登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
天に向かって木道と木段の稜線歩き 奇跡の風景  「平標山」 平標山(上信越)
img

記録したユーザー

ポンタポンタ さん
  • 日程

    2018年9月1日(土)~2018年9月2日(日)

  • パーティ

    2人 (ポンタポンタ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:関越自動車道・越後湯沢ICよりR17(三国街道)で平標登山口駐車場

  • 天候

    曇り
    [2018年09月01日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

第1日目:松手山コース
平標登山口駐車場(10:50)・・・鉄塔・4合目(12:25/12:35)・・・松手山・6合目(13:15/13:20)・・・平標山山頂(15:00)・・・平標山の家(15:45)

第2日目:平元新道
平標山の家(7:39)・・・平元新道登山口(9:05)・・・分岐で10分休憩・・・平標登山口駐車場(10:01)


総距離 約10.5km 累積標高差 上り:約1,071m
下り:約1,070m
1日目:平元新道
平標登山口駐車場~平標山の家(荷物預け)~大源太山~山の家泊
2日目:松手山コース
平標山の家~平標山~仙ノ倉山~平標山~松手山~平標登山口駐車場
を予定していたが、台風の影響でぎりぎりまで検討。
9/1㈯ 午前中雨、お昼頃から天候回復となっていたのでルート変更して行くことにした。

「関越トンネルを抜けると、そこはゲリラ豪雨だった。」
越後湯沢ICで下り、大雨の中、登山口(みなかみ方面)へ向かう。
トンネルを抜けるごとに雨は弱まり、登山口に着く頃には、雨は止んでいた。
駐車場でコースを確認し、レインウェア着て松手山登山口へ進む。
早速階段から始まり、一睡も出来なかったせいか、靴の重さを感じて歩く。

1合目を過ぎると岩の急坂、滑らないように注意。
2合目で束の間の緩やかな道になり、また急坂が始まる。
最初の目標の鉄塔はまだかと言いながら歩いていると目の前に巨大な鉄塔の出現に喜ぶ。
鉄塔の下(4合目)で小休止。水分補給し、レインウェアを脱ぐ。
松手山(6合目)までは急坂で、山頂からは何も見えない。
松手山からは傾斜が緩み、歩きやすくなる。
7合目は緩やかで、8合目は急な階段で結構しんどいものがある。
天に向かって階段が続いているようだ。
霧雨がパサついたので、レインウェアを着る。
9合目になるとまた歩きやすくなり、山頂(1984㍍)となる。
360℃真っ白の世界で何も見えない。
地図と道標を確認して山の家に直行。

山の家までは下り階段、塔ノ岳を思い出し、横向き歩きをした。
歩いていると急にガスに丸い穴が空き、その中に赤城山が現れた。
ガスの額縁の中に赤城山、自然が作り出した奇跡の風景を急いでカメラを取り出し撮影。
そのうちガスは消え、広がる空と山の世界。
樹木の山ではなく、草や笹の山なので、遮るものがなく、自分の背より高いものがない。
こういう山はそんなにないと思う。
草は秋色に染まり始めていた。
今月最週に山友4人で平標山に行くが、草紅葉が楽しみだ。
きっといい色に染まっているだろう。
青空と秋色の山を期待したい。

ふと下を見ると山小屋が見えた。
屋根の下に光るものがあった。
やわらかな光を見て安心し、山小屋に迎えられている気分だった。
電気(玄関ライト?)かと思ったら、何と換気扇の屋外カバーだった。
あんなに遠くから、換気扇が光っているのに驚いた。

「こんにちは!」
湧水のあるこじんまりとした山小屋で、トイレは臭いが一切なく、きれいです。
夕食前に眺めの良い贅沢な空間でティータイム
食事は野菜を中心とした丁寧でやさしいお料理、夕食も昼食も大変美味しくいただきました。(*^_^*)
山小屋のご主人とのお話は楽しく、あっという間に就寝時間になってしまった。
宿泊客は私たち二人で貸切状態、14名の予約があったそうですが、
12名キャンセルしたそうです。

