登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
青森 VOL.1 八甲田山(東北)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2014年9月27日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東北自動車道の「津軽SA」に前泊して黒岩ICで降りて、国道102号を八甲田とは逆の方向に5分ほど行ったところのローソンで水と行動食を買い、ユーターンして酸ヶ湯温泉へ向かいました。
    酸ヶ湯温泉のすぐ先の100台は駐車できそうな酸ヶ湯公共駐車場に車を停めて準備・出発です。

  • 天候

    曇り~快晴

この登山記録の行程

酸ヶ湯公共駐車場(06:45)・・・八甲田清水(08:10)・・・鏡沼(08:45)・・・八甲田大岳山頂着(08:55)・・・八甲田大岳山頂発(09:05)・・・大岳避難小屋着(09:20)・・・大岳避難小屋発(09:30)・・・井戸岳(09:55)・・・赤倉岳(10:15)・・・宮様コース分岐(10:45)・・・田茂萢岳(10:55)・・・ロープウェイ山頂(11:10)・・・田茂萢湿原(11:25)・・・宮様コース分岐(11:40)・・・宮様コース合流点(12:05)・・・上毛無岱(12:10)・・・下毛無岱(12:40)・・・城ヶ倉温泉分岐(13:15)・・・酸ヶ湯温泉(13:35)・・・酸ヶ湯公共駐車場(13:40)


総距離 約13.7km 累積標高差 上り:約1,029m
下り:約1,034m
酸ヶ湯公共駐車場の案内所内に紅葉の状況と八甲田清水が出ていないとのお知らせがありました。
道路を渡り、鳥居をくぐったら登山開始です。樹林帯を抜けて硫黄臭のする岩場を登った辺りから紅葉が美しくなってきました。
水の出ていない八甲田清水を通り、アオモリトドマツの林を抜けると森林限界です。
蛇籠の岩場を通り、鏡沼を眺めたら10分ほどで八甲田大岳山頂です。
登山道は整備されていて、難所もそれほどなく、2時間10分で八甲田大岳山頂に着きました。
山頂は風が強かったので、大岳避難小屋まで下りてトイレを借りてから外にあるベンチで休憩しました。
休憩後は井戸岳そして赤倉岳に向かいました。この稜線の道も整備されていて、高低差はあまりなくて歩きやすく、抜群の景色を満喫できました。
赤倉岳を下り、田茂萢岳を経由してロープウェイ山頂駅から自然研究路を回って、宮様コース分岐まで戻り、毛無岱に向かいました。
宮様コースの道は結構乱暴で、30分近い凸凹は足腰にきつく、丁寧に進まないと体を痛めます。
上毛無岱に着くと景色はいっぺんに広がり、開放感あふれる紅葉の湿原の中の木道を進んでいきます。
上毛無岱から下毛無岱の境の急な階段から見降ろす紅葉した湿原の景色は感動もので、ついつい足が止まるほどの逃せない撮影ポイントです。
起点の駐車場まであと120mの高さまで来ると樹林帯に入り、30分ほどで酸ヶ湯温泉に着きます。
酸ヶ湯温泉の横の小川で登山靴の泥を洗い、反対側にある温泉駐車場のトイレの横の階段を登って、酸ヶ湯公共駐車場に無事下山です。
ちなみに酸ヶ湯温泉の大浴場は「ヒバ千人風呂」と言い、約300年の歴史があります。
脱衣所はありますが洗い場が無く、入口は男女別々ですが、中は混浴の温泉です。
天井の高い木造建築の大浴場で、硫黄臭のある濁り湯で疲れが取れました。入浴料は600円でした。

登山中の画像
登山画像
駐車場の案内所のお知らせです
登山画像
酸ヶ湯公共駐車場です
登山画像
案内所前で高度0セットです
登山画像
道路を渡った所の標識です
登山画像
鳥居を潜って登山開始です
登山画像
最初の樹林帯はこんな感じです
登山画像
樹林帯を抜けて硫黄臭の岩場を登ります
登山画像
紅葉が美しくなってきました
登山画像
振り返ると遠くに岩木山が見えます
登山画像
八甲田清水405m
登山画像
八甲田清水は湧き出ていませんでした
登山画像
八甲田大岳を目指します
登山画像
八甲田大岳を目指します
登山画像
アオモリトドマツの樹林帯です
登山画像
森林限界から蛇籠の岩場を登ります
登山画像
鏡沼です
登山画像
鏡沼620m
登山画像
もうすぐ八甲田大岳山頂です
登山画像
八甲田大岳から振り返ります
登山画像
八甲田大岳山頂685m
登山画像
八甲田大岳山頂からは北に陸奥湾が見えます
登山画像
八甲田大岳山頂から避難小屋へ向けて下ります
登山画像
トイレのある綺麗な大岳避難小屋です
登山画像
大岳避難小屋分岐
登山画像
井戸岳を目指します
登山画像
井戸岳の噴火口の周りを進みます
登山画像
井戸岳の噴火口跡です
登山画像
井戸岳620m
登山画像
振り返ると井戸岳の向うに八甲田大岳が見えます
登山画像
赤倉岳木標645m
登山画像
赤倉岳北端に向かいます
登山画像
赤倉岳から上に岩木山・白神山地、下に毛無岱の…
登山画像
赤倉岳看板610m
登山画像
赤倉岳の最北端です
登山画像
左がロープウェイ山頂で右上が陸奥湾です
登山画像
宮様コース分岐395m
登山画像
田茂萢岳自然研究路看板390m
登山画像
田茂萢岳からロープウェイ山頂を見ます
登山画像
田茂萢岳自然研究路の湿原展望所からです
登山画像
田茂萢岳自然研究路を回って1時間でした
登山画像
宮様コースは結構乱暴です
登山画像
やっと上毛無岱に出ました
登山画像
上毛無岱で八甲田大岳を振り返ります
登山画像
上毛無岱から下毛無岱を見た絶景です
登山画像
湿原の生き物です
登山画像
下毛無岱から歩いてきた山々を振り返ります
登山画像
120mまで来たところで樹林帯です
登山画像
樹林帯はセラピーロードっぽいです
登山画像
城ヶ倉温泉分岐105m
登山画像
酸ヶ湯温泉(前)と公共駐車場(奥)が見えました
登山画像
酸ヶ湯温泉の靴洗い場です
登山画像
混浴の酸ヶ湯温泉です
登山画像
酸ヶ湯温泉のトイレ横の階段を登ります
登山画像
酸ヶ湯公共駐車場に着きました
登山画像
約7時間の山行でした
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
【その他】 双眼鏡、ミニライト
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雪時々止む
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...