登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
四国一厳しい山 石立山 石立山(中国・四国)
img

記録したユーザー

みねるう゛ぁ さん

この登山記録の行程

【登り別府峡ルート】別府峡第一駐車場(06:45)…別府峡吊り橋(06:50)…百間滝分岐(07:10)…鞍部道標(07:30)…竜頭谷出合(07:35)…稜線1183m(08:27)…稜線1472m(09:20)…西峰(09:50)…捨身嶽(10:00)…石立山山頂(10:50)…【下り日和田ルート】下山開始(11:40)…分岐道標(12:12)…避難小屋(12:20)…日和田登山口(13:44)…195号沿い登山口(13:55)…【デポ自転車で別府峡へ】別府峡第一駐車場(14:36) ※全行程休憩時間も含めて


総距離 約13.1km 累積標高差 上り:約1,829m
下り:約1,817m
2018年10月20日、石立山に行ってきました。

大雨や台風の影響等々で登山口までの道路や登山道が荒れており、
長らく入山禁止になっているとの噂がありました。
そこで、事前に香美市物部支所と高知中部森林管理署に、
石立山入山の可否について問い合わせをしました。

結果は可!
石立山の別府峡の、錦帯橋に以前あった入山禁止の看板は、現在は撤去済み。
登山道は荒れているところもあるが、今は入山OK!
だたし、「可だが荒れているので無理はせず、十分に注意してください。」とも。
また、「直近で大雨とかあると状況が変わるので、その場合は再度確認してください。」
とも言われました。
そして別府峡に向かう道路は、別府峡の先で通行禁止になっているものの、
別府峡第一駐車場までの道は陥没・崩落等は無し。
国道195号との分岐点に「通行止」の看板は出ているが、
別府峡第一駐車場(のもう少し先)までは進入可…
と、現時点で問題はない事が確認できたので、四国一厳しい山、
石立山に挑戦することにしました。

アクセスですが、高知道を南国ICで降り、国道195号で別府峡へ。
工事中で交互交通になっている所は何カ所かありましたが、
さすが100番台国道。ずっと2車線で快適です。
剣山系にしては、周囲の400番台の国道…いや酷道とは違います。

今回は、
 ① 別府峡ルートで登頂
 ② 日和田ルートで下山
 ③ 日和田にデポした自転車で別府峡駐車場へ
といった行程で石立山に行きましたので、
「3つの行程別」+「その他情報」で記録しておきます。
写真の頭に付けてある番号も、行程に従っていますのでご参考に。

【 ① 別府峡ルートで登頂 】
別府峡に向かう前に、まず国道195号線沿いの日和田登山口に自転車をデポ。
別府峡ルートピストンで予定していますが、
一応、保険でルートを変えられるよう自転車をデポしました。
(結果的には、デポした自転車を使いました。)

別府峡ルートの率直な感想です。ずっと”登ってる”感じでした。
所々、緩やかな所はありますが、基本、ずっと登り続けています。
別府峡第一駐車場から、竜頭山と石立山の一部が見えます。
うん、壁でしょ、あれ。斜めじゃない…
「登ったらいけんやつ」じゃな… ̄□ ̄;
島根の三瓶山(男三瓶)が意外にも急登な感じの厳しい山でした。
が、これはその比ではありません。
雰囲気で言えば、今まで見た中で一番まっすぐ縦なお山です。

まぁ、行きましょう。まずは錦帯橋を渡ります。
登山口一歩目から竜頭山の鞍部道標までは、急登をつづら折りで一気に登ります。
問い合わせで回答いただいた通り、本当に道はかなり荒れていました。
道幅は狭く、しかも荒れているためにルートが所々はっきりしません。
同じ様な景色が続くと、ついつい踏み跡っぽい所を頼りに進んでしまいますが、
それで気がついた時にはルートを外していた事が、2度ありました。
気がついても急登な上に足場が不安定で、戻るに戻れず、
先に見えるルートへの復帰を目指した方がまだ安全ぽかったので、
足下に注意しながら進み、ルート復帰しました。

