登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
「大阪50山」岩雄山 岩雄山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

1357 さん
  • 日程

    2018年11月14日(水)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:父鬼の浄水場を左へ入り、直ぐの分岐を右へ入って川を渡ると岩屋谷林道で、国道480号線バイパスの下に数台の駐車スペースがある。

  • 天候

    曇り
    [2018年11月14日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

父鬼(235m、12:50)小沢出合(265m、13:05)二俣(365m、13:25)尾根取付(365m、13:30)小丘(525m、14:05)岩雄山(575m、14:15~25)父鬼(235m、15:20)

登山口付近で昼休み中の2人(会社員)に「岩雄山の登山道を知っていますか」と聞くと、「えっ、岩雄山?」と山の存在そのものも知らない。
左へ進むと踏跡が判らなくなり、沢に岩床が現れて勾配が増す。数十m上部に切り立った岩が見えるので沢沿いに登るのは無理と判断して右岸の斜面へ上がり、獣道を辿って左へトラバースすると尾根(北東尾根が北へ方向を変える標高500m地点から北東へ落ちる小尾根)と出合う。
尾根に取付いて高度を上げる。傾斜は急だが、藪漕ぎをしなくて済むので足元が締まっていない割には大して苦労せずに登ることが出来る。やがて溝状地形が現れ、これを乗っ越して現れた2つ目の溝状地形に踏跡を見出して辿ると赤テープが1つ現れ、「参道の成れの果てか」と想像する。
標高525mの平坦な丘へ出ると赤や白のテープが幾つも目に留まり、『岩雄山』の道標を発見する。尾根と巻道の2つのルートが書かれており、判り易い尾根筋を歩いて最高点を踏み、『岩雄山』の山名板と出合う。
山頂には直進する『明神橋へ』と『セーラ谷へ(北尾根経由)』の道標が掛かっている。前者は比較的確りした踏跡で、このルートから登る人が多いと想像する。
慎重に引き返して525m分岐に戻り、北東へ直進する踏跡を敬遠して往路を辿って下る。上部の溝状地形を直進する目印が見え、地形図に描かれた沢道が尾根へ上がる地点へ行ける可能性がある(高い)と考えるが、古い道が崩壊して岩壁部を下降出来ないリスクを思い、右へ採って小尾根に乗る。
結び付けた黄テープや折った木の枝、地面に刺した枯枝等の目印を確認しながら下り、尾根取付点の黄テープから左へトラバースしてドンピシャリに岩床の横断点に戻り、「これで迷う心配は無くなった」とほっとし、倒木を掻い潜って沢沿いに下降を続ける。

登山中の画像
登山画像
岩床の沢/左岸に薄い踏跡あり
登山画像
小丘の道標
登山画像
岩雄山頂
登山画像
「明神橋」への道標
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

1357さんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    1357さん、ご無沙汰しておりますが、お元気そうで何よりです。

    日本の山はいくつあるのか知りませんが、凡そ名のあるところは登り尽くされる勢い。この種の記録がどの程度あるのか私には見当もつきませんが、それにしても大記録なのではないでしょうか。
    しかも以前頂戴したような詳細な記録集もあるのですから、文字通り「記録的」なのではと想像します。

    宮越でご一緒する機会があったらFさんとは、今でもランチやコーヒー仲間としておつきあいさせていただいており、先般は恵那山登山もご一緒させていただきました。

    日本橋界隈にいらっしゃる機会はあるのでしょうか?何時ぞやのように交差点ででもお姿をお見かけしたら、ぜひご挨拶させていただきたく思います。

1357 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年7月16日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は?
サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は? モニターレポート第2弾。装備と山行スタイルを変えて2つの山に登ったflopsy220さんがその使い心地を教えてくれました...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。