登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
石鎚山~四国遠征二座目~ 石鎚山(中国・四国)
img

記録したユーザー

おこじょ さん
  • 日程

    2018年5月5日(土)

  • 利用した登山口

    山頂成就駅  

  • パーティ

    2人 (おこじょ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:石鎚登山ロープウェイで山頂駅へ。(GW中で臨時便在り)山頂駅から徒歩約20分で登山口のある成就社へ。

  • 天候

    晴れ
    [2018年05月05日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

山頂成就駅(08:12)・・・石鎚神社成就社(08:32)[休憩 7分]・・・八丁鞍部・・・休憩所(09:43)・・・夜明峠(09:56)・・・二ノ鎖(10:20)・・・石鎚神社(11:11)・・・天狗岳(11:36)[休憩 35分]・・・石鎚神社(12:29)・・・二ノ鎖(12:54)[休憩 10分]・・・夜明峠(13:20)・・・休憩所・・・八丁鞍部・・・石鎚神社成就社(14:24)[休憩 20分]・・・山頂成就駅(14:55)

総距離 約9.0km 累積標高差 上り:約1,176m
下り:約1,176m
コースタイム 標準:6時間7分
自己:5時間31分
コースタイム倍率 0.90
 ゴールデンウィークを利用して、四国の百名山制覇に挑んだ第二弾。二座目は、日本七大霊山に数えられる神聖な山、石鎚山。ほぼ今回の四国遠征の目的地ともいえる石鎚山は、生半可な気持ちでは登れない厳しく(迂回路を使えば安心)もあり、また景色の素晴らしい山だった。


 早朝、黒島の海辺公園キャンプ場から撤収し、車で石鎚登山ロープウェイに向かう。登山口は、石鎚登山ロープウェイの頂上の駅から徒歩で約20分の成就社にある。

 始めはブナの樹林帯の中を高低差100mほど緩やかに下る。その後木の階段の登りが始まりいよいよ本格的に登りが始まった感が出てくる。ここはなかなかしんどい。

 しばらくして、クサリ場に遭遇する。これが「試しの鎖」らしい。ワクワクと不安を背に、大勢の登山者の列に紛れてクサリ場を登る。ほぼ垂直の急勾配で、腕と足が悲鳴を上げそうになる。この試し鎖は登った後にまたほぼ垂直を下る。下りは苦手だ。

 下った後は休憩所があり、その先(夜明かし峠)から、お城のような石鎚山が視界から出現し、気分が上がりに上がる。この先の頂上までの行程(クサリ場)が見えてワクワクと不安がまた浮かぶ。

 クサリ場に着くたびに登山者で渋滞する。さすがは大型連休中、百名山ということもあり登山者がとても多い。ただ、いただけないのは、クサリ場を登り中に渋滞で足を止めなければいけなくなってしまうこと。あの垂直の急勾配を登り中に休める態勢を作って、列の先の方を登る人が登り切るのを待たなければいけない。これには参った。休憩しては登り、休憩しては登り、という感じで、何とか一の鎖、二の鎖、三の鎖を突破した。(そのおかげで、腕と足が悲鳴を上げなかったが)

 クサリ場は、登り専用と下り線用の二つあった。クサリ場に挑む人は、落石の危険がある為、ヘルメットがあった方が良いと思う(ない人が大半だったが)。途中やや大きな浮石がクサリ場にあったので、あんな石が落ちてきたらと思うと恐怖でたまらない。

 頂上は大勢の登山者で溢れていた。景色は素晴らしく、四国の山々と瀬戸内海の島々が拝めた。ここでさらに、現在地の、石鎚神社がある「弥山」から、隣の頂「天狗岳」さらに隣の頂「南尖峰」まで足を延ばした。ここはかなりの痩せ尾根で歩くには注意が必要。

 下山はさすがに怖く迂回路を通った。すべてのクサリ場に迂回路があり、恐怖で足がすくんでしまった人でも頂上まで安心して登れるようになっている。(ただ先輩は、下山もクサリ場で降りたので本当に参った!)

 試練を乗り越えた先に感じたことは、こうして山に登れることに感謝しなければいけないと…そんな誰でも考えるようなことを純粋に感じた。以前から気になっていた、山岳信仰を肌身で感じたのが良い経験になった。

 その後、別子温泉で汗を流し、香川でおか泉のうどんを食べて、四国百名山制覇の旅を終えました。

登山中の画像
登山画像
ついに来ました
登山画像
8:00の便に乗る
登山画像
頂上駅から参道のような道を行く
登山画像
成就社ここから神聖な雰囲気に
登山画像
石鎚山が御神体だろうか
登山画像
登山口
登山画像
大事
登山画像
途中鳥居出現登れない人はここで石鎚山を拝んで…
登山画像
木の階段から急登始まる
登山画像
試しの鎖出現
登山画像
やはり急
登山画像
しばらく進むと視界が開け石鎚山出現!
登山画像
左から南尖峰(なんせんぽう)天狗岳弥山(みせ…
登山画像
登ってますね
登山画像
不安がよぎる
登山画像
二の鎖にラストトイレ
登山画像
鎖はいかつい作り
登山画像
良く見ると文字が
登山画像
天を行く
登山画像
天を
登山画像
試練を乗り越え
登山画像
頂上
登山画像
石鎚神社
登山画像
素晴らしい景色
登山画像
天狗岳へ行く
登山画像
皆に続く
登山画像
あの場所へ
登山画像
油断ならない
登山画像
天狗岳の頂上から瀬戸内海
登山画像
さらに先の、南先峰へ進む
登山画像
あの場所へ
登山画像
南先峰頂上今回の旅の最深部になる
登山画像
引き返す
登山画像
油断ならない
登山画像
石鎚神社に戻り下山開始
登山画像
頂上におびただしいクサリが
登山画像
迂回路の階段
登山画像
安心して登れそう
登山画像
夜明峠で振り返っての石鎚山
登山画像
登山口へ最後の緩やかな登りで疲れがピークに
登山画像
鳥居から始まり鳥居で終わる
登山画像
またいつか登りたい
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

おこじょさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

おこじょ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年6月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?