登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
奥秩父大除沢で氷瀑観賞 不動滝 和名倉山P864(関東)
img

記録したユーザー

プックルファザー さん
  • 日程

    2019年1月25日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:二瀬ダムから旧140号を栃本方面へ約5Km。
    東屋と標識が目印となります。
    道路山側に20台程駐車出来ます。

  • 天候

    晴れ時々曇り
    [2019年01月25日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

駐車場 13:48 →不動尊 14:04 →不動滝 14:10 
不動滝発 14:33 →不動尊14:36 →P864 14:58
P864発 15:00 →駐車場 15:36

※GPSが暴れた様です。累積標高は間違っています。

<コース状況>
駐車場から荒川まで一旦九十九の急な下りとなります。
吊り橋を渡ると今度は九十九の急登となります。
落ち葉の堆積が多く、浮石や凍結が解り辛いので慎重に歩く必要があります。

※三段の滝ですが、通常みられるのは、上の二段までです。最も下の滝は、ザレタ、部分的に凍った急斜面を降下しないと見られません。登山経験が無いと危険です。

<感想>
寒い時期にしか見られない氷瀑を訪ねました。
和名倉山の麓、大除沢にかかる不動滝は、三段50mの名瀑です。この滝も連日の氷点下で完全な氷結とはなっていませんが、見事な氷瀑となっていました。

登山中の画像
  • 平日の午後、誰も居ません。週末は荒れ模様の天気となりそうです。昨年は、お隣の丸上の滝で氷瀑を見学しました。 それにしても、途中の三十槌の氷柱は、賑わっていました。
  • 正面に見えるは、和名倉山のP871です。
  • P871の奥には、和名倉山の二瀬尾根が見えています。
  • 出発します。東屋の手前から荒川に下ります。
  • 九十九の急な下りです。所々雪が残っていました。
  • 吊り橋を渡ります。橋桁もしっかりしてます。(^▽^)/
  • 揺れません。(^▽^)/
  • 上流の景色
  • 下流の景色
  • 吊り橋を渡ると一挙に急登となります。 しばらくすると氷柱が現れました。 「ささやきの滝」と名がついています。
  • さらに登ると、前方に階段が
  • 横にはお地蔵様が 悲しいお話があるようです
  • トイレが有りました
  • 不動尊様です
  • 横には湧き水が 美味しかった
  • 不動尊の先を下ると 滝が見えて来ました
  • 手前には巨大なトチノキが こじんまりした滝?
  • 滝壺に降り、見上げる。 迫力はあります。
  • 凍っています
  • 水しぶきを浴びながら、滝壺横から
  • 一段目の滝の滝壺
  • トチノキ、凄いですね。
  • 最初は滝の上部でした。二段目、三段目は下方にありました。 その二段目まで下り、二段目と一段目の滝
  • ザレタ斜面をさらに下ります。下って、振り返り。 ※枯葉に隠れた石、岩の表面はツルツルです。土の部分は、踏ん張りが利きません。
  • 三段目から見上げていますが、全貌は見えません。 氷柱が見事 
  • 雫も氷柱に
  • 三段目は迫力ある水量になっています
  • 一段目に戻り、氷瀑見学終了。 今後の為に、少し付近を探索します。
  • トイレの裏から尾根に乗りました
  • 少し登ると、こちらは尾根方面
  • こちらは不動の滝のすぐ上方向に踏み跡が分岐します。
  • 私は、尾根方向を選択し、しばらく尾根をたどります。 すると、下に栃本集落が見えて来ました。集落の上は、白泰山から十文字峠へ続く尾根です。 左端には白泰山が見えています。
  • 大きな足跡が自然林の方角へ、熊かな
  • 猪が騒いだような
  • P864に到着。良い雰囲気です。
  • 振り返って
  • 戻ります。植林部分はかなりの斜度です。
  • P871です
  • おそらく二瀬尾根のP1370です
  • トイレが見えて来ました
  • 吊り橋まで下ります
  • 登り返します
  • 記念に
  • 結構汗をかきました。運動不足でしたので、爽快です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、サブザック、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、非常食、軽アイゼン、トレッキングポール
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

プックルファザーさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    ックルファザーさん、こんにちは。

    地元のプックルさんならではの貴重なレコですね。とても興味深く拝見しました!

    日帰り公共交通派にとって和名倉山や白泰山は気軽に行ける山ではありませんので、いつも地図を眺めながらルートの光景を思い描いたりしているのですが、中でも荒川右岸の不動の滝は気になる存在でしたので、思わず見入ってしまいました。
    一段目だけでも見ごたえがありますが、3段目まで含めると相当な迫力ですね!

    滝見学の後に歩かれた偵察の様子などを拝見しているとバリの虫が騒ぎます(笑)

    栃本の妙見神社には未だ見ぬオオカミ像などもある様ですので、いつかは出掛けてみたいと思います。

  • プックルファザー さん
    ガバオさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    栃本は、通過ばかりで関所以外はよくわかりません。<(_ _)>
    立ち寄った際は、私も探索してみます。(^▽^)/

    山の中に分け入ると、滝を観ただけでは満足いかなくなります。良い尾根があると呼ばれているようで、足がそちらに向かってしまいます。丸上ノ滝では火傷をしましたが、こちらはおとなしい尾根でした。

    実は、将来的に、この方面から和名倉山の主尾根を目指して、二瀬尾根で戻りたいと思っています。この大除沢の右岸、左岸どちらを選択するかがまず問題なのですが。

    年度末で、来季に向けてのお仕事が大変な時期ですね。山(風呂+酒)を楽しみに頑張って下さい。

  • すてぱん さん
    プックルファザー さん、こんにちは

    こちらのレコは気づいておりませんでした。「三十槌の氷柱」というのはつい先日知りましたが、こういうところもあるのですね。自分はごく一般的なガイドブックなどからしか情報を得ていないので、こうしたところがあることを知ってちょっと興奮しています。

    まあ、滝が流れていて気温が低くなるのであれば、凍るわけですから、それなりに当たりをつけることができればこういう景色とも出会えるのでしょうが、土地勘が乏しければなかなか出会えるものではありませんね。
    貴重な記録、参考にさせていただきます。

  • プックルファザー さん
    すてぱんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

    大除け沢上流は、かつて、林業で栄えた場所でした。今は不動尊のみが残っています。ここから、たくさんの人々が山に上がったようです。その跡をたどり和名倉山に登るのは、今は至難の業のようです。そんなことで、前々から興味があった場所なんです。でも、いつか、ここから和名倉山頂を目指せればと思っているんです。
    不動滝は、丸上ノ滝に次いで立派でした。優雅さではこちらの方が上だと思います。まだまだ、名瀑がたくさんある様なのですが、本格的な沢登りの技術を身に着けないと厳しそうです。

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    本日は朝から降雪で3cmほど積もっています。まだ降り積もりそうなので足元に注意
    20年01月15日(水)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    北斜面は凍結。軽アイゼンを必ずお持ちください。
    20年01月14日(火)

プックルファザー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年1月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?