七ツ石小屋からの現地情報 七ツ石山周辺の情報

今週は寒く昨日は氷点下まで気温が下りました。堂所あたりまでツツジが上がってきています

七ツ石小屋

▲新緑がだいぶ上がってきました。(18.04.18 七ツ石小屋)

天気・気温

04/18(水) 雨

周辺状況

今週は肌寒い日が続いています。薄手のダウンが必要な寒さです。雨・ガスが続いていて、6:00の気温は-1℃。さすがにストーブを焚きました。
お越しの方は、まだまだ防寒着をしっかり持ってください。

それでも着実に春が登って来ていて、今年はとても早いのがわかります。堂所よりも上ではミツバツツジミツバツツジ、馬酔木が咲いていて、新緑も萌え萌え、山桜は終わりかけです。ざっくり二週間くらい早いのではないでしょうか? 千本ツツジの開花もだいぶ早いと思います。

なお、でも千本ツツジのあたりのツツジの見頃は例年は6月初旬ですが、今年は5月末頃かもしれません。ただ、千本ツツジは数種類のツツジが咲くのでけっこう長く楽しめます。散り際もきれいです。

七ツ石山頂の東にある、七ツ石神社の解体・再建工事が行われています。工事におけるヘリ発着のため、村営駐車場は18日頃~20日夕方まで一時閉鎖致します。20日当日は作業のため大型トラックが通行しますので、沿道にも停めないようご周知お願い致します。鴨沢や留浦をご利用ください。

なお、現在旧社地の解体作業が完了致して、祀られる前の原初の姿となっています。社殿の下から、かつて奉納された剣が2つ出てきたそうです。現在の様子は、立ち入り禁止テープ越しではありますが、石段下から是非ご覧ください。

新年度より、小屋での販売品目が増えました。定番のスポーツ飲料や炭酸飲料、ビールなどのほか、緑茶、チャイなどのホットドリンク、ワインや日本酒なども追加となりました。詳しくはブログをご確認ください。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/post-916/

登山道

登山道には、とくに異常はありません。安全に通行できます。

装備

登山用の下着、ダウンジャケット、登山用のアウターなどを必ずお持ちください。

注意

七ツ石小屋には2014年に新設されたバイオトイレがあります。男性小用、和式、洋式が各1つずつあります。ご利用の際は料金箱に協力金をお願いいたします。

水場は徒歩3分ほど上の沢から小屋に引水しています。ご自由にお使いください。

テント泊は一名につき500円です。予約は必要ありませんが、小さなテント場ですので10名様以上の団体のテント泊は事前にご連絡ください。

その他のお知らせ

小屋への宿泊は、素泊一名4,000円です。自炊小屋ですので、食料や調理に必要な道具はご自身でご用意ください。

小屋泊予定の方は、安全登山のために予約をお願いします。ただし、避難所としての役割上、体調・天候悪化などによる飛び込みのご宿泊も承ります。なお、キャンセルは必ずご連絡ください。

小屋のご利用については、以下をご確認ください。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/howtouse/

小屋周辺は電波状況が良くないため、docomoの電波増幅器を使用しています(電源はソーラーパネル発電です)。
そのため予約受付時間は9:00~15:00までで、現地の状況によっては、かからなかったり通話が途切れたりすることもあります。予約は090-8815-1597(9:00~15:00)をお願いします。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

七ツ石小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 新緑がだいぶ上がってきました。
  • 堂所あたりまでツツジやアセビが咲き始めています
  • ハナネコノメの花
  • 晴天の七ツ石小屋
  • ガスに包まれた一日でした
  • 3月25日の時点では、まだトレースのない場所もありました
  • 50cmほど積もりました
  • 今年いちばんの降雪量です
  • ポカポカ陽気となり、布団干しには絶好の一日
  • 霧氷が付いて美しい朝を迎えています
  • 日差しが強く感じた一日でした
  • 薄っすらと雪がつもりました
七ツ石小屋

連絡先:090-8815-1597  現地連絡先:090-8815-1597
営業期間
通年営業【要予約/090-8815-1597(9:00~15:00)】
関連山域

ユーザーからの七ツ石山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    緑が濃くなってきました。週末予報は晴天+気温上昇。紫外線対策+熱中症対策を。最低気温は低く雨具と防寒具一枚も用意して。
    18年04月20日(金)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    登山口ではヤマザクラやスミレなどが咲いています。周辺に雪や凍結箇所はありません
    18年04月24日(火)

関連のモデルコース

  • 東京都最高峰の山を鴨沢から往復
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間45分 日帰り
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・・雲取奥多摩小屋...
  • 富田新道(野陣尾根)を雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 10時間55分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・小川谷橋・・・八丁橋・・大ダワ林道分岐・・・富田新道入口(野陣尾根取付)・・・...
  • 雲取山(七ツ石山・三条ノ湯) 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間23分 1泊2日
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・...
  • 稲村岩尾根から鷹ノ巣山、雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間40分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・稲村岩のコル・・・鷹ノ巣山・・・巳ノ戸の大クビレ・・・千本ツツジ・・・七ツ石山...
  • 雲取山を目指す最も古くて長い上級コース
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 11時間55分 1泊2日
    三峯神社バス停・・・奥宮入口・・・霧藻ヶ峰・・・白岩小屋(閉鎖)・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲取...
  • 展望広がる東京都の最高峰へ、埼玉から登る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 12時間55分 1泊2日
    三峰神社バス停・・・炭焼平・・・霧藻小屋・・・前白岩山・・・白岩山・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲...

七ツ石小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年4月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 抽選でお好きな『ヤマケイ アルペンガイド』をプレゼント!
抽選でお好きな『ヤマケイ アルペンガイド』をプレゼント! 久しぶりの「みんなの山道具」投稿キャンペーン。今回は「2017年度に買ってよかった山道具」の投稿を募集中です!
NEW 春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!
NEW 森吉山の魅力を知ろう! 山旅モニター募集
森吉山の魅力を知ろう! 山旅モニター募集 秋田県の森吉山は花の名山。マタギ文化発祥の地で、様々な滝も見られる。森吉山の取材に同行の山旅モニターも募集!
NEW 「洗えるビデオカメラ」4Kモデルの実力は…?
 「洗えるビデオカメラ」4Kモデルの実力は…? 動画も掲載! JVC「エブリオR」に、4K対応モデルの「GZ-RY980」が登場。モニターの反応は…?
NEW モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介!
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介! 山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さんが、登山におすすめの女性向け春物コーディネートをご紹介!
早春の南伊豆でロングトレイルを体験!
早春の南伊豆でロングトレイルを体験! 海と山の魅力が満載の南伊豆のトレイルをつなぎ、2泊3日で歩いた。伊豆半島に整備されつつあるロングトレイルをご紹介!
レインとしての機能も。極薄軽量ジャケット
レインとしての機能も。極薄軽量ジャケット マーモットから登場の「ゼロフロージャケット」は、最小限の縫製と極薄軽量生地でレインウェアの機能も。詳しくはこちら
新発想のデイパックを南国の山でテスト
新発想のデイパックを南国の山でテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、パーゴワークスの新しいデイパックをテスト。コラムコーナーに移転・リ...
好評だったモンチュラ登山靴モニター企画が再び!
好評だったモンチュラ登山靴モニター企画が再び! 機能性とデザイン性を併せ持ち、登山者から高い評価を受けるモンチュラの登山靴「ヤルテクノGTX」がモニター企画に再び登場!...
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース 春から初夏の時期は、丹沢が最も賑やかになる。木々の緑、ミツバツツジやシロヤシオが稜線を彩る。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報