになり,登山道が湿ってくると水場の分岐点は近い。
 展望のないヒドノ峰を過ぎた辺りで,ペースが大分落ちてくる。休みを入れながら歩き続け,開けた稜線に出ると,大石山が正面に見えてくる。思ったよりも遠く,1時間ほどかかりそうな距離である。

 暑い日差しの中,右足の太腿に違和感を感じた。攣りそうな気配である。ゆっくりとしたペースで歩き,イチジ峰を過ぎて,標高1400mほどの小突起に着く直前,両足が攣った。小突起に登り,ザックを下ろして休むが回復しない。足を伸ばしたまま,回復を待つものの,状態は良くない。
 正面には大石山への最後の登りが間近に見える。正面左には鉾立峰が鋭角的に聳え,そこから深い山襞が谷に向かって抉れている。時計を見ると9時1分で,足が普通の状態ならば,30分ほどで稜線に乗り上げることができそうだ。そこから朳差岳までは1時間半ほどの稜線歩きである。
 ところが足の具合は一向に良くならない。登りになると痛みが出て,また攣りそうになる。1時間ほど回復を待ったが,状態は変わらないため,ここで撤退することにした。

 幸いなことに,下りでは痛みが出ない。10時6分に踵を返し,正面に二王子岳のどっしりした山容と,新潟の平野,そして日本海を見ながら下る。振り返ると飯豊連峰の雄大な稜線が,ぐるりと見回せる。名残惜しさを感じながら,11時33分に滝見場に着く。滝見場からの展望は,朝方よりもはるかに明瞭になり,滝もくっきりと見える。ここで20分ほど展望を楽しむ。
 12時24分に姫子ノ峰に到着し,ここで昼食を摂る。45分過ぎに姫子ノ峰を発ち,急な下りを耐えて,13時38分に登山口に戻った。

 乗合タクシーの姿は見えず,やむなく歩いて奥胆内ヒュッテに戻ることにした。林道には木陰が余りなく,日差しが強い。途中,水場があり,ここで冷たい水を飲んで生き返った。
 奥胆内ヒュッテには14時15分に着いた。当初の予定では,朳差岳まで往復し,乗合タクシーで戻って15時30分の見込みだったが,今日の感触では到着は17時頃になるだろう。

 今回の山行は反省点の多いものとなった。一週間仕事をして深夜の出発,片道3時間半の運転,35度を越える高温と湿度,水分補給の遅れ,時間的に無理な計画など,マイナス要因が重なった。後で考えると、両足が攣ったのは、明らかに熱中症の症状であった。途中撤退の判断は適切だったが、無理を押した計画は控えなければならない。60も半ば近くなるのだから,もう少しゆったりと山を楽しむことにしよう。

登山中の画像
登山画像
奥胎内ダム
登山画像
駐車場は満車
登山画像
奥胎内ヒュッテ(7月9日〜26日まで休業)
登山画像
ここから乗合タクシーに乗る
登山画像
乗合タクシーは10人乗り
登山画像
足ノ松尾根登山口(標高470m)
登山画像
急登が始まる
登山画像
ヒメコマツの根
登山画像
延々と続く急登
登山画像
対岸は胎内尾根
登山画像
姫子ノ峰に着く
登山画像
朝から気温が急上昇
登山画像
滝見場
登山画像
英三の峰(標高940m)
登山画像
沢の残雪
登山画像
大石山が見えてきた
登山画像
イチジ峰
登山画像
鉾立峰が見える
登山画像
迫力ある山の襞
登山画像
ここで両足が攣る
登山画像
1時間経っても足の状態は回復せず。撤退。正面…
登山画像
ブナ林を下る。
登山画像
この辺りは風が抜ける
登山画像
ブナの巨木
登山画像
滝見場から滝を見る
登山画像
滝見場
登山画像
ヒメコマツの登山道を下る
登山画像
飯豊連峰の稜線
登山画像
岩場
登山画像
姫子ノ峰
登山画像
対岸には飯豊連峰の山並み
登山画像
厳しい下りが続く
登山画像
ヒメコマツからブナへ
登山画像
平坦な登山道に下りる
登山画像
ブナの緑が美しい
登山画像
足ノ松尾根登山口に戻る
登山画像
水場
登山画像
奥胎内ヒュッテへ
登山画像
休業の貼り紙
登山画像
小国の道の駅・白い森
登山画像
鮎の塩焼き(350円)
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雪時々止む
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...