八甲田山はっこうださん おおだけ

百名山 花の百名山

八甲田山

写真:石橋睦美  ガチャボッチからの大岳(左)、小岳
 八甲田山の最高峰。一般的には、高田大岳と区別する意味から八甲田大岳とも呼ばれている。すりばち状の爆裂火口があり、山頂には宗教法人八甲山神社の、石で造られた祠がある。
 八甲田山の中では最も人気が高い山で、登山客も圧倒的に多く、そのために高山植物が枯死し、さらに裸地面積が拡大するなど自然への悪影響が顕著に現れ、問題化している。
 一帯は自然公園法に規定された国立公園の「特別保護地区」でありながら、そこを横断する北八甲田ロープウェイ建設計画が地元青森県で持ち上がったが、計画自体が無謀そのものであり、自然保護の理念とあまりにも背反することから1989年に計画中止となった経緯もある。
 この山の人気が高まった原因は、昭和43年(1968)の八甲田ロープウェイ開設にある。これによって田茂萢岳山頂までゴンドラで運ばれた登山者は、ごく簡単に、楽しみながら大岳に登れるようになった。
 赤倉岳、井戸岳を経由するコースと、上毛無岱の高層湿原を通ってゆくコースがある。途中の井戸岳の鞍部には大岳ヒュッテがあり、2時間弱で山頂に着く。
 下山路は往路を引き返すものと、ほかに酸カ湯温泉に下る2つのコースがある。1つは仙人岱を通るコースで、もう1つは上毛無岱から下毛無岱を経て下るコースである。この逆コースで大岳に登る場合、ともに山頂まで2時間弱。
 一般的には酸カ湯温泉を起点に仙人岱コースを登り、距離の長い毛無岱コースを下山路として使っているようだ。樹林帯に囲まれた仙人岱にはヒュッテがあり、この仙人岱から小岳を経て高田大岳に至る縦走路が分かれている。
 また八甲田大岳登山の起点となる酸カ湯温泉は昔からの湯治場だが、1954年に国民温泉に指定され、男女混浴が今も続いている。訪れる登山者やスキーヤー、観光客も多い。
 八甲田大岳は全体的に迫力に欠けるが、こぢんまりとして初心者には絶好の山である。湿原、お花畑、雪渓、どれをとっても規模は小さいながら変化に富む。山頂からの展望もよく、南八甲田の峰々や横沼はもちろん、青森湾や青森空港の滑走路も見渡せる。
 道標も完備し、迷うこともない。ただし冬の気象条件は厳しく、遭難事故なども発生しているので、充分な注意が必要だ。

DATA

正式名称: 八甲田山・大岳
別名: 八甲田大岳
山域: 八甲田山
都道府県: 青森県
標高: 1,585m
2万5千図: 酸カ湯・八甲田山

※ 八甲田山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

八甲田山に行くモデルコース

登山口情報

  • 酸ヶ湯温泉 
  • 谷地温泉 

  • 【酸ヶ湯温泉】
    八甲田山の登山口。東北新幹線の新青森駅までの開通で、首都圏からのアクセスは近くになった。東京を始発の新幹線で出発すれば、正午前に酸ヶ湯に着くことができる。
    酸ヶ湯でバスを降りたら、トイレ舎の横の階段をひと登りし、国道の側道に出る。酸ヶ湯インフォメーションセンターとトイレ舎の建つ広い駐車場を見ながら、側道をそのまま奥に進む。薬師神社の前を通り越せば、仙人岱経由の八甲田大岳登山口だ。

  • 【谷地温泉】
    八甲田山へ南東からの登山口。高田大岳まで約2時間30分で登れる。谷地温泉は「日本三大秘湯」の一つとされている。
    青森駅よりJRバス東北十和田北線で約90分、谷地温泉で下車する。マイカーの場合は、東北自動車道黒石ICから約1時間、谷地温泉にある無料駐車場を利用する

周辺にある山小屋

  • 大岳避難小屋 
  • 仙人岱避難小屋 
  • 酸ヶ湯温泉旅館 
  • 八甲田ホテル 
  • HOTEL Jogakura 
  • 元湯猿倉温泉 
  • 八甲田山荘 
  • 谷地温泉 

  • 【大岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大岳・井戸岳鞍部
    電話: 017-734-9387
    営業期間: 通年(無人)

  • 【仙人岱避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大岳・硫黄岳鞍部、仙人岱
    電話: 017-734-9387
    営業期間: 通年(無人)

  • 【酸ヶ湯温泉旅館】
    旅館
    場所: 青森駅からバス1時間10分、酸ヶ湯温泉下車
    電話: 017-738-6400
    FAX: 017-738-6677
    営業期間: 通年

  • 【八甲田ホテル】
    旅館
    場所: 酸ヶ湯温泉から1km 送迎あり
    電話: 017-728-2000
    FAX: 017-728-1800
    営業期間: 通年

  • 【HOTEL Jogakura】
    旅館
    場所: 青森駅からバス1時間、城ヶ倉温泉前下車
    電話: 017-738-0658
    FAX: 017-738-6736
    営業期間: 通年

  • 【元湯猿倉温泉】
    旅館
    場所: 猿倉温泉下車、徒歩10分
    電話: 080-5227-1296(9~19時)
    営業期間: 4/下~10/末

  • 【八甲田山荘】
    旅館
    場所: 青森駅からバス1時間、八甲田ロープウェー駅下車 50m
    電話: 017-728-1512
    FAX: 017-728-1513
    営業期間: 通年

  • 【谷地温泉】
    旅館
    場所: 青森駅からバス1時間、八戸駅から1時間30分、谷地温泉下車
    電話: 0176-74-1181
    FAX: 0176-74-1188
    営業期間: 通年

八甲田山に関連する登山記録

もっと見る

八甲田山の近くの山

八甲田山に関連する登山ツアー

20年08月01日(土) 北陸・信越・東海 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山初級B>『東北の名湯&名峰を愉しむ!日本百名山3日で3座登頂 岩木山・八甲田山・八幡平 3日間』
20年08月14日(金) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山初級B>『青森の名湯・大鰐温泉郷にゆったり連泊 日本百名山3座登頂 八甲田山・岩木山・八幡平 3日間』【東京出発】
20年09月19日(土) 関東 ・5日間 トラベルギャラリー
岩木山・八甲田山・八幡平・岩手山・早池峰山
20年09月19日(土) 近畿 ・5日間 トラベルギャラリー
岩木山・八甲田山・八幡平・岩手山・早池峰山
20年09月19日(土) 九州・沖縄 ・5日間 トラベルギャラリー
岩木山・八甲田山・八幡平・岩手山・早池峰山
20年09月26日(土) 関東 ・3日間 トラベルギャラリー
八幡平・八甲田山・岩木山
20年09月26日(土) 近畿 ・3日間 トラベルギャラリー
八幡平・八甲田山・岩木山
20年09月26日(土) 九州・沖縄 ・3日間 トラベルギャラリー
八幡平・八甲田山・岩木山

関連するツアーを探す

八甲田山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月8日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。