登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
榛名山をぐるっとしてみた2018 掃部ヶ岳、鬢櫛山、烏帽子ヶ岳、榛名富士、相馬山、天目山、氷室山(関東)
img

記録したユーザー

モリゾー さん
  • 日程

    2018年11月4日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:上毛三山パノラマ街道より榛名山へ。榛名湖周辺の駐車場に駐車。

  • 天候

    晴れのち曇り

この登山記録の行程

県立榛名公園観光案内所前駐車場(05:11)・・・湖畔の宿記念公園(05:21)・・・掃部ヶ岳(06:12)・・・高崎東吾妻線(06:41)・・・鬢櫛山(07:12)・・・烏帽子ヶ岳(07:51)・・・烏帽子ヶ岳登山口(08:22)・・・榛名富士北登山口(08:33)・・・榛名富士(09:01)・・・榛名富士南登山口(09:35)・・・磨墨峠(09:56)・・・相馬山(10:30)・・・磨墨峠(11:08)・・・松之沢峠(11:39)・・・七曲峠(12:03)・・・天目山(12:21)・・・氷室山(12:42)・・・天神峠(12:54)・・・県立榛名公園観光案内所前駐車場(13:01)


総距離 約18.0km 累積標高差 上り:約1,906m
下り:約1,903m
 今年はもう県内の近場の山か筑波山あたりにしか行くつもりはなかったのですが、仕事の都合で前橋に行くことになったので、せっかくだから榛名山にでもと思い、行ってきました。榛名山は以前雪山ハイキング目的で行って以来ご無沙汰でした。その時は案外雪があり苦戦したのと、雪遊びが楽しくなっちゃったのとで水沢山から榛名富士を縦走しただけで、榛名山の最高峰の掃部ヶ岳には到達できずじまいでした。それなので今回は最高峰の掃部ヶ岳に登ることとしたものの、そもそも榛名山はどの山に登れば榛名山に登ったという認識なのかが良く分からない(。´・ω・)?ので、それならぐるっと一周すればよし登ったぞと満足できるだろうと思ったのでそうしてみました。

 榛名山ぐるっと一周はトレイルラン気分で行こうと思っていたのですが、専用のザックを忘れてしまったため普通に山登りを楽しむこととしました。スタート地点の標高は大体1000m位はあるのでサクサクやれるかなぁと思っていましたが、意外にアップダウンがあり結構効きました。いやぁーきつかったですわ❤

