登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
石鎚山~四国遠征二座目~ 石鎚山(中国・四国)
img

記録したユーザー

おこじょ さん
  • 日程

    2018年5月5日(土)

  • 利用した登山口

    山頂成就駅  

  • パーティ

    2人 (おこじょ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:石鎚登山ロープウェイで山頂駅へ。(GW中で臨時便在り)山頂駅から徒歩約20分で登山口のある成就社へ。

  • 天候

    晴れ
    [2018年05月05日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

山頂成就駅(08:12)・・・石鎚神社成就社(08:32)[休憩 7分]・・・八丁鞍部・・・休憩所(09:43)・・・夜明峠(09:56)・・・二ノ鎖(10:20)・・・石鎚神社(11:11)・・・天狗岳(11:36)[休憩 35分]・・・石鎚神社(12:29)・・・二ノ鎖(12:54)[休憩 10分]・・・夜明峠(13:20)・・・休憩所・・・八丁鞍部・・・石鎚神社成就社(14:24)[休憩 20分]・・・山頂成就駅(14:55)

総距離 約9.0km 累積標高差 上り:約1,176m
下り:約1,176m
コースタイム 標準:6時間7分
自己:5時間31分
コースタイム倍率 0.90
 ゴールデンウィークを利用して、四国の百名山制覇に挑んだ第二弾。二座目は、日本七大霊山に数えられる神聖な山、石鎚山。ほぼ今回の四国遠征の目的地ともいえる石鎚山は、生半可な気持ちでは登れない厳しく(迂回路を使えば安心)もあり、また景色の素晴らしい山だった。


 早朝、黒島の海辺公園キャンプ場から撤収し、車で石鎚登山ロープウェイに向かう。登山口は、石鎚登山ロープウェイの頂上の駅から徒歩で約20分の成就社にある。

 始めはブナの樹林帯の中を高低差100mほど緩やかに下る。その後木の階段の登りが始まりいよいよ本格的に登りが始まった感が出てくる。ここはなかなかしんどい。

 しばらくして、クサリ場に遭遇する。これが「試しの鎖」らしい。ワクワクと不安を背に、大勢の登山者の列に紛れてクサリ場を登る。ほぼ垂直の急勾配で、腕と足が悲鳴を上げそうになる。この試し鎖は登った後にまたほぼ垂直を下る。下りは苦手だ。

 下った後は休憩所があり、その先(夜明かし峠)から、お城のような石鎚山が視界から出現し、気分が上がりに上がる。この先の頂上までの行程(クサリ場)が見えてワクワクと不安がまた浮かぶ。

 クサリ場に着くたびに登山者で渋滞する。さすがは大型連休中、百名山ということもあり登山者がとても多い。ただ、いただけないのは、クサリ場を登り中に渋滞で足を止めなければいけなくなってしまうこと。あの垂直の急勾配を登り中に休める態勢を作って、列の先の方を登る人が登り切るのを待たなければいけない。これには参った。休憩しては登り、休憩しては登り、という感じで、何とか一の鎖、二の鎖、三の鎖を突破した。(そのおかげで、腕と足が悲鳴を上げなかったが)

 クサリ場は、登り専用と下り線用の二つあった。クサリ場に挑む人は、落石の危険がある為、ヘルメットがあった方が良いと思う(ない人が大半だったが)。途中やや大きな浮石がクサリ場にあったので、あんな石が落ちてきたらと思うと恐怖でたまらない。

 頂上は大勢の登山者で溢れていた。景色は素晴らしく、四国の山々と瀬戸内海の島々が拝めた。ここでさらに、現在地の、石鎚神社がある「弥山」から、隣の頂「天狗岳」さらに隣の頂「南尖峰」まで足を延ばした。ここはかなりの痩せ尾根で歩くには注意が必要。

 下山はさすがに怖く迂回路を通った。すべてのクサリ場に迂回路があり、恐怖で足がすくんでしまった人でも頂上まで安心して登れるようになっている。(ただ先輩は、下山もクサリ場で降りたので本当に参った!)

 試練を乗り越えた先に感じたことは、こうして山に登れることに感謝しなければいけないと…そんな誰でも考えるようなことを純粋に感じた。以前から気になっていた、山岳信仰を肌身で感じたのが良い経験になった。

 その後、別子温泉で汗を流し、香川でおか泉のうどんを食べて、四国百名山制覇の旅を終えました。

登山中の画像
登山画像
ついに来ました
登山画像
8:00の便に乗る
登山画像
頂上駅から参道のような道を行く
登山画像
成就社ここから神聖な雰囲気に
登山画像
石鎚山が御神体だろうか
登山画像
登山口
登山画像
大事
登山画像
途中鳥居出現登れない人はここで石鎚山を拝んで…
登山画像
木の階段から急登始まる
登山画像
試しの鎖出現
登山画像
やはり急
登山画像
しばらく進むと視界が開け石鎚山出現!
登山画像
左から南尖峰(なんせんぽう)天狗岳弥山(みせ…
登山画像
登ってますね
登山画像
不安がよぎる
登山画像
二の鎖にラストトイレ
登山画像
鎖はいかつい作り
登山画像
良く見ると文字が
登山画像
天を行く
登山画像
天を
登山画像
試練を乗り越え
登山画像
頂上
登山画像
石鎚神社
登山画像
素晴らしい景色
登山画像
天狗岳へ行く
登山画像
皆に続く
登山画像
あの場所へ
登山画像
油断ならない
登山画像
天狗岳の頂上から瀬戸内海
登山画像
さらに先の、南先峰へ進む
登山画像
あの場所へ
登山画像
南先峰頂上今回の旅の最深部になる
登山画像
引き返す
登山画像
油断ならない
登山画像
石鎚神社に戻り下山開始
登山画像
頂上におびただしいクサリが
登山画像
迂回路の階段
登山画像
安心して登れそう
登山画像
夜明峠で振り返っての石鎚山
登山画像
登山口へ最後の緩やかな登りで疲れがピークに
登山画像
鳥居から始まり鳥居で終わる
登山画像
またいつか登りたい
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

おこじょさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 石鎚神社頂上山荘~石鎚山
    石鎚神社頂上山荘
    頂上付近はツマトリソウやミヤマダイコンソウが咲いています。来週より石鎚神社の夏山大祭になります
    19年06月25日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

おこじょ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?