登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
西寒峰・安徳帝祖谷入り潜幸コース 西寒峰(三好市東祖谷)(中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2014年10月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:三好市東祖谷小島で小島トンネルを東に抜け、二つの橋を渡った先の変形四差路では北東へ上がる道路を選ぶ。
    最初の目ぼしい三叉路では道路標識を見て、佐野の方へ右折する。
    標高780mほどの三叉路では、左手の標識の文字が消えかかっているが、小島林道へ左折。
    以後、民家のない山中で地図にはない三叉路がある。ここも右手の標識が倒れて分かり難いのだが、左折する。
    第二小島川に接近する尾根を横断する箇所(標高1160m)は峠風の三叉路(右に分かれる林道にはゲート)になっているが、そこの広場に駐車する。

  • 天候

    曇り
    [2014年10月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

駐車広場11:58・・・岩崖マーク西の支尾根取付き部12:43・・・寒峰峠で休止13:25~13:48・・・西寒峰で休止14:31~15:39・・・寒峰峠16:01・・・支尾根取付き部16:33・・・駐車広場17:00

[安徳帝が祖谷入りした寒峰峠小島林道コース]
寒峰の南、標高1495mの寒峰峠は、昨日の犬山の登山記録で触れたように、文治元年(1185)大晦日、安徳帝一行が祖谷入りする際、四方(よつほ)峠を経由して登って越えた峠である。しかし登山や峠のガイドブックでは、峠から北側の峠道について触れているものが殆どないため、道の存続を確認する意味もあり、小島林道側から登った。

寒峰峠を挟んで寒峰(1604.6m)と対峙する独標点1518mの山が通称・西寒峰である。山頂からの展望は寒峰ほどではないにしても、西は阿佐尻山からトギ、三方山、東はミツコバ山、天狗塚、西熊山、三嶺へと有名峰並みのパノラマが広がる。
植生の特徴としては、登山口と山頂周辺にシソ科のテンニンソウの群落があり、途中、何ヶ所かにキンポウゲ科のシコクブシが咲いている。道沿いに植林はない。
登路は支尾根取付き部まで急登が続く。

[コース]
本来の峠道の登山口は駐車広場側の三叉路付近だが、そこから南は鹿除けネットが張り巡らされた植樹帯で中に入ることができない。中を覗いても藪の密林と化している。
どこかに作業歩道でもないかと探していると、三叉路のやや南に踏み跡らしきものがあった。しかしこれもすぐ藪の中に消えていた。辺りはテンニンソウの大群落の藪である。

しばらく歩き易い箇所はないものかと探していたのだが、藪が薄くなっている箇所はなかったため、仕方なくネット沿いを腰までのテンニンソウの藪をかき分けながら登って行った。
ネットの端まで来て、樹林の中に入ると尾根沿いに踏み跡があった。間違いなくこれが寒峰峠の峠道である。右手下には椎等の高木もある。

沢に接近する手前に赤テープがあり、ここから左に急角度に折れる。この赤テープを付けた登山者は、小島林道から沢を遡行して、この樹林帯へと登って来たのだろうか。
以後、ザレた急傾斜の斜面をジグザグを繰り返しながら登って行く。各所に赤テープが付けられているから、前半部については迷うことはないだろう。

谷沿いを上がっていた峠道は、やがて南西へと斜面をトラバースして行く。
ふと上を見上げると、地形図に岩崖マークとして記載されている、東西に長い岩盤が目に入る。この岩崖マークのやや西で峠道は支尾根に取付く。高度計高度は1375mになっている。
ここから少し尾根上を歩くが、樹林帯にも拘わらず、藪化している箇所はない。年にここを歩く者は数えるほどしかいないと思うのだが。

尾根幅が広がってくると、道は尾根を逸れ、南へと向きを変える。尾根を逸れて数分も行けば、道は急に細くなり、所々不明瞭になるが、折れた枯れ木の倒木のトンネルを潜る箇所もある。
峠の北方位の沢だったと思うが、ここは往路・復路共、一瞬、ルートを見失った。沢を横断する箇所は、過去の度重なる出水等で踏み跡が消えかかっていることが多いのである。
それでも殆どロスタイムはなく、正規のルートに戻る。

寒峰峠は開けた明るい広場になっている。峠の手前左手の平地は大師堂跡である。かつて毎月20日と21日の祭日には、麓の住民が列をなして参拝し、峠で踊りも行っていたという。
峠の南には、先週投稿した鬼ケ岩屋の小さい方の割れ目のような岩の裂け目がある。割れ目や裂け目があれば通ってみたい性分である。

この岩の南で道は二手に分かれる。明瞭な道は西寒峰の稜線に並行して下っているが、西寒峰へはここから尾根に乗る。と、言ってもすぐ目の前のピークは東側を巻く。
そのピークを巻き終えると、今度は二重山稜になっている。森林管理署の境界標柱は東側の尾根に打たれているのだが、ルートは二つの尾根の間の平地部分である。

二重山稜の南端まで来て西側の尾根を見ると、岩に張り付いたもの等、複数の大木が立っている。
進路上には岩が立ちはだかっているが、岩の西を巻いて急勾配の尾根を下りる。
下り立った平坦な箇所にもテンニンソウの群落があったのではないかと思うが、シコクブシも咲いている。この花は四国の高山では比較的よく見かける。高知県のマイナー山の最高峰・中東山(1684.6m)のジル沢谷コースにも群落があったように記憶している。

この平坦な尾根は、地形図では真っ直ぐに伸びているが、実際は途中で左に曲がって樹林帯を抜け出し、湿地跡の広場に下りる。ここからは目の前の西寒峰が視界一杯に広がっている。この広場にもシコクブシが咲いている。
この湿地跡に下りる手前には「寒峰へ」、逆の西寒峰への上り口には「下山方面」という大きな看板が設置されているが、これは'93年に開催された第48回国体山岳競技の際、整備されたものだろう。しかし看板から西寒峰山頂への登山道は廃道に近い状態のため、競技時は山頂を通らなかったのだろう。

登山道が消えているとは言え、藪はなく、山頂は指呼の距離であるため、適当に上り易い斜面を選んで登って行く。
高木がなくなった地点で後ろを振り返ると寒峰の雄姿が見える。
最高所は山上の東寄りのこんもりとした土盛りがある所だが、森林管理署に於ける測量上の山頂はその西の215番の境界目出し標が立つ箇所である。この目出し標は天辺に十字の刻印があるから、かつては図根点として使用されていた可能性がある。

展望所は東端にある。そこからは前述のように犬山を始めとした祖谷の山々から三嶺山系を一望できる。こんなに優れた展望を誇る山が、分県登山ガイドの寒峰の項に記載されてないことは、残念な限りである。とは言え、だからこそ山頂を独り占めできるのだが。
帰路は急傾斜の北東側を意識して下れば、迷うことなく湿地跡に戻ることができる。

登山中の画像
登山画像
林道三叉路の駐車広場
登山画像
鹿ネット沿いのテンニンソウの藪
登山画像
地形図の岩崖マークの岩盤
登山画像
支尾根上には大木もある
登山画像
枯れ木倒木のトンネル
登山画像
寒峰峠
登山画像
寒峰峠南の巨岩の裂け目
登山画像
二重山稜の間を進む
登山画像
湿地跡からの西寒峰
登山画像
湿地跡のシコクブシ
登山画像
西寒峰山頂の境界目出し標
登山画像
西寒峰山上からの犬山や三嶺山系
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、虫除け・防虫薬品類
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