登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
那須岳2018夏 那須岳 朝日岳(関東)
img

記録したユーザー

kim410 さん
  • 日程

    2018年8月31日(金)

  • 利用した登山口

    山麓駅  

  • パーティ

    5人 (kim410 さん 、ほか4名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:6:00都内発 - (首都高&東北道経由)- 9:20 ロープウェイ駐車場着

  • 天候

    曇のち雨(雷注意報あり)

この登山記録の行程

山頂駅(09:50)・・・茶臼岳(10:20)[休憩 20分]・・・峰ノ茶屋跡(11:10)[休憩 20分]・・・県営駐車場(12:00)・・・山麓駅(12:10)

総距離 約4.1km 累積標高差 上り:約264m
下り:約565m
コースタイム 標準:1時間55分
自己:1時間40分
コースタイム倍率 0.87
6:00に都内出発。五反田より首都高5号線にのり、東北道へ。
この新しい首都高が出来たお陰で、狭い首都高で都内をグルグル走らず、東北道や中央道に乗れるようになって、すごく便利。でも、ず~っとトンネルの中なので、有事の際はちょっと怖い。

途中、東北道で事故渋滞があったが、概ね予定通りロープウェイ口に到着。ネットで下調べの際、このロープウェイ、タイミングが悪いと激込みで、駐車場も確保出来ず、Uターンも出来ないので悲惨な事になるらしい。紅葉にはまだ早いし、夏休みも最後の金曜だったせいか、直近の駐車場にこそ止められなかったが、すぐ近くに駐車スペースを確保。一安心。

ロープウェイは、片道大人¥950(往復だと¥1800だったかな)。所要4分程度で山頂駅に。乗車の際、「今日は雷注意報が出てますので、早めの下山をお願いします!」と係の人が声を掛けている。
なんか、最近雨ばっかりだな~。でも、ロープウェイから見える朝日岳が凛々しくて、何とか登れますようにと祈りつつ、登山開始。

雲が掛かっていて、麓の景色はボヤけた感じだけど、これはこれで中々良い。観光地なだけに、ワンちゃん連れの方や、小さなお子さん連れ、老夫婦など様々な人が茶臼岳目指して歩いている。

道は、大小石がゴロゴロだけど、しっかり整備されていて歩きやすい。景色も良いため、気持ちが良い。途中、合わせて170歳近くだという老夫婦とすれ違う。那須岳にしてはお二人ともすごい荷物だな~と思っていたら、前の日安達太良山に登ってこられたとか。既に100名山は制覇しているとか。すごいな~~。
最近自分の母親が歩けなくなってきて辛い思いをしているのを傍で見ているので、80過ぎても元気に山歩きが出来るってホント素晴らしいな~。「山はいいよ。山に来ると嫌な事ぜ~んぶ流れてっちゃうんだよ」とおじいさん。おばあさんは終始ニコニコ。こんな風に歳取れたら、言う事ないだろうな。これからもどうかお元気で山を楽しんで下さい。

いかんいかん、また母一人遅れる。
茶臼岳山頂につくと、次男と三男は祠前の大きな岩に登って、早くもおにぎりタイム。そんなに歩いてないんですけど~~。

曇りつつも、南月山方面、朝日岳といい眺めだったので、「ここで1枚写真撮ろうよ~」と母。すると「え~、めんどー。朝日岳で撮ればいいよ~」と子供たち。そんな事言って行けなかったら、また写真撮れないじゃん。最近家族5人が揃う事が滅多になくなった我が家。結局、この後母の予感が的中したのでした。

峰の茶屋跡まで朝日岳を眼前に軽快に歩きます。が、早くも雲行きがあやしい・・・。むむむ。案の定、分岐の茶屋跡にくると雨がポタポタ。
これぐらいの雨なら行けるよ!と急いで雨具を装着するも、雨はザーザーに。そして、風がゴウゴウと。
ん~、ん~、断腸の思いで、今回もまた下山決定!くぅ~~。

辛い事が大嫌いな長男一人、満面の笑み。またもや登れず終いの三男はがっくり。しかし、そうと決まれば、小屋の中でゆっくりおにぎりでも食べて行こう。雨を避けて、小屋の中はあっという間に満杯。

この茶屋跡は、キレイな小屋で景色も良く休憩に持ってこいですが、残念ながらトイレがありません。。。(涙)ここにトイレがあると、すごく安心なんだけどなぁ~。最近行きたいコースがあるも、途中にトイレがなくて、躊躇する事多々あり。樹林帯なら携帯トイレも可能だろうけど、稜線に出ると隠れるような箇所もないよなぁ~。女性登山家の皆さん、どうやりくりしてるんだろう?真夏なら汗かいて何とかなるのだろうか?それでも限界ってあるだろうし。。。

予感通り、山頂での1枚が撮れなかったので、小屋前で貴重な家族写真。みんな合羽姿で景色もないので、写真写りとしては・・・("^ω^)

下山はロープウェイを使わず、峰の茶屋跡から峠の茶屋まで、左手に朝日岳を見ながら、山肌に沿って気持ちの良い道。いや~、那須岳、正直ついで登山だったので、あまり期待してなかったけど、いい山だな~~。途中、歩荷さんとすれ違って、反対側に良さげな温泉付き山小屋があるのを知る。これはもう、近い内に是非とも再訪せねば!登山道もしっかり整備されているし、初心者でもあまり苦労せず、山の醍醐味を味わえる素晴らしい山。但し、紅葉シーズンとか混雑時は避けた方が無難かな。

下山後は、すぐ近くの鹿の湯へ。
こちらもまた、ネットで様々なコメントが寄せられていたので、ちょっと緊張しながらお邪魔する。結果、久々にいい温泉入った~~!といった感じの素晴らしいお湯でした。面倒がっていた子供たちも皆一同に、「すごい良かった!!」と大満足。

温泉の次は、藤城清治さんの美術館で夢の世界。
いや~、那須岳、間違いなく一押しです!!









登山中の画像
  • 登山開始
  • 山頂にある大岩に登って
  • 大岩のへりに座っておにぎり
  • 茶臼岳にある祠
  • 茶臼岳山頂
  • 峰の茶屋跡の向こうに雲
  • 茶屋跡到着
  • 下山開始
  • 頭巾姿の狛犬
  • 鹿の湯最高!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、ライター
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kim410さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

kim410 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...