とにかくルートを外すと足場がもろく、ひどく不安定です。
やはりルートを外すというのは危険です。
赤いテープを探しながら、ルートを外さないように気をつけてください。

竜頭山の鞍部道標まで来れば、もう少しだけ登って、
その後はやや急な下りを降り、竜頭谷へ。小さな渓流を渡ります。
普段は水量が少ないらしく、
ルートにそって行けば足をぬらすことなく、飛び石で徒渉できます。
この日も大丈夫でした。

徒渉後はいよいよ石立山稜線部を登っていきます。急登です。
まず稜線部へ出る道。竜頭谷を渡ってすぐですが、
この道がまたはっきりしません。
どこを見ても同じ様な状態に見えて、時々立ち止まってルートを探します。
これ、下りでここ来たら本当に道に迷ってしまいそうな気が…
他の方の記録で、『午前中に山頂に着かなかったら、石立山は下山の判断を!』
とありましたが、確かにここを薄暗くなってから下るとなると、
「急」「ルートがわかりにくい」「道が崩れやすい」など、
いろんな怖さを感じます。下山時、特にここは明るい内に通りたい。

そんな事を考えながら谷部を登り切ると、
いよいよ稜線に出て、岩場が続きます。
ここまで来ると、さっきまでわかりにくかったルートが逆にはっきりします。
…稜線部で、両端は落ち込んでますから、道は、もうそこにしかありません!^^;
そして他の山なら鎖なりロープなりのありそうな、急な所も、
そんなものはありません。(ごくごく一部に、ロープがありました)
三点支持で安全を確保し、確実に登ります。確かに、危険ですし、しんどい山です。
でも、自分で足場とルートを決めながら登っていく楽しさもあります。

そうやって岩場を登り切り、少し緩やかな箇所を時々挟みつつ、
ナイフリッジとまでは言わないまでも両方が斜面の狭い稜線部歩き、
岩場、岩場、急登道、岩場、やせ尾根、岩場…と、
飽きることなく!?チャレンジングなルートで頂上を目指せますよ(汗

急登であるので、見えているピークは本当のピークではなく、
「あそこまで登ったら山頂が見えるかな」と思って頑張っても、
次に見えてくるピーク(らしきもの)もやはり偽ピーク。
ずっと”登ってる!”はずなのに、登っても登っても、キリがない…です。
そしてスマホのGPS機能で地図を見ると…
時間と感覚で予想はついていましたが、まだ半分^^;
さすが、四国一厳しい山。挑戦のしがいがあります。

そんなことを何度か繰り返しながら、頑張って西峰につくと、
ようやく石立山山頂部と、表紙画像に選んだ『捨身獄』が見えます。
正確には捨身『嶽』なのでしょうか。
でも道標が『獄』なので、『捨身獄』とここでは記載しておきましょう。
獄の方が石立山感…厳しい感が^^;

せっかくなので、捨身獄に。荷物を置いて、体一つで向かいます。
足場を確認しながら慎重に足を運べば、難しいことはありませんが、
切り立っていますし、狭く足場のもろそうな所もありますので、
捨身獄に向かわれるときはくれぐれも注意してください。
滑落すればタダでは済まない、まさに”捨身”であることは、
一目見れば分かると思います。

捨身獄からもどり、いよいよ石立山山頂へ。
狭く厳しく急な登山道とは逆に、山頂部は思いのほか広く平らです。
確かに、眺望はいいのです。達成感もあります。
ただ…なんかいまいち!?感動にひたれません。
剣山や三嶺の様な、先に続く稜線の美しさはここにはありません。
石鎚山の様な威厳や、
大山の様な山と空と海と海岸線の調和が見せる素晴らしさ的なものも、もう少し。
三瓶山の様な、一面ススキの原に感動!な植生の楽しさも…。

