登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
恭仁京跡から海住山寺を経て三上山 三上山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2018年12月24日(月)

  • パーティ

    2人 (うめぞー さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:JR加茂駅下車後まずは恭仁大橋を目指す、恭仁京跡から行くと史跡を通り抜けて行くことができるが道標に従い、海住山寺を目指しても同じ結果となるのでどちらでも良い、登山口は海住山寺の奥にある。

  • 天候

    晴れ(時々薄曇り)
    [2018年12月24日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

近鉄京都駅発(7:27)・・・新祝園(JR祝園駅に連絡しているので乗り換え)祝園(8:09)・・・木津駅(8:27)・・・加茂駅(8:33)・・・海住山寺(9:20)・・・登山口(境内右奥から上がれば直ぐにわかります。)(10:20)・・・三上山山頂(11:00)・・・棚倉駅(14:00)


総距離 約14.0km 累積標高差 上り:約800m
下り:約811m
今回はいつもの友人と今年最後の登山をどこにするか悩んだ挙句、連休でしたが天気も悪かったことから24日の一日だけで行ける山をチョイスしてみました。
友人のリクエストはシンプルに見晴らしの良い山とのことだったので最初は高山を考えていましたが気温も低くなるとの情報から選んだのは三上山です。
この山は京都の南、木津川の近くにあり標高こそ473mの低山ですが意外な程鋭角なので上りごたえもあり、山頂には展望台もあるため友人のリクエストにも応えられたのと古刹や史跡もあるので正しく今年最後を締めくくるのにはもってこいの山でした。
それではコース案内です。
京都駅からはJR奈良線で木津までいき乗り換えて加茂まで行くか近鉄で新祝園まで行き、隣接しているJR祝園駅で加茂まで行くかチョイスしてください。
加茂駅を西口から出たらそのまま目の前の道を真っ直ぐに進みます。
大きな道をチョイスした場合はしばらく進むと右手に郵便局があるので右へ曲がります。
後は突き当たりまで進んで左へ曲がるだけです。
曲がった先に老舗の和菓子屋さんがあれば正解です。
和菓子屋さんの前の道を河川の土手まで上がります。
木津川を左に見ながらしばらく進めば恭仁大橋があるので渡ります。
渡った先から恭仁京跡の道標が出てくるので従い、進路を左に取ります。
しばらくのどかな道を道標に従いながら進むと右は海住山寺へまっすぐは恭仁京大極殿跡地方面となります。
我々は素直に海住山寺方面へ向かいましたが恭仁京大極殿跡地から行くと山道を経由して海住山寺へ行くことができるのでアスファルト歩きが嫌な方は恭仁京大極殿方面から行かれることをおすすめします。
民家の間を抜けると海住山寺の石碑が現れますがここからがいろは坂と呼ばれる急坂が待ち受けています。
途中には公衆トイレがあるので利用するといいでしょう。
ぐんぐんと高度が上がっていくので友人とこのままでは山頂付近まで行ってしまうなと話していましたがそれほど高度差が大きいのでゆっくり取り組んでください。
しばらく進むと山門が見えてきますがこれは昔の入口のようで本当の入口はまだまだ先です。
ただ、ここから先は道が緩やかになってくるので海住山寺までは散歩感覚で歩けます。
しばらく進むと左側に階段が現れます。
上がりきった先が海住山寺です、立派な山門をくぐって境内に入ると古刹という雰囲気が満開の素晴らしい寺院です。
お参りを済ませ五重塔を拝見したら御朱印をいただきます。
おそらく先代の御住職の奥様と思われる方が御朱印を書いてくださいました。
しばらく境内を散策していると奥様が「三上山へ行くの?」と聞いてこられたのでハイと返事をすると「この道を上がるのよ。」と登山口への道を教えてくださったのでお礼を述べて上がって行きます。
上がった先は広場となっており近くには鳥獣供養塔があります。
左手は展望が開けておりここからの景色はなかなかのものなので写真に収めましょう。
広場入口に戻ると看板があり、登山口を示唆しているので従い進みます。
途端に素敵な山道が続きますので楽しみながら進みましょう。
ただし、ここから極端に道標が少なくなるので周囲に注意して進んでください。
しばらくは海住山寺→神童寺という貼り紙に従い進むのですが途中の分岐で右は下り、左は少し上りという分かれ道に差し掛かります。
よく注意して見ると小さな看板で下り方面に三上山と書いてあるので下りましょう。
