登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
ついでにもう一つ御前山と赤沢富士を周遊 御前山,赤沢富士(関東)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年5月11日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビに「道の駅かつら」をセット。
    登山者などは「道の駅かつら」の奥にある「ふれあい広場駐車場」を利用のこと。「ふれあい広場駐車場」では、河原でのキャンプ等アウトドアの方が多く利用されている。トイレあり。

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月11日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

道の駅かつら(11:00)・・・御前山東登山口(11:06)・・・鐘つき堂跡(11:24)・・・昼食(11:46~12:08)・・・第2あずま屋・・・第1あずま屋・・・展望台・赤沢富士(12:55)・・・御前山青少年旅行村(13:03)・・・道の駅かつら(14:05)


総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約745m
下り:約745m
茨城県に20座もあるという○○富士のうち、午前中にトウゴクサバノオを求めて小瀬富士と小舟富士へ登ってきたが、あまりにも短いコースだったので、追加でもう一つ富士を登ってやろうと御前山・赤沢富士へとやってきた。案内によると御前山は標高156m、「関東の嵐山」(なぜゆえに嵐山?と心の声)とも言われ、地元の方にも大変親しまれている。
今回は、道の駅かつらを起点に東登山口から御前山に入り、赤沢富士から御前山青少年旅行村へ抜けて、車道で戻ってくる周遊コースとする。
駐車場では、那珂川の河川でBBQをする子供連れのキャンパーで賑わっていた。
駐車場脇に御前山の散策マップがあったので、事前に歩くコースを確認する。看板を見上げていると、地元のおじさんだろうか。「御前山に登るのか?」と、ザック姿の自分を見て話しかけてきた。「ハイ」と答えると、いろいろとお城跡の話や歴史などを丁寧に説明してくれた。最後に激励か「でも、急登だぞ!気をつけろ!」と一言。いや、自称急登ハンターとして望むところだが、そもそも標高があまりにも低すぎる。。。
道の駅を右側に出て、御前山東登山口へと回り込む。入り口には大きな看板が設置されていたので一瞬で分かった。よく整備された登山道が延びている。
登山道は直ぐに登りに入る。たぶん、これが例の急登というやつか。斜度がついた道を登っていくが、やはり一瞬で登り切ってしまう。
登りきったところに大きな看板があり御前山の紹介がされていた。ここがひょっとして山頂かと標識を探したが、見当たらなかった。ただ、その後も結局、御前山の山頂らしき標識は見つけることができなかった??。
更に進むと鐘つき堂跡への分岐へ到着。せっかくなので立ち寄ってみる。跡というからにはあって看板程度か?と思っていたが、見晴らしの良いところに休憩所が設けられていて、一服するにはちょうどよい眺めの場所だった。
コースに戻り先を進む。道は整っているため危険な個所はなく、アップダウンも少ない。定期的に「青少年旅行村」の案内板が出ているため迷うこともない。
新緑の中の縦走路は気持ちがよい。秋になれば紅葉もきっと美しいに違いない。ひょっとしたら「関東の嵐山」の名前もそんなところから来ているのかも知れない。初心者の方でも縦走の爽快感を楽しめる実に良いコースだ。
展望台へ到着。看板を見落としたのかも知れないが、ここが赤沢富士だろうか?。
展望台に上ってみると、那珂川の緩やかな流れの向こうに午前中に登ってきた小舟富士などの山々が見えた。
展望台まで来ると縦走路はもう終わり。登山道を降って暫くすると御前山青少年旅行村へ到着。森の中にキャビンが何棟か建ち並んでいて、なかなかよさげな施設だった。
旅行村からは舗装された車道を歩いて出発地点の道の駅へと戻っていく。いつもなら、「ブーブー」言いながら歩くアスファルト道も、今日はぽかぽか陽気で、沿道の花と里山の風景を眺めながらのハイキングで乙な感じだった。

登山中の画像
登山画像
御前山東登山口。さぁ、歩こうか!!
登山画像
鐘つき堂跡からの眺望。
登山画像
鐘つき堂跡。
登山画像
途中、林道と合流したところでお昼ご飯。
登山画像
展望台・赤沢富士。午前中に登って来た小舟富士…
登山画像
御前山青少年旅行村。いい感じの施設でした。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    あっという間に終わったようですね。

  • Yamakaeru さん
    縦走が気持ちいいとぴーっと一気に行っちゃうね。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...