七ツ石小屋からの現地情報 七ツ石山周辺の情報

久しぶりの晴天です。先日、周辺で体調不良者の救助を行いました。体調を十分に整えて登山を楽しみましょう

七ツ石小屋

▲久しぶりの晴天が広がりました(18.06.19 七ツ石小屋)

天気・気温

06/19(火) 晴れ、07:00現在10℃

周辺状況

今日は久しぶりのいい天気です。布団干し、洗濯で一日終わってしまいそうです。

先日、七ツ石小屋のすぐ下で、急病で倒れた方がいました。病院に運ばれましたが、懸命の救助にもかかわらず残念ながら死亡が確認されました。
救助の様子の詳細はブログに掲載しましたが(http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/post-1005/)山はやっぱり山なんだなぁ……と思わされました。
私たち小屋番も、そういう場所に身を置く者としていっそうの用意をして、訓練を受け、今後も気を引き締めていきたいと思います。


現在、七ツ石小屋は電波が悪い状態が続いています(レピーターの故障のようです)。小屋の電話にかけていただけたら、一日二回ほど電波のある場所まで行き、折り返しいたします。または丹波山村役場観光施設課0428-88-0411までお願いします。
なお、小屋下の分岐あたりでは、携帯三社ともだいたい電波が入ります。この辺に登る方は、覚えておくと緊急時に役立つかもしれません。

【注意】
奥多摩はもともとツキノワグマの生息地です。目にするのは稀で、とりたてて登山中止にするほどではありません。奥多摩のクマは人を襲ってくることはほぼありません。
ただし子熊を連れた母熊は刺激しないように十分に注意してください。クマに会わないための注意点を改めてまとめます。
 ・熊鈴、ラジオ、話し声などで人間の存在を知らせながら歩く(奥多摩では人間の音に寄ってくるクマの報告は今のところ無いです)
 ・早朝と夕方はクマが食餌に夢中になっている時間帯で人間の存在に気付きにくいので、山行しない

登山道

鴨沢からの登山道は、とくに異常はありません。安全に通行できます。

七ツ石山頂の東にある、七ツ石神社の解体・再建工事が行われています。旧社地の周辺は、立ち入り禁止となっていますので、ご協力ください。

唐松谷林道(日原~ブナ坂)は土砂崩壊のため通行止めです。現在、ブナ坂の分岐に立ち入り禁止の表示がしてあります。通行できませんのでご了承ください。

■雲取山登山に行く方へ
5~6月は登山には良い季節ですが、以下の点に注意してください。
・小袖登山口から雲取山の山頂までは、休憩時間を含め、登り6時間・下り4時間、往復10時間かかると考えてください。
・10時間を1日で歩き通す行程は、登山上級者向けです。
・雲取山が初めての方、登山初心者の方は、まずは一泊二日以上の行程で計画してください。
・必ず登山届を提出してください。奥多摩駅、鴨沢バス停、丹波山村営駐車場のトイレに登山届ポストがあります。
※詳しくは以下をご確認ください
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/page-693/?t=0

装備

登山用の下着、ダウンジャケット、登山用のアウターなどを必ずお持ちください。

注意

七ツ石小屋には2014年に新設されたバイオトイレがあります。男性小用、和式、洋式が各1つずつあります。ご利用の際は料金箱に協力金をお願いいたします。

水場は徒歩3分ほど上の沢から小屋に引水しています。ご自由にお使いください。

テント泊は一名につき500円です。予約は必要ありませんが、小さなテント場ですので10名様以上の団体のテント泊は事前にご連絡ください。

その他のお知らせ

小屋への宿泊は、素泊一名4,000円です。自炊小屋ですので、食料や調理に必要な道具はご自身でご用意ください。

小屋泊予定の方は、安全登山のために予約をお願いします。ただし、避難所としての役割上、体調・天候悪化などによる飛び込みのご宿泊も承ります。なお、キャンセルは必ずご連絡ください。

小屋のご利用については、以下をご確認ください。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/howtouse/