道なりに下って行くとやがて谷間に出ますので小さな沢を渡渉します。
渡った先は車道になっているので右へ進みます。
しばらく車道を上がって行くと左カーブになっていますが真っ直ぐに進むことができます。
ここはよく見ればわかりますが看板があり、冒険の道と記載されています。
ここからはこの道標に従い進む事になりますがここから本格的に山道となるのと結構急登の連続となるので低山だからと舐めてかからないようにして下さい。
木製の階段や急坂、タイトな上りが続くので疲れやすい方はゆっくり進みましょう。
しばらく急登が続き、そのあと一回目の車道を渡ります。
ここからは山道→車道を渡るを3回ほど繰り返す事になります。
3回目を越えたあたりから道は左へ切れていきこの辺りから水平に進む事になります。
しばらく進むと三上山展望台を示唆した看板が出てくるので従い木製の階段を上っていきます。
上がった先が三上山山頂となり目の前に展望台があるのでまずは展望台に上りましょう。
展望台には標高看板があり、山頂が473mだという事がわかります。
それよりも素晴らしいのは360°の展望を楽しむことができることです。
京都南部は当たり前ですが奈良北部、生駒の山々を一望できるとても素晴らしい山です。
しばらく景色を楽しんだら展望台の真下が東屋になっているので少し早いですがお昼を食べることにしました。
途中から1組のカップルが(登山者)来られたくらいで他には登山者を見かけませんでしたがここまでは車でも来ることができる為、我々と入れ違いで家族連れが帰って行きました。
なのでたまたま静かな山行になりましたが桜や紅葉の季節は人が多いかも知れません。
食事を終え、コーヒーを楽しんでゆっくり休憩した我々は下山を開始します。
下山は来た道(下山方向で見ると来た道は左)とは違い右へ進みます。
この道は一回車道を渡るのですがそこから先はかいがけの道と呼ばれる素敵な山道となります。
しかし途中でモトクロスのバイクが転倒していてライダーが疲れた表情で佇んでいたので声を掛けましたが大丈夫ですと言うのでそのまま進みました。
正直言って山道なのでバイクは禁止されているはずですが確証が持てないので特には注意することなく下りましたがかいがけの道の終点(一旦車道に出ます。)に柵がしてあり表側には二輪の通行禁止の看板がありました。
友人とやっぱりなと言いながら先へ進みます。
我々もバイクに乗るので気持ちはわかりますが禁止された道は通行してはいけませんし万が一、登山者を怪我させたり自分自身が谷底に滑落したらどうするつもりなのか?考えが浅はかとしか言い様がありません。
ちなみにバイクやマウンテンバイクが山道を走ることが増えて来ていますが基本は禁止されていますので自治体に事前に問い合わせて通行可能か確認して楽しんでいただけたらと思います。
車道に出たら左へ進みます、しばらく進むと看板が棚倉駅を示唆していますので従い山道に入ります。
ここからも素敵な山道を進むのですがここから次の車道に出るまではひたすらこの林道から外れないように進んでください。
私の記録にも何回か右へ進んでは引き返した跡が残っていますがガイドブックを読み間違えて右へ入ってしまいました。
この辺りは一切の道標や山岳会の看板がない為、右へ入るタイミングがわかりませんでした。
ガイドブックには車道に出たら左へ進み山道へ入ると記載されており、その先はY字路を右へ入ると記載されている為、右への道を模索していたのですがたまたまかいがけの道の終点を最初の車道だと思っていたら実はこの車道はカウントされていなかった為、右への道がおかしくなってしまったのです。
なので正確に説明すると一回目の車道(バイク禁止の看板がある車道)は左へ進み看板に従って山道に入り最初のY字路は左へ進み道なりに車道に出るまで進みます。
車道に出たら左へ進み直ぐにあるコンクリートで出来た坂道を上がってその先にある分岐は左を進むと右の道と合流します。
(右の道は荒れているのと間違えて鉄塔下へ行く道がある為オススメ出来ません。)
そこから先はもうガイドブック通りとなって左右の分岐はお墓が見えている右へ進みます。
そこから少し進むと左側にため池が見えて来ますので道なりに集落へ進みます。
十輪寺の前を左へ進み直ぐにある十字路はまっすぐに進めばJR棚倉駅が見えて来ます。
散々道に迷いながら着いたので1時間ほどロスしましたがそれなりに楽しんで歩けたので苦痛ではなかったです。
ただ、このルートは逆だと全くと言っていいほど目印がないので我々のルートで棚倉駅を目指すか三上山からは海住山寺方面へ引き返した方が道迷いのリスクは少ないでしょう。
14時に棚倉駅に着いた我々は25分の電車に乗って京都駅まで戻りいつもの温泉で疲れを癒して飲みに行きました。