2日目、小雨がぱらつく中、平元新道で駐車場へ下りる。
雨はすぐ止み晴れてきた。
山小屋からすぐの所は急坂で足元が悪く、滑りやすい。
途中から階段になり、ゴロゴロ道を下っていく。
前日は一人、2日目は9組30人以上と出会った。
平元新道登山口から駐車場までの林道歩きが長い。
ゲートを過ぎ、バス停(直進)と駐車場(右)に道標上は分かれるが、
最後は同じ場所に出ることになる。
幅の広い林道で歩きやすいバス停(直進)をおすすめする。
2台しかなかった駐車場にはたくさんの車が停まっていた。
駐車場でゆっくり荷物整理をして越後湯沢方面に行く。

昼食は6年前にテニス合宿で利用した「だんろの家」に寄ることにした。
食欲魔人と化した私たちはたくさん注文して完食。
6年前を懐かしみ、平標山での2日間の話で盛り上がった。
楽しい山旅を送ることが出来た。
また歩きたい山、また泊りたい山小屋、また会いたい管理人ご夫妻。
平標山はそいうところでした。
また今月行かれることが、嬉しく楽しみでならない。

山小屋・避難小屋一覧表
http://www.e-yuzawa.gr.jp/travel/yamagoya.html

カフェ&レストラン「だんろの家」
http://www.takibi.com/

登山中の画像
  • 平標登山口駐車場Ⓟ 10:50 スタート
  • 花の山らしい・・・。
  • 登山届忘れずに!
  • 松手山コースはまっすぐ
  • クマに会いたくない。
  • 早速階段
  • 1合目
  • 急な岩 滑らないように気をつけて
  • 2合目
  • 束の間の緩やかな道
  • 3合目
  • 正面に巨大な鉄塔
  • 4合目 鉄塔 1411㍍
  • 小休止 レインウェアを脱ぐ
  • 6合目 松手山 1614㍍
  • 松手山からは何も見えません。
  • 秋だわぁ・・・。
  • 花に癒される。
  • どこまでも天に続く道
  • 7合目
  • 8合目 霧雨がパサパサ
  • 汗冷えしないようにレインウェアを着る。
  • 9合目 少し風が出てきました。
  • 平標山 1984㍍
  • 何も見えないので、山小屋直行
  • 《奇跡の風景》  真っ白で何も見えない。
  • 小さな丸い穴が空き・・・
  • 赤城山が出現!
  • 白いガスの額縁
  • しだいにガスは消え・・・
  • 全開!
  • 草は色づき始めてます。
  • 山小屋が見えた!
  • おーい!
  • こんにちは!
  • こじんまりとしたきれいな山小屋です。
  • 展望抜群!
  • 夕食前のティータイム
  • 夕食 野菜中心で美味しい。
  • 朝食 (^_^)v
  • 平元新道を下ります。
  • 平元新道登山口
  • ここから長い林道歩き
  • ゲート通過
  • 分岐を右に分け直進  どちらを歩いても・・・
  • 最後はここへ出ます。
  • 10:01 ゴール! 平標登山口駐車場Ⓟ
  • 平標山と仙ノ倉山のピンバッジ  次回の山行迄にTシャツの入荷が間に合うか?
  • カフェレストラン「だんろの家」 
  • 食欲魔人と化した私たち
  • 完食でーす。
  • ごちそうさまでした。(*^_^*)
  • 寄り道 JR上越線 土合駅
  • 日本一のモグラ駅
  • ホームまで10分 途中に休憩ベンチあり
  • 地底70mにある下りホーム 涼しい。
  • 階段5段ごとに踊り場があり  1,2,3,4,5段、1,2,3歩 歩きやすい。
  • 終りかと思うとまだ24段ある。
  • 最後の486段目 お疲れさまでした。
  • 後日2回目の山行 9/28㈮
  • 紅葉が進んでました。
  • いい感じの見頃です。
  • 入荷してました。(^_^)v 夏に着て行きます。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、カップ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ポンタポンタさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    登山道では夏の花たちが真っ盛り。夏の最後を彩るヤナギランの群生も見事。午後は夕立雷に注意
    19年08月10日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ポンタポンタ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年8月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。