登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
20180819 苗場山登山 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

まさゆき さん

この登山記録の行程

三合目(09:35)・・・九合目坪場・・・苗場山神社・・・苗場山(12:00)[休憩 30分]・・・苗場山神社・・・九合目坪場・・・三合目(14:15)

総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約889m
下り:約889m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:4時間10分
コースタイム倍率 0.68
日本百名山の一つ、苗場山へ。

東京からは祓川コースが一般的だが、折角なので登山後に秋山郷の小赤沢温泉に入ろうと考え、今回は小赤沢コースを選択。

前日に新潟県の六日町に前泊したが、そこからでも登山口まで2時間かかるというアクセスの悪さ。
国道が整備される前は、冬は外界と途絶され、飢饉で集落が全滅することもあったとか。
その国道といっても車1台ぐらいの幅しかない区間が多く、秘境感溢れる山の中を進んで、ようやく登山口駐車場に到着。

アクセスの悪さからか、行楽日和にもかかわらず駐車場にはだいぶ余裕があった。
しかし、駐車場にはトイレが設置されていて、出発場所としては不足ない。

準備を整えて、いざ出発。
駐車場からすぐに3合目の標識があり、標準タイムで登り3時間半、下り3時間とのこと。
気軽な日帰り登山が可能である。

最初は緩やかな樹林帯の中を進んでいく。
今週末は秋の爽やかな空気に包まれて、とにかく歩いていて気持ちがよい。

この調子なら楽に山頂に行けるかと思いきや、徐々に岩が多くなり、傾斜もきつくなってくる。
所どころ鎖場も見られるようになり、息が上がり、風もなくなったので汗が噴き出してくる。
(鎖場といっても、鎖に頼らずとも上り下りできるぐらいの傾斜なので、気を付ければ危険な箇所ではない)
基本的にこのルートは頂上に近づけば近づくほど傾斜が辛くなってくるので、ペース配分には気を付けられたい。

樹木がなくなって視界が開けてくると、いよいよ頂上の湿原帯かと期待が高まる。
最後の階段を抜けると、目の前には期待通りの光景が広がっていた。
心地よい風が草を静かにゆらし、湿原の向こうには山々が佇んでいる。
聞こえるのは風になびく草の音と、小鳥のさえずりのみ。
まさに天上の楽園という光景である。

早速ここで休憩したい気分になったが、地図上では頂上付近はさらに広い湿原が広がっているようなので足を進めることにする。
再び樹林帯に入り、少し歩くとまた視界が開け、湿原の光景に戻る。
数字にすると700ヘクタールということだが、とにかく広い。
しかも尾瀬のように山に囲まれている湿原ではなく、湿原が山頂にあるので、他の湿原よりも開放感が全然違う。
一般的な知名度は(少なくとも関東では)まったくない山だが、こんな素晴らしい光景が見られる山を知ることができて、登山をやっていて良かったとしみじみ感じた。

山荘の奥に頂上があり、頂上は眺望がなかったが、湿原全体の眺望が良いのであまり問題ではない。
湿原のエリアは木道が整備されていて、ゆったりと散歩気分で散策できる。
折角なので、反対側の祓川コースに入るところまで行ってみたが、こちらもよい景色であった。

一通り歩いてから、景色を独り占めできる場所を選んで、昼食をとる。
とにかく気持ちのよい気候で、このまま翌日の会社をさぼって泊まりたいぐらいである。
しばらく頭を空っぽにして風景を眺めていたが、東側から雲が徐々に迫って曇り気味になってきた。
体の疲れも癒え、よい頃合いだったので下山することにした。

下山は同じ道なのであまり書くことはないが、濡れている岩は結構滑りやすかったので、下山時は特に注意が必要だと感じた。

3合目駐車場に到着した時刻はちょうど暑い時間帯で結構汗をかいてしまったので、自然と温泉に気持ちが向く。
電波が届かずナビを利用できなかったが、標識があるのでそれをもとに進み、30分程度で小赤沢温泉の楽養館に到着。

建物は古風な木造で味がある。
浴室に入ると、写真通りの赤い湯で、源泉掛け流しの本格的な温泉である。
顔を湯で洗ったところ、唇に付いた湯が舌に触れただけで、鉄粉をなめたのかと思うぐらい鉄分が強い。
温度は比較的ぬるめで長風呂ができ、ゆっくりと登山の疲れを癒すことができた。

苗場山は一般的には知名度は高くはないが、山頂の湿原は素晴らしいに一言につき、百名山に相応しい山だと感じた。
余裕があれば、日本の秘境100選である秋山郷の観光も兼ねて訪れるとさらに楽しめると思う。

登山中の画像
登山画像
3合目駐車場の登山口
登山画像
最初は爽やかな樹林帯が続く
登山画像
段々と傾斜のきつい岩場が出てくる
登山画像
湿原に入る前に振り返った際の風景
登山画像
この向こうにどんな景色が待っているのかと胸が…
登山画像
まさに天上の楽園
登山画像
山頂にこんな素晴らしい湿原が広がっているなん…
登山画像
交流センター。センター内にはトイレもある
登山画像
山頂付近は平らなのであっさりと到着
登山画像
秡川コース側からの景色
登山画像
ここでお昼を食べるのは最高の気分だった
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

まさゆきさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

まさゆき さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。