登山中の画像
  • 真っ暗な中、とりあえず登山口となる湖畔の宿記念公園まで来ました
  • 登山口はこの標識から10mも行かないところに急斜面につけられていました
  • 登山道は急登だし、一部不明瞭なところがありました
  • こんな岩場も通過しました
  • メインの硯岩からのコースと合流しました
  • 榛名湖方面が良く見えるところからパシャリ。出発したとき下はガスっていたので、こんなに素敵な雲海に浮かぶショットが戴けました
  • ちょろっと登ると
  • 掃部ヶ岳到着
  • 北方面の眺望は得られませんが、南方面は天目山から幡矢ヶ岳、大鐘原ヶ岳が望めます
  • こっちは杏ヶ岳方面
  • んで浅間山も見えました
  • 丁度下るときにお日様がいい位置に来てくれました
  • 黄葉したカラマツの混じった木の階段を下っていきます
  • いい感じの紅葉に出会えました
  • しかしこの階段は下り難かったです
  • 硯岩分岐に到着。硯岩が何のことか分からなかったのでパスしちゃいました
  • 一旦車道に出ます
  • 黄色いもみじもイイネ♪d('∀'o)
  • 鬢櫛山への登山道は地図を見るとかなり下の方から伸びていましたが、面倒なので高崎東吾妻線のガードレールを乗り越えて無理矢理合流しました
  • 結構な急登道
  • 鬢櫛山に近付くと笹藪が濃くなってきました
  • 鬢櫛山到着
  • それでは烏帽子ヶ岳に向かいます
  • 序盤は笹藪混じりの道
  • 丁度紅葉した葉が散っているところだったので、登山道が妙に綺麗でした
  • 黙々と歩くと烏帽子ヶ岳の登り口に到着
  • 直ぐに鳥居がありました
  • お稲荷さんはどうも( ̄ー ̄)ニヤリとした表情をしているように見えますが気のせい(。´・ω・)?
  • 薄黄色の黄葉もイイネ♪d('∀'o)
  • 烏帽子ヶ岳の登りは急登
  • 山頂手前に小さな鳥居がありました
  • 振り返ると鬢櫛山と掃部ヶ岳
  • 朝露で濡れた笹藪道を行きます
  • 烏帽子ヶ岳到着。全然見晴らしが良くなかったので、直ぐにその場を離れました
  • 烏帽子ヶ岳の登山口目指して下っていくと段々と紅葉が綺麗な道に
  • オレンジ色のいい感じの紅葉やら
  • 赤やオレンジ色のもみじやら
  • 楓やら盛りだくさん
  • んで烏帽子ヶ岳の登山口に到着
  • この辺は紅葉真っ盛りでシャッターを押す指が止まらなくなりました
  • 木についた紅葉もいいですが、落ち葉もいいですよ
  • 本当に色とりどりで堪りませんね
  • 紅葉と烏帽子ヶ岳
  • 掃部ヶ岳も良く見えました
  • それでは榛名富士に行きましょう
  • 黄葉した斜面がいい感じ
  • そこそこな急登をこなして
  • 榛名富士到着
  • 山頂は見晴らしがいいような中途半端なような…
  • 相馬山の方は良く見えます
  • 遠望は霞んでしまって…
  • 榛名富士は富士山神社ということみたいです
  • ロープウェイでわんさか人が登ってきています
  • それでは南登山口に下りますよ
  • こちらもそこそこな急登道
  • 下に下れば下るほど紅葉が綺麗になります
  • という訳で下ってきました
  • ロープウェイは待ちで賑わっていましたね
  • それでは相馬山に向かいます。何かこう見ると相馬山ってナウシカに出てくる王蟲に見えてくるのですが…
  • ヤセオネ峠まで上毛三山パノラマ街道を歩くつもりでしたが、途中に磨墨峠に向かう道があったので迷わずショートカット
  • ススキのいい感じの道でした
  • 磨墨峠まではこんな道を行きます
  • 磨墨峠到着。ちょっと行くと休憩できる東屋があります
  • 南部の榛名外輪山は関東ふれあいの道になっているので、良く整備された道です
  • 東屋の先からスルス岩方面
  • 榛名富士もいい感じに見えます
  • 関東ふれあいの道のお得意の階段が出てきます。この後幾度となく現れて段々と私の体を蝕んでいきました
  • 春先はツツジが綺麗そうな道
  • んでまた階段
  • 登りきると相馬山と書かれた鳥居が現れます
  • 初っ端から急登
  • 今度が梯子と鎖が現れます。鎖は要らないような気がしますが…にしても物凄い大きい鎖ですね、石鎚山のに似ているんじゃないのかしら…。現物見たことないから知らないけど…
  • 梯子を3ヵ所通過すると、急登の連続で攻めてきます
  • 登り切れば道が緩くなって
  • 黒髪神社が見え
  • 相馬山到着
  • バーンっとした景色が見える筈だけど…
  • 霞んで見えない…
  • んですっ飛ばして、スルス岩まで戻りました
  • スルス岩には登ることができます。見た目から難易度が高そうですが、相馬山の梯子場みたいなのが一か所ある程度でした
  • スルス岩からの眺望。三ッ峰山方面
  • 天目山方面
  • 掃部ヶ岳と榛名湖方面
  • 榛名富士ド━(゚Д゚)━ン!!
  • 烏帽子ヶ岳と蛇ヶ岳
  • 拡がる沼ノ原。鳥のさえずりなんかが聞こえてさぞかしのどかな時間を過ごせるとお思いでしょうが、メロディーラインの静かな湖畔が鳴り響き全然静かではなかったです
  • 相馬山もド━(゚Д゚)━ン!!
  • スルス岩には天狗様の石像があります
  • 十分に景色を堪能したら松之沢峠に向かいます。この辺も結構綺麗な黄葉
  • 良く整備された道だけど、階段が多い
  • 一部笹に覆われている道もありました
  • 階段を下っていきますと
  • 松之沢峠到着
  • 松之沢峠からちょろっと登ればツツジ峠に到着。三ッ峰山が良く望めます
  • んでまた階段を登って
  • 更に登っていくと
  • 三ッ峰山への道があります。今回は時間の関係上パス
  • 一旦下りまして
  • 途中で榛名湖方面に開けている箇所があったので、パシャリ。榛名湖と掃部ヶ岳
  • んで七曲峠到着
  • また階段が現れたので、えっちらおっちら登って
  • 更に階段があって…
  • 紅葉が綺麗なのが救いでした
  • 鬢櫛山と烏帽子ヶ岳と榛名湖
  • また階段があって…
  • ようやく天目山到着
  • 天目山からは三ッ峰山が良く望めました
  • 一旦グッと下って
  • ちょっと痩せた尾根道もあって
  • 下り切ればまた階段、そうまた階段ですよ
  • 振り返ると天目山が
  • んで氷室山到着
  • 氷室山から少し進むと榛名富士と烏帽子ヶ岳と榛名湖が良く見えました
  • 掃部ヶ岳も
  • 紅葉の綺麗な階段を下って
  • 天神峠到着。あとは車道を辿って駐車場に戻りました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モリゾーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モリゾー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...