登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
硫黄岳とアイスキャンディ 硫黄岳と赤岳鉱泉(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yasuhiro さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸(07:00)・・・堰堤広場(08:00)・・・赤岳鉱泉(09:00)[休憩 10分]・・・赤岩ノ頭(11:00)[休憩 10分]・・・硫黄岳(11:30)[休憩 10分]・・・赤岩ノ頭(12:00)[休憩 20分]・・・赤岳鉱泉(13:30)

【2日目】
赤岳鉱泉(12:30)・・・堰堤広場(13:20)・・・美濃戸(14:00)

総距離 約11.8km 累積標高差 上り:約1,128m
下り:約1,128m
コースタイム 標準:6時間55分
自己:7時間10分
コースタイム倍率 1.04
雪道に慣れていない方は、美濃戸口の八ヶ岳山荘に車を停めましょう。美濃戸の赤岳山荘まで行くには、四輪駆動+スタッドレス+タイヤチェーンが必須です。チェーンが無い方は入らないほうがいいと思います。

赤岳鉱泉のアイスキャンディの初心者体験に参加することになりまして、ついでに硫黄岳に登りました。初日の山の予報は、晴れるものの強風が吹く大荒れの予想でしたが、それが当たり稜線では大変な風が吹いていました。
しかし特に支障はなく、素晴らしい景色を堪能しました。
アイスキャンディの初心者体験は6人。私が一番へっぴり腰で、ピレイされるスタッフも困惑していたようです。しかしなんとか上まで登れまして、楽しいひと時となりました。

今回の登山で一番大変だったのは、美濃戸までのドライブです。行きも帰りも、動けなくなり途中でチェーンを巻いている車がいました。八ケ岳は数日まとまった積雪が無かったため、行きは、最初のうちはほとんど雪はありませんでしたが、後半は圧雪になり、最後の斜面を登り切れなかった車がバックで降りてきました。幸い車一台入れるスペースがあったので、私はそこに入れやり過ごしました。駐車場に到着して30分ほどでその車がチェーンを巻いて到着しました。
二日目は雪が降り、林道は大変なことになっていました。最後の方の斜面の手前の路上でチェーンを巻いている車がいて道をふさいでいました。私はその3台後ろ。すぐに後ろからも来て大渋滞となりました。そこは登り始めて最初の、急斜面で凸凹が激しい場所。この林道は急斜面+凹凸の激しい箇所がいくつかありますが、そこが凍っているとどんなに減速してもタイヤが谷側に滑ります。カウンターを適切にあてられない人は、ここで回転してしまうかもしれません。そしてブレーキは全く効きませんので、回転をまぬがれてもすぐに態勢を立て直さないとすぐ先にあるコーナーに突っ込むことになります。四駆とスタッドレスは当然ですが、絶対にチェーンも携行しましょう。
その車がチェーンを巻くのに20分くらいかかりまして、徒歩の人たちが続々と追い抜いていきます。自分は大丈夫でもこうした不安な時間を過ごすのはイヤですね。この時期は歩いたほうがいいと思いました。

登山中の画像
登山画像
美濃戸の赤岳山荘を午前7時に出発。すでに続々…
登山画像
雪はほとんどありません。この日は北沢を行きま…
登山画像
林道を歩いて1時間で堰堤広場に到着。ここから…
登山画像
北沢は先般の台風で橋が流され、迂回しなければ…
登山画像
かなり長いことまとまった雪は降っていない感じ…
登山画像
横岳が見えてきました。気分が高揚する場所です。
登山画像
だいぶ積雪らしくなりましたが、この時期として…
登山画像
朝日が来ると、とても美しいです。
登山画像
2時間ほどで赤岳鉱泉に到着。写真に写っている…
登山画像
皆さん出発の準備中。私もここでアイゼンを履き…
登山画像
森林限界の手前。積雪は少ないです。
登山画像
梢の向こうに阿弥陀岳と赤岳…、
登山画像
そして横岳。森の中はとても静かですが、この辺…
登山画像
赤岩の頭。いつもたくさんの人がいる場所ですが…
登山画像
峰の松目と奥の白銀は乗鞍。池が見えますが諏訪…
登山画像
穂高連峰には雪煙がかかっているようです。おそ…
登山画像
蓼科山。
登山画像
御嶽山。とにかく風がすごい。
登山画像
さらに30分ほどで硫黄岳山頂。山頂に20分ほ…
登山画像
ここからの南八ヶ岳のパノラマは、八ヶ岳で一番…
登山画像
そのままピストンで下山。登っていく人とすれ違…
登山画像
赤岩の頭にも数名。この方たちも登って行ったと…
登山画像
1時半頃に赤岳鉱泉に到着。アイスキャンディは…
登山画像
この日は初級の人向けの講習が行われていて、皆…
登山画像
一般の登山者もたくさん見入っています。柵がめ…
登山画像
上達してくると、この風景を楽しむ余裕が出るか…
登山画像
夕食は、なんとステーキ。しかもボリューム満点…
登山画像
テントもたくさん張ってありました。月明かりに…
登山画像
この日は山岳看護師さんの講習がありました。日…
登山画像
翌朝は、大雪。
登山画像
その中で、アイスキャンディに登ります。至近で…
登山画像
モロへっぴり腰ですが、必死に登って気づくと1…
登山画像
2時間氷と格闘して、下山。雪が降り続いていま…
登山画像
昨日ほとんどなかった雪ですが、ここでもだいぶ…
登山画像
私の車もご覧の通り。ここまでの林道は、上りよ…
登山画像
帰りに「もみの湯」に寄りました。美濃戸口から…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yasuhiroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    遠くに北アルプスが浮かんでいるように見えます!夏沢鉱泉の積雪10~30cm前後
    19年02月22日(金)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    美濃戸口からアイスバーン。歩行者はチェーンアイゼンが必要。車は四駆+冬タイヤ+金属チェーン必須です
    19年02月22日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    周辺の積雪は1mに。小屋より上はピッケルと前爪のついたアイゼン必携
    19年02月01日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    この数日は雪が降ったり、ガスに巻かれることが多かったので森は真っ白になってくれました
    19年01月23日(水)

yasuhiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。