登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
苗場山 祓川コース満開のお花畑 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん
  • 日程

    2018年7月17日(火)

  • 利用した登山口

    かぐらスキー場町営駐車場  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:関越自動車道湯沢ICより50分
    かぐらスキー場三俣エリアからは10km位林道の先に(40分位かかります)
    かぐらスキー場町営駐車場約30台(無料)車一台通れるような舗装道路で最後駐車場迄の1㎞位は道が悪くなっています。三俣迄しか住所登録でナビゲーション設定出来なかったので、ここから駐車場迄は地図から位置指定してナビゲーションで何とか設定。3時頃で真っ暗でしたのであまり街灯も案内板も無くて不安でしたが、たまに祓川コースと小さな標識があります。

  • 天候

    晴れ
    [2018年07月17日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

かぐらスキー場町営駐車場(04:24)・・・和田小屋(04:44)[休憩 1分]・・・下ノ芝(05:39)[休憩 2分]・・・上ノ芝(06:36)[休憩 2分]・・・神楽ヶ峰(07:00)[休憩 5分]・・・苗場山(08:10)[休憩 25分]・・・苗場山神社(08:50)[休憩 5分]・・・苗場山(09:17)[休憩 2分]・・・神楽ヶ峰(10:13)・・・上ノ芝(10:28)・・・下ノ芝(10:53)・・・和田小屋(11:26)・・・かぐらスキー場町営駐車場(11:46)

総距離 約15.3km 累積標高差 上り:約1,387m
下り:約1,387m
コースタイム 標準:8時間25分
自己:6時間40分
コースタイム倍率 0.79
苗場山の予報が良かったので天空の湿原の苗場山に祓川コースで日帰り登山。
日の出時刻早朝4時半前に登山口を出発。
登山口から和田小屋までは20分程途中から舗装道路を歩きます。
ウォーミングアップといった感じでゆっくり目にこちらで登山届を提出。
最初ブナ等の落葉樹林帯を登ります。泥岩帯なので雨の後などは泥土でぬかるんでいて少しつるつる滑ります。
次第に植生もシラビソ等の針葉樹林帯になり岩も多い急登が続きます。
下ノ芝、中ノ芝、上ノ芝と各地点で休憩を取りながらひたすら登り続けます。
途中木道や階段、キンコウカやワタスゲの群落、上ノ芝ではニッコウキスゲの群落に会えました。辛く長い急登ながらも定期的にお花や鳥の囀り、たまに開ける山々の展望で飽きの来ないコースだと思います。
登山口を出発して約2時間30分で神楽ヶ峰に到着!この辺りもニッコウキスゲ、クルマユリなどの群落、正面はカッサダムの湖、平標山方面の眺めがすばらしいです。
ここから少し進むと苗場山にようやく巡り合えます。
最高の展望台です。
ここからいったん下って登り返し。
この登り返しは噂通りの急登です。でも最後の30分頑張ればと思えばなんてことありません。そしてその急登に差し掛かる前に絶景のお花畑が迎えてくれます。
これほど多くの高山植物を楽しむことが出来たお花畑は初体験で興奮しました。
特にシモツケソウ、コキンレイカ、タテヤマウツボグサが印象的でした。
そんな高山植物のご褒美があったので山頂台地まではあっという間に到着。
そこからの眺めもまた別世界。広い大地に池塘が点在しワタスゲがあちらこちらに群落していて木道とのコントラストが抜群に綺麗でした。
山頂へは10分位で到着。ここからの眺望はありませんが、広大な湿原の中にあるよりちょっと小高い樹林帯に囲まれた場所の方が逆に特別な雰囲気があっていいです。
ここから山小屋までは直ぐです。
広大な湿原の中の木道には休憩できるベンチやスペースがあるのでそこでのんびり眺めながらおにぎり朝食。
のんびり湿原を一時間程散策して下山。帰りは二時間ほどで和田小屋に到着。
お昼前で風も雲もほぼ無い状態で神楽ヶ峰から中ノ芝近辺まで日を遮れるような木陰はほぼ無くかなり暑かった。とても上ノ芝で休憩できるような状態になく日除け対策は必須ですね。これからの時期熱中症に気を付ける必要性を改めて感じました。
水場は神楽ヶ峰を下りたところにあります。最後の急登前と帰りの長い道のり前にありがたい水場です。
登山後の温泉は三俣共同浴場 街道の湯があります(¥600)火曜日定休日この他あちこちに共同浴場がありますので越後湯沢温泉 外湯めぐりを検索するとすべて案内してくれるサイトがありますので参考に

登山中の画像
  • 苗場山 祓川コース 登山口
  • 最初はこんな道
  • 直ぐ舗装道路に出ます 20分程歩くと・・・
  • 和田小屋に到着
  • 登山届を提出して
  • ブナの樹林帯
  • 五合半
  • ゴゼンタチバナ
  • キンコウカ
  • イワイチョウ
  • イワオトギリ
  • 下ノ芝
  • 七合半
  • キノコ発見
  • シラビソが良い雰囲気
  • ニッコウキスゲ
  • ワタスゲと木道
  • 中ノ芝
  • 中ノ芝からの眺め
  • さらに上ノ芝
  • 小松原分岐点
  • これから向かう神楽ヶ峰方面
  • 股すり岩を下って
  • 苗場山2.2km 神楽ヶ峰0.2km 祓川(和田小屋)3.8km
  • 正面が神楽ヶ峰
  • 神楽ヶ峰到着
  • 神楽ヶ峰からの眺め
  • そこから少し登ると
  • 本日初対面苗場山! 山頂部は雲がかかっています
  • アカモノ
  • クルマユリ
  • 富士見坂
  • これだけ紅く色づいていました 苗場山とナナカマド
  • 水場(雷清水)
  • お花畑
  • ミヤマシャジン
  • オオハナウド
  • クルマユリ
  • タカネナデシコ
  • ウスユキソウ
  • コキンレイカ
  • シシウド
  • タテヤマアザミ
  • シモツケソウ
  • 唯一見つけたオダマキ
  • ハクサンフウロ
  • タカネニガナ
  • タテヤマウツボグサ
  • 九合目
  • 雲尾坂 最後の急登です
  • いざ!
  • 最初は階段
  • 徐々に角度が急になって 20分位頑張れば
  • 山頂台地到着! わ~って言いました コースタイムは3時間40分くらい
  • 広い、そして綺麗、鳥の囀りが心地いい
  • 気持ちよく木道を歩きます
  • ワタスゲと池塘が綺麗
  • このヒメホタルイ 苗代に苗が伸びているように見える事から苗場山 と呼ばれるようになったとか
  • モウセンゴケ
  • 山頂への分岐右側
  • ひっそりと神社が 伊米神社奥の院
  • 山頂部の広場です
  • 苗場山山頂
  • 三角点
  • 山頂ヒュッテ山頂から3分くらい
  • コバイケイソウと木道
  • イワイチョウ
  • チングルマ もうワタゲでした
  • 遠くにアルプスらしき山が・・・。
  • 360℃大湿原の景色
  • 池塘に映る空がなんとも言えず♪
  • ワタスゲと池塘
  • 帰りは立派な苗場山の姿
  • さようなら苗場山 ニッコウキスゲと
  • かぐらスキー場町営駐車場 苗場山から約2時間半位でした
  • 駐車場横にあるトイレ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする
  • かずおやますき さん
    ありがとうございます。参考になりました。

  • 谷の料理長 さん
    苗場山は本当にいい山ですよ
    是非楽しんできてください(*^ー^)ノ♪

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年4月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!