なんでしょう…
達成感よりも、鹿の食害や立ち枯れ白化など厳しい現実を見て、
ちょっと冷めた感じです。
自然保護とか植生の回復とか、いろいろ考えてしまいます。
石立山がこんなに登り甲斐のある山なのに、
イシダテクサタチバナやビャクシンなどユニークな植生をもつのに、
訪れる人が少ない原因の一つなのかもしれません。

でも、周囲の山より少し高いので、360度、間違いなく見晴らしはいいです。
(本当に、鹿の食害、立木の白化など、荒れは目立ちます。)
当日は南側は雲がかかっていて、残念な事に剣山方向がよく見えませんでした。
しばらくすると部分的には雲がはれてきて、白髪山や高ノ瀬と思える山は見えました。
もう少し晴れて遠方が見通せるようになれば、三嶺や天狗塚も見えそうです。
高知湾側に目を向けると、こちらは遠方まで快晴で、
高知側の山々とその先に太平洋が見えます。
そういった点では、とても清々しかったです。

少し休憩をして、下山開始。そこでルートをどうするか悩みました。
もともとは別府峡ルートピストンのつもりだったのですが、
初めての石立山だったので、日和田ルートにも興味があります。
厳しいと言われる山の、別ルートはどうなのか…
日和田ルート登山口に自転車を念のためデポしており、
下山後の移動手段は確保してあるので、
せっかくですから、下山は日和田ルートでいってみることにしました。

【 ② 日和田ルートで下山 】
曇り気味だった天候が回復し、こちらは日の当たる側の斜面でもあるため、
そして遠方の見晴らしもいいので、日和田ルートは随分明るい雰囲気です。
ただ、別府峡ルートに負けないぐらいの急登!
岩場はこちらが少ないですが、急さなら負けていません。
自分としては、登るなら日和田ルートの方が厳しいんじゃないか、と思えました。
これ、相当しんどいよ…下りでよかった…と。
(最後の【その他】で、その辺の事を記録してありますので、よろしければそちらも)

途中、別府峡に向かう別ルートとの分岐がありました。
ロープが張ってあったので、通れないのかな…
でも道幅半分ぐらい張ってあって、半分は開いてるんですよ。
禁止ともなんとも書いてはないので…どうなんでしょう。
情報があれば、知りたいところです。

さて、日和田ルートを続けてずっと下っていくと、
やがて植林の中を下るようになります。
植林部からは道幅も狭く、急斜面をつづら折りで下っていきます。
途中、一度植林部を抜けますが、また植林の中を下っていきます。

ルートの途中にある「水場」を過ぎると、道はつづら折りではなくなりますが、
依然道幅は狭いままです。
傾斜は幾分緩やかになりますが、小さいなりにでも渓谷脇を通るので
道幅は狭いのに高さがある箇所があります。滑落に注意です。

しかし、このあたりは、道は確かに狭く険しく厳しいのですが、
所々木で法面を補強してあったり、崩れている所には橋が架けてあったりと、
手はよく入っている印象です。
植林で使われるのでしょうが、登山者にとってもありがい事で、感謝です。

これで再度植林部を抜ければ、ようやく日和田登山口に到着ですが、
ここは作業路(林道?)になります。
実はここに車2台分ぐらいのスペースがあります。
しかし、大型作業車の転回場所につき駐車禁止となっています。
自転車なら端によせて置かせてもらえそうですが、
まず地元の方に迷惑をかける行為は、登山者として避けたいところ。

「国道195号線沿いの」日和田登山口は、さらにもう少し下った先です。
本来の登山道がこの近くにあるのでしょうが、
自分は舗装路を下って国道195号に出ました。
ちょうど四つ足峠トンネル徳島側入り口前にでます。
そこから国道195号線沿いにもう100mほど下っていくと
国道195号沿いの日和田登山口に着きます。
最初に記録したように、自分はこちら側の道路脇、通行のじゃまにならないよう、
道沿いから2mほど奥に入ったところに、自転車をデポしておきました。