登山中の画像
登山画像
加茂駅です。
登山画像
まずは駅前をまっすぐ進みましょう。
登山画像
先ほどの周辺図に従い、目指すは恭仁大橋です。
登山画像
この手前に老舗の和菓子屋さんがあります。
登山画像
土手に上がりましょう。
登山画像
綺麗な河川です。
登山画像
恭仁大橋です。
登山画像
木津川です。
登山画像
道標に従います。
登山画像
道なりです。
登山画像
ここから恭仁京跡を目指しましょう。
登山画像
道標に従いのどかな道を抜けていきます。
登山画像
のどかな道です。
登山画像
この道標に従いどちらから行くか決めましょう。
登山画像
こちらが恭仁京跡への道です。
登山画像
こちらが海住山寺への道です。
登山画像
のどかな道を抜けていきます。
登山画像
この道標も頼りになります。
登山画像
海住山寺へは要所要所に看板があるので道は明確…
登山画像
この坂道を上がって行きます。
登山画像
ここからいろは坂の始まりです。
登山画像
いろは坂と命名されるだけあって結構な斜度の坂…
登山画像
この山門は途中にありました。
登山画像
この階段を上がって行きます。
登山画像
素敵な山門です。
登山画像
海住山寺の五重塔です。
登山画像
海住山寺の本堂です。
登山画像
寺院の右側から上がって行きます。
登山画像
鳥獣供養碑です。
登山画像
この道標に従えば登山口ですがせっかく広場に来…
登山画像
素敵な景色が広がります。
登山画像
最初はこの看板を目印に神童寺方面を目指します。
登山画像
登山口です。
登山画像
登山口からいきなり本格的な山道に入ります。
登山画像
素敵な道です。
登山画像
右へ行けば三上山、左へ行けば神童寺方面です。
登山画像
よく見ると小さなプレートで三上山を示唆してい…
登山画像
この道を下りていきます。
登山画像
沢を渡渉します。
登山画像
意外でしたがしっかりした山道を谷間まで降りて…
登山画像
しばらく車道を上がって行きます。
登山画像
この看板を見逃さないようにしましょう。
登山画像
ここから冒険の道の始まりです。
登山画像
上りごたえのある素敵な道です。
登山画像
本格的な山道なので侮れません。
登山画像
階段も結構な頻度で出てきますが斜度も結構なも…
登山画像
冒険の道という可愛いネーミングに反して結構な…
登山画像
我々はこんな山道が大好物です。
登山画像
道は低山には珍しくしっかりした勾配の上りごた…
登山画像
車道を横切りますが道標に従えば道に迷うことは…
登山画像
何回かは車道を横切ります。
登山画像
ここからはなだらかな道になります。
登山画像
山頂に続く最後の階段です。
登山画像
山頂にある展望台です。
登山画像
三上山山頂は473mの低山ですが結構な展望な…
登山画像
展望台は見晴らしがよく意外な程気持ちのいい場…
登山画像
360°の素晴らしい景色が広がります。
登山画像
三角点があります。
登山画像
山頂からは来た道の右側の道へ進みます。
登山画像
車道が見えてきました。
登山画像
一回車道を横切ります。
登山画像
清々しい山道です。
登山画像
かいがけの道の道標に従います。
登山画像
しばらく一本道です。
登山画像
車道に出ます、ちなみに目の前の柵はオフロード…
登山画像
車道を左です。
登山画像
この道標が最後です、ここから先は私有地なのか…
登山画像
最初は素敵な山道が続きます。
登山画像
いきなり細くなりますが大丈夫です。
登山画像
結構荒れた場所が多いのでゆっくり進みましょう。
登山画像
Y字路に出ますがこちらの竹やぶ方面は間違いな…
登山画像
正解はこちらの林道をひたすら進むだけです。
登山画像
またもやY字路ですがこちらも左です。
登山画像
右は全て間違いでした。
登山画像
要はY字路は全て左を選択すればいいのです。
登山画像
やっと車道に出ました。
登山画像
登山口の案内もなにもないのでこちらから行くの…
登山画像
結局迷いに迷って車道を左に進むのが正解だと分…
登山画像
最初の分岐は左に行ったほうが楽に進めると思い…
登山画像
鉄塔ですが行き止まりです??ガイドブックと道…
登山画像
この分岐はお墓のある方なので右へ進みます。
登山画像
やっとこさガイドブック通りの道に出ました。
登山画像
棚倉駅周辺マップです。
登山画像
棚倉駅です、無人駅ですがイコカは使えます。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年8月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...