七ツ石小屋からの現地情報 七ツ石山周辺の情報

「千本ツツジ」のツツジは満開となっています。梅雨入りして、雨降りが多くなってきました

七ツ石小屋

▲雨に濡れる奥多摩の森(19.06.12 七ツ石小屋)

天気・気温

06/12(水) 雨、12:00の気温11℃

周辺状況

梅雨入りして雨が続いています。6/7に梅雨入りして、6/9(日)は激しい雨となりました。今日は穏やかに降ったり止んだりで眠くなってしまいます。
今年はホトトギスが遅く、少し心配していたのですが、今日、やっとホトトギスが鳴き出しました。これからしばらく「トッキョキョカキョク」とうるさいのか~、と思っています。

千本ツツジは、ようやくツツジが満開、見頃となっています。なお、千本ツツジとは七ツ石小屋の上、石尾根縦走路を東に15分ほど向かうところにある、「通称なんにもないヶ原」で、ツツジの群生地となっています。
地図はこちら:https://www.yamakei-online.com/yk_map/?latlon=35.8293424,138.9743848

登山道

鴨沢~七ツ石~雲取山頂までの登山道は、とくに問題箇所はありません。

唐松谷林道(日原~ブナ坂)は通行が可能となっています。

装備

登山用の下着、靴、登山用のアウターなどを必ずお持ちください。

注意

七ツ石小屋には2014年に新設されたバイオトイレがあります。男性小用、和式、洋式が各1つずつあります。ご利用の際は料金箱に協力金をお願いいたします。
水場は徒歩3分ほど上の沢から小屋に引水しています。ご自由にお使いください。

テント泊は一名につき500円です。予約は必要ありませんが、小さなテント場ですので10名様以上の団体のテント泊は事前にご連絡ください。

奥多摩小屋は2019/3/31で閉鎖となりました。テント泊およびトイレのご利用もできなくなっています。

その他のお知らせ

小屋への宿泊は、素泊一名4,000円です。自炊小屋ですので、食料や調理に必要な道具はご自身でご用意ください。
小屋泊予定の方は、安全登山のために予約をお願いします。ただし、避難所としての役割上、体調・天候悪化などによる飛び込みのご宿泊も承ります。なお、キャンセルは必ずご連絡ください。
小屋のご利用については、以下をご確認ください。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/howtouse/

【テントの予約について】
土曜日や国民の祝日などの混雑が予想される「指定日」はテント泊も予約制とします。予約は、20張まで受け付けます(ただし10名以上のテント泊パーティは要事前相談)。
6~8月は予約不要、9~11月は「指定日」は予約制、12~3月は予約不要、6名以上の団体は通年で要事前連絡
といたしました。詳細はホームページでご確認ください。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/post-1436/

【七ツ石小屋 電波状況のお知らせ】
降雨中や雨の後に不調になります。ご予約・お問い合わせの電話はお天気のいい時にお願いします。緊急の場合は、丹波山村役場施設観光課0428-88-0411まで。お手数をおかけいたします。
なお、小屋下の分岐あたりでは、携帯三社ともだいたい電波が入ります。この辺に登る方は、覚えておくと緊急時に役立つかもしれません。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

七ツ石小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 雨に濡れる奥多摩の森
  • 千本ツツジ周辺のツツジの開花状況
  • 千本ツツジでは7分咲き程度
  • 小屋下ではツツジが満開となっています
  • 千本ツツジのツツジは、まだほとんどが蕾です
  • 雨の雪の境目がクッキリの富士山
  • 七ツ石小屋周辺で、ようやくカラマツの新芽が出てきたそうです
  • まだ新緑は芽生えたてです
  • ツツジが登ってきています
  • 尾根に風があたり雲が発生しています
  • 小袖集落周辺の様子。桜が咲き、ツツジが咲き始めです
  • 小屋敷地内で貴重なカタクリが咲き始めました
七ツ石小屋

連絡先:090-8815-1597  現地連絡先:090-8815-1597
営業期間
通年営業【要予約/090-8815-1597(9:00~15:00)】
関連山域

ユーザーからの七ツ石山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

  • 東京都最高峰の山を鴨沢から往復
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間45分 日帰り
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・・雲取奥多摩小屋...
  • 富田新道(野陣尾根)を雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 10時間55分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・小川谷橋・・・八丁橋・・大ダワ林道分岐・・・富田新道入口(野陣尾根取付)・・・...
  • 雲取山(七ツ石山・三条ノ湯) 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間23分 1泊2日
    【1日目】鴨沢・・・小袖乗越・・・堂所・・・七ツ石小屋・・・七ツ石小屋・・・七ツ石山・・・ブナ坂・・...
  • 稲村岩尾根から鷹ノ巣山、雲取山へ 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 11時間40分 1泊2日
    【1日目】東日原・・・稲村岩のコル・・・鷹ノ巣山・・・巳ノ戸の大クビレ・・・千本ツツジ・・・七ツ石山...
  • 雲取山を目指す最も古くて長い上級コース
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 11時間55分 1泊2日
    三峯神社バス停・・・奥宮入口・・・霧藻ヶ峰・・・白岩小屋(閉鎖)・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲取...
  • 展望広がる東京都の最高峰へ、埼玉から登る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 12時間55分 1泊2日
    三峰神社バス停・・・炭焼平・・・霧藻小屋・・・前白岩山・・・白岩山・・・大ダワ・・・雲取山荘・・・雲...

七ツ石小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...