【 ③ 日和田にデポした自転車で別府峡駐車場へ 】
国道195号線、日和田登山口から約800mほど、
四つ足峠トンネル途中までは、まず上りです。
特に最初の100m、四つ足峠トンネル入り口までは立ちこぎです。
が、しんどいのはここまで。
あと約700m、トンネル内途中まで更に上りは続きますが、
ここは座ってこいでも加速してしまうぐらいの緩やかな上りです。
ひょっとして、目の錯覚で実は緩やかな下りなのかも…と思えるぐらい。

この後、別府峡駐車場手前に一部緩やかな上りはありますが、
トンネル途中までの上り坂を上りきったら、後は約4km、
別府峡第一駐車場まで、基本軽快な下り道です。気持ちいいですよ!

あ!行程グラフ、トンネルの所は参考にしないでください!!
グラフで言えば、横軸8Km~10Kmの間にある小さなお山のところ。
グラフではここは一気に200m上り下りする急登になっていますが、
これは『その位置の山を、歩いて越えた場合』がグラフ化されています。
トンネル内を通過なので、当然、実際の山の傾斜(グラフ)と違います。

トンネルを抜けると、下りの傾斜は更に急になります。
スピードが出やすい上に、カーブも急なのでとばしすぎに注意です。
特に対向車には気をつけましょう。
対向にはみ出した自転車が車と正面衝突なんて、しゃれになりません^^;

また、この道の逆を自転車でいくのは、行程のほとんどが上りとなるので、地獄です。
なので、下山口を変える場合のルート選びは慎重に。
ただし、先述の様に日和田側は駐車スペースに苦労しそうです。
近くの民家さんにお願いすれば、
日和田下山口の転回スペースに駐車させてもらえるという情報もありますが、
広い駐車場のある別府峡側がやはりメインとなるのかな、と思います。

途中で国道195号から別府峡への道に入り、
いよいよ別府峡駐車場が近づいてきます。
第二駐車場前・橋の所で、かわいい熊のオブジェが2体お出迎え。
でも登山者的には、熊さんとの出合いは微妙です…^^;
知人にその写真を見せたら、「このサイズの熊なら勝てる!」と言ってました。
立ち会い!?で気合いを見せつければ、熊の方が戦意を消失するのだとか…
ホントか!?^^;

【 その他 】
石立山は、ここにしかない貴重な植生をもった、魅力的な山です。
しかし、誰でもが気軽に入山できる山でもありません。
別府峡ルート、日和田ルート、どちらも急登で、
四国一厳しい山の異名は、伊達ではありません。

今回、駐車場に戻ってみたら車が1台増えていましたが、
自分の車以外はその1台のみ。
こんな良い時期に、わりと有名な山なのに、
始めから下山するまで、途中誰にも会わなかった登山は初めてです。
別府峡ルートでピストンしていればこの車の方に出会ったかもしれませんが…
それでも、きっとそれだけ、です。

別府峡ルートは、山頂までわりと携帯電波が通じていたように思います。
日和田ルートは、気がつくと途中から登山口まで、電波が届かない状態にありました。

入山者が少なく、ルートは急。もし怪我をして動けなくなっても、
特に日和田ルート側は電波が届かず、連絡手段がなければ、
しばらく(下手をすると数日)誰にも気がついてもらえないかもしれません。
別府峡ルートは岩場が多く、単独ならまだしも、複数で登ったり、
他に先行する登山者がいたりした場合は、
落石に備えてヘルメットがあった方がいいと思います。

行程グラフで見ると別府峡ルートの方が急で、それは客観的には事実です。
でも、「ルート上に点在する岩場を三点支持で登る別府峡ルート」は、
登るのに一時的でも『手の補助』がつきます。
に対して、多少岩場はありますが「道が主の日和田ルート」は、
ポールを使うにしても『足で』登り続けます。
道でも岩場でも基本は足ですが、三点支持の手の補助は、やはり足にはありがたい。

登るスタイルの違いから、感覚として、
自分は別府峡ルートよりもの日和田ルートの方が(登るのは)厳しく感じました。
そこは人によって変わってくる所だと思います。
また、下りだけで言えば、岩場で足の運びが慎重にならざるを得ない、
別府峡ルートも厳しいでしょう。

岩場が苦にならないのであれば、別府峡ルートを。
急登でも登り続けられる健脚さんならば、日和田ルートを。
どちらのルートを選択するかは、登山スタイルに応じて選択したらいいと思います。
自分がもう一度行くなら、別府峡ルートピストンを選択します。

もっとも、日和田ルートは駐車場の問題があるので、
実質メインは別府峡ルートとなるでしょうか。
いずれにしても、どちらを選んでも、
『四国一厳しい山』であることにかわりはないと思います。

自分は単独で登りましたが、登ってみて、
正直、この山は単独だと何かあったとき本当に怖いな、と思いました。
もし単独で登られるのであれば(複数でも同じですが…)、
登山届け(※注)を出しておくのは当然。
それなりの体力・経験も必要。
そして装備・体調を万全に、
万が一に備えて周囲の知人にも行き先を知らせておき、
時間のゆとりをもって臨みたいですね。

他の山でも当たり前の事ですが、
特に石立山ではちゃんとしておきたいものです。

でも、備えを万全に挑むのであれば、登り甲斐のあるお山です!

※注
別府峡の赤い橋・錦帯橋の所に登山届け提出BOXがあります。
7枚目の写真、よく見てもらえればBOXが橋の入り口にあるのがわかります。
しかし緊急時の即時性から、WEB上コンパスで届けを出しておく事をお薦めします。

登山中の画像
登山画像
①195号線沿い、日和田ルート登山口&その看板…
登山画像
①日和田の登山口にルート変更できるよう、保険で…
登山画像
①別府峡側。一部荒れていることが予見できます…
登山画像
①あの赤い橋を渡って入山します。
登山画像
①別府峡駐車場。きれいな水洗トイレもあります。
登山画像
①別府峡駐車場から見る竜頭山と石立山(の一部)…
登山画像
①赤い吊り橋「錦帯橋」。ここから入ります。橋入…
登山画像
①香美市に問い合わせて、「入山禁止」は解除中を…
登山画像
①入山一歩目から…急。厳しい!^^;
登山画像
①先の写真の階段を登ってすぐ…道は荒れ気味です。
登山画像
①道幅は狭い!竜頭谷を越えるまではこんな感じの…
登山画像
①”写真を撮りながら”10分しか登ってないのに、…
登山画像
①あちこち、本当に倒木が目立ちます。
登山画像
①かなりの荒れです。手つかず、なのでしょう。
登山画像
①落石の跡でしょう。滑落防止柵のワイヤーが切れ…
登山画像
①こんな感じで急坂を登っていきます。
登山画像
①道幅は狭く傾斜は急ですが、ロープに頼りすぎな…
登山画像
①鞍部道標まできました。カタツムリが道の険しさ…
登山画像
①竜頭谷。沢をわたります。水量が多くなかったの…
登山画像
①沢を渡って、石立山の稜線部を登っていきます。…
登山画像
①稜線に出ました。岩場がどんどんやってきます。
登山画像
①登り始めて約1時間。駐車場から「あんな所、登…
登山画像
①ひたすら登り続けます。
登山画像
①向かいの山は”源氏が森”?結構上ってきましたよ。
登山画像
①急なところも鎖・ロープはほぼありません。自分…
登山画像
①山頂に向かって右を向くと、別府峡に続く石立山…
登山画像
①左を見ると、白髪山と思われる山頂が、ちらっと…
登山画像
①写真ではわかりにくいですが、幅のない稜線部も…
登山画像
①数少ない!?なだらかで広い所でしたが、やはり…
登山画像
①高度が上がってくると、紅葉が進んでいました。
登山画像
①やっと西峰まできました!本当に「やっときた!…
登山画像
①捨身「獄」なのですね…「嶽」よりなんか厳しい…
登山画像
①捨身獄越しの石立山。
登山画像
①捨身獄に行ってみました。道幅の狭い所や足場の…
登山画像
①捨身獄到着。この日は時折強風が吹いていたので…
登山画像
①ガスでいまいちはっきりしませんが、晴れてれば…
登山画像
①緑に映える紅が美しかったので、思わず撮りまし…
登山画像
①石立山山頂付近。立ち枯れ・白化が目立ちます…
登山画像
①石立山山頂付近からの捨身獄。
登山画像
①山頂付近は、登山道とは別な意味で荒れています…
登山画像
①石立山山頂に着きました。午前中は曇りでしたが…
登山画像
①急な山肌と違って、山頂部は思いの外なだらかで…
登山画像
①西側は雲がかかってなかったので、遠方までよく…
登山画像
①山頂部、三角点。
登山画像
②下山は日和田ルートを選択しました。
登山画像
②午後になって天候が回復。曇りから晴天に!暖か…
登山画像
②天候回復。振り返ると、先ほどまでかかっていた…
登山画像
②立ち枯れした木の曲がり方がすごく、思わず写真…
登山画像
②天候が良くなったこともあり、日和田ルートから…
登山画像
②立ち枯れが目立ちますが、紅葉も進んでいます。
登山画像
②日和田ルート途中の分岐道標。別府峡方面にはロ…
登山画像
②日和田ルート途中から見た石立山、山頂部。
登山画像
②日和田ルート避難小屋。崩壊中。風よけぐらいに…
登山画像
②別府峡ルートほどではないですが、日和田ルート…
登山画像
②このような、急な岩場も何カ所か。
登山画像
②半分ほど下ってきました。ここから先、植林され…
登山画像
②900m地点ぐらいまで下ってきたでしょうか。…
登山画像
②一度植林部を抜けた所。斜面の斜め具合でわかる…
登山画像
②再び植林の中に。こちらも結構荒れています。
登山画像
②日和田ルート場の水場、兼登山ルート。狭く濡れ…
登山画像
②足場は狭く危険ですが、木で補強してあったり、…
登山画像
②分かりにくいですが、小さいなりに渓谷ぞいです…
登山画像
②道の雰囲気が変わってきました。もうすぐ登山口。
登山画像
②林道沿いの日和田ルート登山口。国道195号沿…
登山画像
②舗装路に沿って下っていきました。このまま国道…
登山画像
②195号沿いの、日和田ルート登山口。自転車は…
登山画像
③四つ足峠トンネル内。デポした自転車で、日和田…
登山画像
③四つ足峠トンネル、高知側の入り口。
登山画像
③駐車場まで後3Km。軽快な下りが楽しめます。
登山画像
③国道195号から、ここを曲がって別府峡へ。通…
登山画像
③別府峡の渓流が気持ちいい!渓流釣りができるよ…
登山画像
③別府峡第2駐車場手前、熊のオブジェがお出迎え…
登山画像
③もう一体、熊のオブジェ。オブジェに罪はありま…
登山画像
③戻ってきました、別府峡第1駐車場!車が一台増…
登山画像
帰りはせっかくなので、桂浜まで行ってみました…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、マット(個人用)
【その他】 スマホ モバイルバッテリー
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

みねるう゛ぁさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 剣山頂上ヒュッテ ~剣山
    剣山頂上ヒュッテ
    やっと樹木が紅葉に向かい始めた様子です。頂上付近の紅葉にも、まだ1週間ほどはかかりそうです
    19年10月10日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

みねるう゛ぁ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年10月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!