小屋周辺は電波状況が良くないため、docomoの電波増幅器を使用しています(電源はソーラーパネル発電です)。
そのため予約受付時間は9:00~15:00までで、現地の状況によっては、かからなかったり通話が途切れたりすることもあります。予約は090-8815-1597(9:00~15:00)をお願いします。

新年度より、小屋での販売品目が増えました。定番のスポーツ飲料や炭酸飲料、ビールなどのほか、緑茶、チャイなどのホットドリンク、ワインや日本酒なども追加となりました。詳しくはブログをご確認ください。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/post-916/

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

七ツ石小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 久しぶりの晴天が広がりました
  • なかかか雲が取れない奥多摩です
  • 分岐のあたりまで降りると携帯の電波が入ります
  • 千本ツツジのヤマツツジが、いよいよ満開
  • 夏のような日差しが照りつけるようになりました
  • 夏っぽい雰囲気の雲が広がっています
  • さわやかな一日です
  • 「千本ツツジ」のツツジの開花状況
  • 千本ツツジでは、2018年は5月いっぱいはツツジの開花を楽しめそうです
  • 昨夜は降雪があり、少しだけ雪が積もりました
  • 晴天の七ツ石小屋周辺
  • カラマツの新芽が出てきました
七ツ石小屋

連絡先:090-8815-1597  現地連絡先:090-8815-1597
営業期間
通年営業【要予約/090-8815-1597(9:00~15:00)】
関連山域

ユーザーからの七ツ石山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

  • 東京都最高峰の山を鴨沢から往復
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間45分 日帰り
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・・雲取奥多摩小屋...
  • 富田新道(野陣尾根)を雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 10時間55分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・小川谷橋・・・八丁橋・・大ダワ林道分岐・・・富田新道入口(野陣尾根取付)・・・...
  • 雲取山(七ツ石山・三条ノ湯) 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間23分 1泊2日
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・...
  • 稲村岩尾根から鷹ノ巣山、雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間40分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・稲村岩のコル・・・鷹ノ巣山・・・巳ノ戸の大クビレ・・・千本ツツジ・・・七ツ石山...
  • 雲取山を目指す最も古くて長い上級コース
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 11時間55分 1泊2日
    三峯神社バス停・・・奥宮入口・・・霧藻ヶ峰・・・白岩小屋(閉鎖)・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲取...
  • 展望広がる東京都の最高峰へ、埼玉から登る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 12時間55分 1泊2日
    三峰神社バス停・・・炭焼平・・・霧藻小屋・・・前白岩山・・・白岩山・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲...

七ツ石小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年6月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開!
「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開! 横尾山荘 山田直さんが語る「GORE-TEX」。モンベルのストームクルーザーを愛用する山田さんに語っていただきました!
NEW 日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん
日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん 山麓のみなかみ町は、ラフティングやキャンプが満喫できるアウトドアの町。夏、開山祭ほかイベントが盛りだくさんの谷川岳へ!
NEW 日帰りの山で重宝するデイパックをテスト
日帰りの山で重宝するデイパックをテスト 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はグレゴリーの「サルボ24」を毛無山の日帰り山行でテスト! 詳しくはこちら
NEW 遊び心あふれる、デニム柄のバックパック
遊び心あふれる、デニム柄のバックパック デニムをまとってハイキングへ! 登山の常識をくつがえすコロンビアのデニムシリーズ。ドクターデニムこと、本澤裕治氏とのコラ...
NEW 「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催
「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催 L.L.Beanで使えるクーポン券がもれなく当たる! 100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドL.L.Bean特集!
NEW 飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト
飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト 笠・双六・槍・西穂・乗鞍ほか北アルプスを登った時の写真を大募集! 奥飛騨温泉郷の宿泊券やロープウェー乗車券が当たる!
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
最新スマートウォッチを筑波山で体験!
最新スマートウォッチを筑波山で体験! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
高山植物の女王に会える山へ
高山植物の女王に会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう